環境デザイン学科

2013年3月

  • LINEで送る

2013年3月29日  イベント

【環境デザイン学科】2012年度同窓会を開催

2月17日(日)ギャルリオーブにて、京都造形芸術大学・京都芸術短期大学合同の環境デザイン学科同窓会を開催しました。卒業生・在校生そして教職員合わせて70名ほどが集まり、近況報告や思い出話に花を咲かせました。

同窓会650

  • LINEで送る

2013年3月29日  イベント

【環境デザイン学科】カフェ・ノアのイチゴ大福が大好評!

2012度の卒業展・修了展が2月23日〜3月3日に開催されました。期間中、環境デザイン学科が中心となって運営した「カフェ・ノア」が会場内人間館4階に開店し、4階まで足を運んでくださった来場者にほっと一息つける場所を提供しました。

数あるメニューの中でも、今年度初登場のイチゴ大福が大好評でした。実はこのイチゴ大福、学科の学生の実家である滋賀県の和菓子屋さんのもの。会期中は毎朝、この学生が大切に大切に届けてくれました。

  • LINEで送る

2013年3月29日  イベント

【環境デザイン学科】卒業制作授賞作品が決定

2月23日(土)、建築家飯田善彦氏を招いて卒業制作展講評会を行い、授賞作品が決定しました。各賞は以下の通りです。

学長賞:

塚田明香:まちに根付く小学校

瓜生山賞:

村上由紗:Gather House

静谷洋紀:踏み分けの岸-街区を越えたコミュニティ河川-

村松佳奈:chim.

学科賞:

海谷香里:Cidre Winery (シードルワイナリー)

鄭熹瑄:駱山演劇公園「FOREST THEATER」

和田真由子:巡り廻る-めぐりめぐる-

島田亮:身体と群れ

李ハイセン:台湾東北地方の村再生計画 -Stone Building×Wedding Village-

佐藤杏里 : Live×Library:Liverary -本と暮らすまち-

雁瀨貴次 : URBAN CAMP ~レジャーから育まれる都市防災~

河野恵佳 : 線路と緑の散歩道

齋藤翔太 : 緑架

田中佐季 : アートコミュニティーセンター~めばえ~

暦星賞 (特に優秀なビジュアル表現に):

塚田明香 : まちに根付く小学校

田中元彦 : 痕跡の風景

島田亮 : 身体と群れ

李ハイセン : 台湾東北地方の村再生計画 -Stone Building×Wedding Village-

雁瀨貴次 : URBAN CAMP ~レジャーから育まれる都市防災~

齋藤翔太 : 緑架

飯田善彦賞:

中村洋隆:美しく儚い孤都市

呂暁晨:山城」(サンチェン)

特別表彰:

神園貴史

  • LINEで送る

2013年3月29日  イベント

【環境デザイン学科】京都・東山花灯路に3作品を出展

京都・東山花灯路2013「大学のまち京都 伝統の灯り展」(3月8日〜17日)に、今年も3作品を出展しました。1回生12名、3チームによるグループ制作です。10日間にわたる屋外の風雨に耐えられるよう、素材や強度を考えてつくりました。作品が120万人とも言われる多くの来場者の目にふれる貴重な機会です。

会場は丸山公園

3作品  会場は丸山公園

作品名:花鳥風月

チームきりん  作品名:花鳥風月

作品名:春夏秋冬

チームこみやまたち  作品名:春夏秋冬

作品名:双月

チーム京ふわり  作品名:双月

チームきりんの作業風景

チームきりんの作業風景

チームこみやまたちの作業風景

チームこみやまたちの作業風景

 

  • LINEで送る

2013年3月29日  イベント

【環境デザイン学科】南三陸町 椿-花咲く町をつくろうワークショップ

3月3日、登米市みなみかた集会所にて、「南三陸町 椿-花咲く町をつくろうワークショップ」の報告会を実施しました。

このワークショップは昨年8月4日に行なわれ、土地に根差す椿などの植物や自然生態を核とした町の長期再生計画づくりに本学科の学生たちも積極的に参加しています。

報告会では、京都法然院の梶田貫主に戴いた有名な「三銘椿」の挿し木を、南三陸町復興みなさん会に贈呈しました。花笠椿、貴椿(あてつばき)、五色椿の三種類、合わせて27本の椿です。

ワークショップ報告会の様子

ワークショップ報告会の様子

 

住民代表工藤真弓さんに椿苗を贈呈

住民代表工藤真弓さんに椿苗を贈呈

 

本学修士2回生石井佑介君のまちなみ再生への提案

本学修士2回生石井佑介君のまちなみ再生への提案

 

本学修士2回生石崎智貴君によるメモリアルの提案

本学修士2回生石崎智貴君によるメモリアルの提案

 

コース・分野を選択してください

LINK

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。