こども芸術学科

2013年5月

  • LINEで送る

2013年5月30日  授業風景

こどもの時間×学生の時間。(4)|3・4年次「Czemi」

こども芸術大学の年長さんと年中さんを招いてCゼミ3回生と4回生が

毎週木曜日に楽しい企画を展開しています。最終回です。

学生の言葉も交えて報告します。

 

普段は静かな午後の4階の階段に元気な子どもたちの声が聞えてきました。

今回も楽しみにしてくれているのが声から伝わってきます。

 

そして、こんにちは。

 

DSC00775

 

DSC00769

 

さて、今回のテーマは「空を飛ぶ」です。

いつものように絵本の読み語りです。

今回の絵本は「翼をください」です。

(Heinz Janisch Selda Marlin Soganci Donzelli editore出版)

いろんな翼が次々に出てくる、とてもきれいな絵の絵本です。

子どもたちはもう、絵本の中の世界にいるようです。

 

●子どもの側にいた学生の言葉です。line

絵本の読み語り中に、ぱたぱたと飛び始めたHくんの姿が印象に残ってます。

始めは、読み語り中なので座って聞こうねとHくんをぎゅっと捕まえたのですが、

するっと腕の間から抜け出して飛び始めたHくんの姿が、ちょうちょを

捕まえて逃げられたみたいでなんだか可愛らしかったです(^^)

 読み語りだけで、世界に入っていることがすごいなと思いました。

 

line


DSC00782

読み語りが終わると…。

どこからか翼をつけた学生が現れました。

 

DSC00787

学生たちは前日子どもたちのことを思いながら、

いろんな形の翼や羽根をたくさん作って準備してくれていました。

子どもたちは口々に

「ちょうちょの羽根ちょうだい!」

「私は小鳥の翼の形の!」

「私は天使の翼!」

「ボクはドラゴンにする」

「ボクはドラキュラ!」

と早く作って空を飛びたい気持ちでいっぱいのようすです。

(あれっ、ドラキュラに翼ってあったかしら…?)

 

●学生が印象に残ったこと
line

いつも一緒のIちゃんとKちゃんのやりとりが印象的でした。

この日も「服を交換しよ!」などと仲良しならではの会話が聞こえていました。

しかし、翼選びのとき、ふたりの好みが分かれました。

Iちゃんは「ちょうちょの形の羽」を、Kちゃんは「ドラキュラの翼のかたち」を選びました。

きっと私と同じかわいい「ちょうちょ」の羽をKちゃんも選ぶだろうと思っていたIちゃんは

一瞬、驚いた表情を見せました。

いつも一緒のふたりですが、好みの違いが出てきたのでしょう。

そして、自分の好みもはっきり言えるようになってきたのだと思いました。

けれど、IちゃんはKちゃんに「ちょうちょ」の羽をちらっと見せながら

「ドラキュラがいいの?」と、一緒の羽にしないのという意味もこめて尋ねました。

姉妹のようにいつも一緒のふたりですが、意見や好みの違いも

認め合って仲良しが続いていけばいいなと思いました。

 

line


_DSC0018

さあ!みんなも翼をつくってみましょう。

 

_DSC0027

これは、小鳥さんの翼。

 

_DSC0036

なぜか、ドラキュラの翼。

 

_DSC0035

 

●J君とSちゃんとの会話です。
line

J君の横で蝶の羽を塗っていたときのことです。

J君 「うまいねぇ、それはオオチョウチョだね!」

学生 「オオチョウチョってどんな蝶?」

J君 「王様のチョウ!一番きれいで強いやつで、敵が来たら一番に気づいて逃げられる!」

   「それからきれいな羽で油断させて敵を吹き飛ばせるんだよ」

   「羽でビュオオって!……きれいだねぇ、でも僕が倒す!」

   「僕はドラキュラ」

 

line


DSC00808

丁寧に、丁寧に虹の翼を塗っています。

 

_DSC0039

この羽はお空を飛ぶからお陽様とキラキラとお花のふわふわを描いたそうです。

 

_DSC0043

_DSC0033

素敵な翼の完成です。ほら、かわいいでしょ!

 

_DSC0048

空を思い切り飛んでいます。指先、手首までしなやかに動いています。

 

_DSC0054

_DSC0065

 

子どもたちが空の上を飛んでいるようにと

学生たちがブルーシートの上に空を描いて準備しておきました。

けれど、子どもたちには絵の空は必要なかったかもしれません。

もっと、もっと大きな空を飛んでいるようでした。

 

_DSC0061

 

●学生とKちゃんの会話
line

Kちゃん「魔法の種を集めて!種を蒔いてドラキュラから世界を守るの!」

    「この金色のタネはいいかなー?」

    (ブルーシートから剥がれた絵の具の粉を見立て)

学生  「いいよ。」

Kちゃん「次は太陽の近くで蒔いて虹をつくろう。」

    「自分たちの住んでる世界は自分たちで守るの!」

 

line

写真

 

