舞台芸術学科

2013年4月

  • LINEで送る

2013年4月29日  イベント

オープンキャンパス!

 

 

 

 

 

オープンキャンパス2日目です。

昨日、今日と気持ちいい快晴に恵まれまして、

瓜生山の新緑も青々していて良い感じです。

 

舞台学科ブースでは、先生と学生スタッフが和気あいあいと

入学希望者を待ちかねています。

今日もこれからどしどし来てくれることを期待してますので、

気軽にお越し下さい!

iso-2022-jp___1B_24B_3CL_3F_3F_1B_28B

  • LINEで送る

2013年4月25日  授業風景

狂言?!

狂言師 茂山良暢先生の授業です。

 

今日は2人で向かい合って、

無言で

無表情で

笑わずに

ただ見詰め合う

ということを演じる

平常心を保つ訓練です。

 

狂言の授業です。

あしからず。

平常心を保つ訓練

平常心を保つ訓練

  • LINEで送る

2013年4月18日  授業風景

デザイン!!!!

写真studio21で舞台デザインの授業を受ける2回生たち。

 

この戯曲にはどんな舞台がマッチするか、この演出にはどんな照明や音響や映像が必要かなどアイデアを出しあいます。現実可能なラインを探って、本番に向けて進んでいきます。

 

まだまだ序章。

  • LINEで送る

2013年4月12日  イベント

パゾリーニ最終章を語る!!

4月27日(土)に行われる、

舞台芸術学科学科長川村毅 構成・演出の『カルデロン』に先駆け、

本日、川村毅先生とNHK連続テレビ小説『あまちゃん』で朝の顔となっている渡辺えりさんの

トークショーが行われました。
川村先生のパゾリーニ作品を全てご覧になっている渡辺えりさんと

パゾリーニの映画やパゾリーニの作品の魅力や

その創造される作品世界が湧き上がる根源がなんなのか等々、

会場の笑いを誘いながら、たっぷりお話いただきました。
また、渡辺えりさんと川村毅先生、お二人の「劇作家」としてのお話など

ここでしか聞けない事も伺うことができた対談となりました!

川村毅×渡辺えりさん

川村毅×渡辺えりさん

そして、明日13日は12時より、

『カルデロン』公演関連企画第二弾として、映像上映を行います。

これまで春秋座で上演してきた『豚小屋』(2011年)、『騙り。』(2012年)と

東京のみの上演だった『オルジァ(リーディング)』(2003年)、『文体の獣』(2012年)

も含めた舞台映像を上映いたします!

とくに東京だけで上演した作品をご覧いただける機会は他にありません。

入場無料となっておりますので、

ぜひ、川村毅が歩んだパゾリーニの旅の軌跡をご覧ください。
詳細⇒http://www.k-pac.org/performance/20130413.html

ぜひ、お気軽にstudio21にお立ち寄りください!!

 

さらに!!

4月27日(土)に春秋座舞台上で開催いたします、

川村毅構成・演出のP.P.Pasolini’s Calderon『カルデロン』も

ぜひ、お越し下さい!!

詳細⇒http://www.k-pac.org/performance/20130427.html

 

 

  • LINEで送る

2013年4月10日  授業風景

バーレッスン

今日から新年度の授業が始まりました!
こちらは寺田みさこ先生のバレエの基礎トレーニングをする授業です。
発表公演が目的ではなく、年間通してずーっと基礎トレです。
演技もダンスもカラダ作りから!
バーレッスン

寺田みさこ先生のバーレッスン

1 2

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。