舞台芸術学科

2013年6月

  • LINEで送る

2013年6月28日  授業風景

平井クラス「わが町」

平井クラス4

平井愛子先生の演技のクラスです。

今回は「わが町」というテキストを使用して、

7月末に発表公演を行います。

まだまだ台本が離れないでいるようですが、

あと一か月でどんな具合になるか楽しみですね。

あと一か月と言うと、ぼちぼち焦りも出てくると思いますが、

精一杯を見せてほしいものです。

平井クラス1

  • LINEで送る

2013年6月25日  ニュース

《ぶげまる》第2弾公開!!!

みなさま 元気ですね!

 

「第1弾が予想以上のアクセス数で、驚きとともにみなさまに感謝している、

舞台芸術学科の授業発表公演を1ヶ月限定でまるまる見せちゃおう企画」

略して

 

《ぶげまる》

 

第2弾公開です。

 

今回は2012年度卒業制作公演の中で、学長賞を受賞した

福井俊哉 作/演出の

『蟲を解放つ。』(2012年1月18〜20日@studio21)

です。

(公開期間は7月26日まで)

 ―――――――――――――――――――――――――

この作品は一人の女が恋をして、

人生をドロップアウトしてしまうまでの顛末を物語にしたものです。

映画やテレビで描かれているような、

己を見失ってしまうほどの愛に生きてしまうのは、

本当は怖いことなんじゃないかという単純な疑問から、

この作品が生まれました。

(卒業展舞台芸術学科パンフレットより)

―――――――――――――――――――――――――

 

ぜひ、ご覧になってください。

 

また、第1弾の『大市民』『トリプルビル』も

7月3日まで公開していますので、

お見逃しのないように!!

 

[GALLERY]はこちら

  • LINEで送る

2013年6月23日  イベント

「ピュラデス」リーディング公演 無事終了!

「ピュラデス」リーディング公演が無事に終了しました!

ほぼ満員のお客さまを迎えられ、とても良かったです。

物販もいっぱいしてました。

物販もいっぱいしてました。
ネコエコバッグの収益は全額、福島の動物援護に寄付するそうです。

楽屋で打ち上げ。 乾杯っ!!

楽屋で打ち上げ。
乾杯っ!!

 

 

  • LINEで送る

2013年6月22日  イベント

「ピュラデス」リーディング公演 本日開催!!

「ピュラデス」リーディング公演 本日より開催です!

 

現在、劇場studio21の中はリハーサル中。

中に入れないので、楽屋から2枚↓

楽屋の入り口。 役者さんたちの名前が書いてありますね。

楽屋の入り口。
役者さんたちの名前が書いてありますね。

本日の脚本です。 なにやらメモが書いてあります。

本日の脚本です。
なにやらメモが書いてあります。

 

本日、6/22(土)19時の回は予約がいっぱいで、キャンセル待ち状態だそうですが、

明日、6/23(日)15時の回は本日17時まで予約を受け付けているそうです。

明日は終演後にトークも行いますので、ぜひぜひご来場ください!

 

詳細はこちら

 

 

  • LINEで送る

2013年6月21日  イベント

「ピュラデス」リーディング公演 仕込み中!

やっと梅雨らしくなってきた今日このごろ。

 

studio21では、いよいよ本番を明日に控えた、

「ピュラデス」リーディング公演の仕込みをしています。

 

照明のフォーカス(明かりの当て方を決める作業)をしています。

劇場内 照明のフォーカス(明かりの当て方を決める作業)をしています。

照明卓に貼ってありました。 フェーダーごとにわかりやすく名前をふってます。

照明卓に貼ってありました。
フェーダーごとにわかりやすく名前をふってます。

 

この公演は、舞台芸術学科長 川村毅演出で、

東西のプロの役者+オーディションで選ばれた学生の役者+学生スタッフ

で進められています。

 

4月に東京でプロの手によって公開されたものの京都verとなっています。

 

入場無料ですので、是非お越し下さい。

 

 

詳細はこちら

 

1 2

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。