実はKちゃんは活動が始まった時から、黙々と虹の羽を丁寧に、静かに作っていました。

周りでドラキュラやドラゴンが暴れ回ろうと、

小さなかわいい小鳥が、ちゅん、ちゅん、と啼きながら飛んでいようと

自分の世界の中だけで、楽しんでいるように見えました。

しかし、お友だちの言葉はちゃんと聞いていて、みんなの世界に入っていたのです。

子どもの世界は面白いですね。

翼をモチーフにそれぞれが自由に自分の世界で楽しんでいるように見えながら、

その場にいる子どもそれぞれの物語が暗黙のうちにつながっていくようです。

誰かの号令が無くても、いつの間にかみんなでひとつの世界を築いているように見えました。

お掃除の時間になってもみんな翼を着けたままでした。

手洗い

ドラキュラもお掃除をしてくれました。いい子のドラキュラですね。

 

掃除

お掃除が終わっても子どもたちは翼を外そうとはしませんでした。

まだまだ子どもの中では物語が続いているのでしょう。

 

あいしゃ

計画していた、こども芸術大学の子どもたちとCゼミの学生の4回の活動は

無事に終えることができました。

学生たちはこの活動中にも、たくさんの気づきを子どもたちからいただいたことでしょう。

その気づきをこれから学生たちは絵本という形で表現します。

どんな絵本が出来上がるか、今から楽しみです。

また出来上がりましたらアップします。

 

この授業にご理解とご協力いただきました、こども芸術大学の親子とスタッフの

みなさんに感謝いたします。ありがとうございました。

 

 

(梅田美代子:教員/イラストレーション/グラフィック)

 

 

  • LINEで送る

2013年5月30日  授業風景

学外ワークショップ|3年次「Azemi」

こども芸術学科Aゼミでは、毎月、障がい者施設を訪問し、利用者のみなさんとアートワークショップを行っています。

 

気をつけていることは、単にワークショップを行うだけではなく、利用者のみなさんのおかれた状況、障がい、特性の理解を深めたうえで、ワークショップを行い、ふりかえりも丁寧に行うようにしています。

 

今回は、3年次生がはじめて企画したワークショップ。布を「わたしいろ」に染めていきます。

 

IMG_0026

 

 

IMG_0031

 

IMG_0024

こんなのができました!

 

 

IMG_0053

水野先生です!

 

 

IMG_0072

できた染を施設が運営するカフェ内のギャラリーで展示しました。

 

こども芸術学科では、保育士のほか社会福祉主事資格が取得可能であるため、福祉領域とのコラボも積極的に行っています。芸術と対人援助というあらたな価値の可能性を信じて。

 

(浦田雅夫:教員 / 子ども家庭福祉)

  • LINEで送る

2013年5月27日  ニュース

京大医学部附属病院に作品展示|こども芸術学科ニュース

ニュースというには、少し時間が経ってしまったのですが、先日お知らせした特別講義、医療と芸術の関わりを探り、寄り添うアートを展開するHAPii+プロジェクト

https://www.facebook.com/hapii.kuad?fref=ts

とはまた別のプロジェクトの報告です。

 

この5月から約1年間、京都大学医学部附属病院の病室の壁面に、こども芸術学科を今年の春に卒業した松下愛実さんと、教員の梅田美代子先生の作品が展示されることになりました。

 

これは、京都大学医学部附属病院と京都造形芸術大学ASP学科およびアート・コミュニケーション研究センター(ACC)が共同で進めているプロジェク ト、project niwa (neighborhood improvement by works of art) の取り組みです。詳しくは、

http://www.acop.jp/archives/2013/05/project-niwa-2.html

をご覧下さい。

 

こども芸術学科3期卒業生となる松下愛実さんは、パウル・クレーがよく用いた油彩転写技法を使って、繊細な線を使った動物を描いてきました。今回は、卒業制作展にも出品されたものから1点と、3年次にBゼミ学生で作ったコロジオン版画集の作品から1点の計2点が選ばれました。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

梅田先生は、銅版画で色彩の豊かな表現をされます。因みに、「こども芸術大学」と「こども芸術学科」のロゴマークは梅田先生のデザインしたものです。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

病室なので普段は見ることができない場所です。

ギャラリーや美術館で、絵と出会うのももちろん楽しいですが、病室で患者さんに寄り添う絵画、これもとても大切な存在なのです。

 

(森本玄:教員/絵画)

  • LINEで送る

2013年5月25日  授業風景

フレスコ画で自画像|1年次「絵画基礎(合評)」

地心館への小径を歩くと、新緑も毎日その色が深まってきています。日中は段々と暑くなってきましたね。

さて、1年次生も自画像フレスコ画の制作が一段落し、先日は合評会でした。

 

IMG_5174

 

フレスコ画は油彩画が発明される前から描かれていた、とても古い絵画技法です。
漆喰を練ったりするのに一手間かかりますが、その色彩は鮮やか(フレッシュ(英)=フレスコ(伊))で、素朴なマチエールが温かみを感じます。

