アートプロデュース学科

2013年5月

  • LINEで送る

2013年5月31日  授業風景

お弁当コンテスト~結果発表~

5/22より始まった「お弁当コンテスト」の結果が発表されました~!

上位3名には、学科長の福先生から賞状が授与されました。

 

ーーーお弁当コンテストとは?ーーー

 

ASP学科の授業「アートプロデュース論4(通称:プロに学ぶ)」で

副学長の大野木先生よりご提案いただいた企画です。

 

受講生が各自で500円のお弁当を買ってきてアレンジを加え、

いかにおいしくいかに高価に見えるかを競います。

 

つまり、みんなのプレゼン能力が試される企画です!

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

~第1位~

 

赤川陽太郎くん(1回生)

1位:赤川

お弁当:赤川

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

~第2位~

 

甲斐聖隆くん(1回生)

2位:甲斐 お弁当:甲斐

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

~第3位~

 

川濱暢也くん(1回生)

3位:川濱 お弁当:川濱

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1位の赤川くんには、副賞として「おいしいお弁当」が授与されました!

 
 

—————————–
◎研究室運営のホームページはこちら
  • LINEで送る

2013年5月30日  イベント

公開勉強会 Lesson2

5月25日、『「私たち」と「震災」と「芸術」―吉川由美の語る「生きてきた幸せ・

生きていく喜び」を共有するために―』トークショーがARTZONEで行われました。

 

1DSC_3528

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第2回目のゲストは、
仙台在住のアートプロデューサー・吉川由美さん。

2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

吉川さんは、非営利で活動するENVISIの代表もされています。
 
 
続きはこちらから(ARTZONEブログ)*2013年5月28日掲載

 

—————————–
◎研究室運営のホームページはこちら
  • LINEで送る

2013年5月27日  ニュース

【卒業生の活動紹介】あいちトリエンナーレに参加します。

卒業生の山城大督さん(05年度卒業)が活動するアーティストユニット
ナデガタ・インスタント・パーティー(中崎透+山城大督+野田智子)」があいちトリエンナーレに参加します!

 

長者町会場を舞台に“手作り”の「特撮スタジオ」を作り上げ、映像作品を制作します。

img-527162942-0001

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スタジオ・クルーを募集しているそうですので、

ご興味がある方は説明会(6/14.16)にご参加ください!

 

―スタジオ・クルーはどんなことをするの?―

舞台セット&大道具&小道具づくり、ジオラマの制作、細かい作業、ドミノ倒しの準備、役者、出演者との交渉、定期的なミーティング、広報、写真や映像記録、炊き出し etc

※基本的に無償での参加となります。交通費についても特にも支給はされません。

 

―活動期間・活動場所―

6月中旬~8月中旬

主に名古屋市長者町近隣

 

―参加条件ー

どなたでも・参加無料

 

ー説明会ー

【第一回】5/18(土)― 終了しました

【第二回】6/14(金)19:00-20:30

【第三回】6/16(日)14:00-15:30

 

◎会場:アートラボあいち

◎申込み方法:件名を「ナデガタ説明会申込み」とし、氏名、年齢、性別、連絡先、参加人数を明記の上、

artistsupport@aichitriennale.jpまでお申込みください。

 

※各日同じ内容です。いずれかにご参加ください。

 

 

——————————

 

◎研究室運営のホームページはこちら

  • LINEで送る

2013年5月25日  ニュース

『タウンマネージャー「まちの経営」を支える人と仕事』が出版されます!

5443

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

芸術論研究3をご担当されている中脇健児先生が『タウンマネージャー「まちの経営」を支える人と仕事』を共著で出版されます。

——————-

タウンマネージャー「まちの経営」を支える人と仕事

 

四六判・236頁・定価2310円(本体2200円)

ISBN978-4-7615-2553-8
2013-06-15

■■内容紹介■■
中心市街地を一つのショッピングセンターのように「経営」するタウンマネージャーが注目を集めている。イベント、開業支援やハード事業など方法は様々だが、共通するのは「補助金とボランティア頼み」から「自立する」まちづくりへの転換だ。仕事の実際からその能力の活かし方まで、各地で活躍する9人の実践から明らかにする。
学芸出版社より)

——————-

 

*芸術論研究3

ジャンルの異なる4名の専門家が、多様なアートと社会の関係性、ものごとの見方、評価の手法などを提示し、学生と討議しながら進めていく授業です。

中脇先生の授業では、プロセスプロデュースにおけるコツを「遊び心」と称した方法論で実践していきます。

  • LINEで送る

2013年5月24日  イベント

【トークセッション】夕闇の中の跳躍 第一夜

130515_yuyami_outline_omote

130515_yuyami_outline_ura

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

身体とセクシュアリティをテーマにした作品で知られるアート界の異端児、

鷹野隆大とブブ・ド・ラ・マドレーヌによる本格対談が初めて実現!

〈欲望〉はどこから生まれ、どこへ向かうのか?

ふたりの作品を紹介しながらこの問いを考え、

性から政治まであらゆるテーマをたっぷり話し合う特別な夜のひととき。

職業・性別・年齢・セクシュアリティ不問。

タブーを恐れず世界とアートを考えたい人、大歓迎。

 

———————————–

日時:2013年6月8(土)20:00~

 

会場:ARTZONE(入場無料)

京都市中京区河原町三条下る一筋目東入る大黒町44 VOXビル1・2階

 

話し手:鷹野隆大(写真家)&ブブ・ド・ラ・マドレーヌ(現代美術作家)

 

ホスト:竹内万里子(京都造形芸術大学 美術工芸学科現代美術・写真コース准教授)

山下里加(同大学芸術表現・アートプロデュース学科 准教授)

 

料金:無料(食べ物、飲み物持ち込み歓迎)

———————————–

 

■鷹野 隆大(タカノ リュウダイ)
1963年福井県生まれ。写真家。1994年の初個展以来、セクシュアリティーをテーマに作品を発表。2006年には写真集『IN MY ROOM』(蒼穹舎)で第31回木村伊兵衛写真賞を受賞。近年は都市空間にも興味を持つようになり、2011年に日本の街並みをテーマにした写真集『カスババ』(発行/大和プレス、発売/アートイット)を刊行。他の写真集に『男の乗り方』(Akio Nagasawa Publishing、2009年)などがある。

■ブブ・ド・ラ・マドレーヌ
1961年大阪市生まれ。アーティスト。ドラァグクイーン(休業中)。「S/N」(dumb type、1994-96、16ヶ国21都市)出演。国内外のアーティストとの共同制作多数。1993年から2006年までセックスワークに従事。同時に、HIV/エイズやセックスワークに関するコミュニティ・ソーシャルワークに携わる。2008年より「私塾」を友人らと共に開催。2010年より「水図プロジェクト」を開始。

 

主催:ARTZONE

共催:京都造形芸術大学 美術工芸学科現代美術・写真コース、芸術表現・アートプロデュース学科

1 2 3 4

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。