左官屋さんのように、漆喰を打った支持体を作り、その漆喰が生乾きで湿っているときに水溶き顔料で描く技法(ブオン・フレスコ技法)。そして、漆喰が乾いてからカゼインのりを顔料とを混ぜてカゼイン絵の具を作り、加筆するフレスコ・セッコ技法があります。

 

1年次生、慣れない技法に試行錯誤しながらも、力作が揃いましたよ。

 

保尾美里さん

保尾美里さん

 

 

鄭未来さん

鄭未来さん

 

古橋寛子さん

古橋寛子さん

 

横山瑞華さん

横山瑞華さん

 

横江風香さん

横江風香さん

 

河野瞭香さん

河野瞭香さん

 

阿部彩花さん

阿部彩花さん

 

三島百合江さん

三島百合江さん

 

日浅美久さん

日浅美久さん

 

山田優美さん

山田優美さん

 

奥田萌子さん

奥田萌子さん

西山佳菜さん

西山佳菜さん

 

原涼子さん

原涼子さん

 

石井隆平くん

石井隆平くん

 

西脇未友さん

西脇未友さん

 

鄭修妤さん

鄭修妤さん

 

竹中葵さん

竹中葵さん

 

清水葉音さん

清水葉音さん

名畑陸君

名畑陸君

 

葉山梨花さん

葉山梨花さん

 

高校の時に美術科だった学生さんもいれば、普通科で、デッサンは苦手、という学生さんもいます。

でも皆、絵は好きなのです。

 

絵が好き、ということはとても大切です。

そして、授業の時に言うのは、絵は技術の上手下手ではないということです。

もし絵が好きなら、たくさん描けばいいのです。そうすれば、自分に必要な技術も見えてくるし、そこで勉強すればいい。

 

本来、絵を描くことは遊びにも似ていて、楽しいものです。

子どもの頃、紙の上で自分でひいた鉛筆の線が現れてくるとき、ドキドキしませんでしたか?

僕は、鉛筆の黒鉛の匂いや、かりかりという音、そのような出会いを覚えているので、そう思うのです。

 

将来、保育士や、お絵かき教室の先生になる学生さんもいるかも知れませんから、子ども達に絵を好きになってもらうためにも、苦手意識や苦労を含めた今の経験が大切なのです。

 

(森本玄:教員/絵画)

 

  • LINEで送る

2013年5月22日  ニュース

HAPii+2013 特別講義5/24金|こども芸術学科ニュース

こども芸術学科は「子ども」と「芸術」のあいだを巡って、様々な可能性を開こうとしている学科です。

例えば、医療現場にいる子どもに「芸術」で何が出来るのか。

 

HAP2010kgr - 10

 

小児医療の現場で医療環境を考え、寄り添うアートを展開するHAPii+プロジェクトは京都造形芸術大学の13学科のほとんど全ての学生が参加していますが、特にこども芸術学科の学生達は、コアスタッフとして中心的な役割を果たしてきました。そして僕も、指導教員として関わってきました。

 

100912HAP - 094

 

HAPii+(はぴい)とはHospital Art Projectの頭文字に、私をあらわすiが一人ではなく、二人以上集まっている様子をくっつけて作った造語です。2009年度にスタートしてから昨年度まで、着実に4年の活動を積み重ねてきました。その軌跡の詳しくは、

 

https://www.facebook.com/hapii.kuad?fref=ts

 

を見て下さいネ。

 

100914HAP-14

 

さて、そんなはぴいですが、勿論、今年も始まりましたHAPii+2013。

新しいメンバー23名のうち、7名がこども芸術学科の学生さんだそうです。頼もしいです。

 

そして、早速、HAPii+13特別講義のお知らせです。

NPO法人アーツプロジェクト代表で作家、こども芸術学科の造形表現IVをご担当いただいている森口ゆたか先生がモデレーターとなり、京都府立医科大学付属病院で活動するきっかけを与えて下さった医師、糸井利幸先生と大阪市立大学医学部、山口悦子先生の講義、アーティストと医師2名による鼎談という豪華内容です。

 

100912HAP - 120

 

対象は、京都造形芸術大学学生、京都府立医科大学学生に限定です。

(一般の方や他大学の方は今回はごめんなさい。)

 

特別講義:「医療、ホスピタル・アート、HAPii+について」

講師:

山口悦子先生(大阪市立大学医学部)

糸井利幸先生(京都府立医科大学)

森口ゆたか先生(NPO法人アーツプロジェクト)

1.日時:2013年5月24日(金) 18:30~21:00

2.場所:京都府立医科大学 基礎医学学舎1F 第1講義室

3.講演内容:医療、ホスピタル・アート、HAPii+について

4.対象:京都造形芸術大学学生・京都府立医科大学学生

 

芸大生と医大生の交流が生まれることを期待して!

 

(森本玄:教員/絵画)

1 2 3

コース・分野を選択してください

LINK


トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。