情報デザイン学科

2013年6月

  • LINEで送る

2013年6月28日  イベント

伏見稲荷エリアまちあるきツアー参加者募集!


ab4cf048eaa03edeab2c008673dc02e57a7f7b9daf7f5d9943625ee5d68f8786

 

inaridenight_flyer_re-1inaridenight_flyer_re-2

おいなりギュンギュンツアー

伏見稲荷エリアまちあるきツアー参加者募集!
情報デザイン学科 2・3年生の
「マチ×デザイン(泉英和先生・森山秀二先生)」の授業では現在、
「伏見稲荷エリアまちあるきツアー」という
ツアー企画のため賑やかに準備が行われています!
この授業では実際に町に出て散策し
新たな町の問題や魅力を発見し
それらをデザインの力で解決!魅力を伝える!
ということを授業で取り組んでおり
その集大成として今回のツアーがおこなわれます。
ツアー内容は
学生が伏見稲荷の地域を散策し、地元の方々に出会い
学生たちがそれぞれに感じた街の魅力をお伝えする
というツアーを4コースにわかれておこなうというもので
現在、一般の方から参加者を募集中しています!

 

まちあるきツアーコース内容

 

募集要項

 

1日限定のツアーになりますが、
4つのテーマ(伏見稲荷での海外旅行者・夜・食・技)に応じて案内する
それぞれまったく違ったツアー内容になっています!
京都造形大に興味を持ち、このブログをいつも見ていただいている方や
そうではなく、京都に少し興味を持っておられる方にも
ぴったりなツアー内容にもなっていますので、ぜひぜひご参加ください!

 

スタッフ:端地

 

  • LINEで送る

2013年6月28日  授業風景

【イラスト三年生】トリビュート作品

先日、イラスト三年生の授業で講評がありました。

今回の課題は「好きなクリエーターのトリビュート制作」でした。

よく”トリビュート盤”なんて名前のついたCDがありますよね。

トリビュート作品とは、自分自身に大きく影響を与えたり、尊敬していたり、

あこがれの存在であったりするアーティストに対しての敬意を表す作品のことです。

二次創作にも通じる物があるかもしれません。

この課題では、イラストレーターといったビジュアル分野のクリエーターだけでなく、

小説家や作曲家など、幅広い作り手から一人選んで、取材、制作、プレゼンテーションを

行いました。

イラストレーションコースではあるものの、いわゆる”イラスト”の枠にとらわれずに

制作している様子がうかがえます。

_MG_53941

_MG_54131
_MG_54051
_MG_54221

 

 

スタッフ:ナラダテ

  • LINEで送る

2013年6月27日  ニュース

【トークイベント】 TYMOTE代表 井口皓太 × PARTY代表 伊藤直樹

 

TYMOTE

 

 

情報デザイン学科よりトークイベントのお知らせです!

 

【映像のデザイン】

TYMOTE代表 井口皓太 × PARTY代表 伊藤直樹(本学情報デザイン学科教授)

 

日時: 2013年7月5日(金)18:00 – 20:00

教室: 京都造形芸術大学 望天館 B11

  • ※申込不要、入場無料です
  • ※本学の学生以外の方もご入場いただけます

 

PARTY WEBサイト: http://prty.jp/

TYMOTE WEBサイト: http://tymote.jp/

「漢字 City」: http://tymote.jp/works/graphic/cog_kyoto/

※伊藤直樹先生がクリエイティブディレクター、井口皓太様がディレクターを務めた作品です。

  • LINEで送る

2013年6月25日  授業風景

書物実験の合評が行われました

L1010656

この授業の目的は、書物についてあらゆる実験をし、

新しい書物を作り出すことです。

「僕が皆を止めるのは、既に存在してるような本を作った時だけだから」

と見増先生の言葉を受けて、とにかく自由に発想する私達。

 

合評では、約25個の違った形の「書物」が並びました。

食べられる書物、身に纏う書物、水に浮かぶ書物、

書物の枕、くしゃくしゃにされた本の山…

歓声が起きたり意見の交換で盛り上がる合評でした!!

 

全員がアイデア出しから全力で挑んでいたので、ハードな5週間だったと思います。

その中で生まれた新しい書物は実験性に溢れていて、それぞれが得意な、

独自な角度から書物に対してアプローチしているものでした。

制作や合評を通して、答えのないことを考える練習になったと思います。

 

それぞれの作品はまだひとつの実験を終えた段階でまだまだリテイクが必要ですが、

ここからさらに進化する夏の学生作品展が楽しみです!!

L1010647

L1010622

L1010615

 

コミュニケーションデザインコース

3回 西野春香

  • LINEで送る

2013年6月21日  ニュース

【受賞】T・ジョイ京都プロジェクト

3月の記事でお知らせしました、
「T・ジョイ京都」プロジェクトの受賞式が行われました!

 

このプロジェクトでは、
「T・ジョイ京都」という実際の企業(映画館)とコラボレーションをして、
「学生向けのサービス<シネマ学割定期>の特典の魅力をアピールする」
スポットムービー(1分間のCM映像)制作を昨年度の2年生が行いました。

 

T・ジョイ京都の方々と本学教員で審査を行い、
ジダーノワ・アリーナさんによる人形のコマ取りアニメーション作品が見事グランプリを受賞!

ポップな色使いと女の子のかわいい動作が和ましてくれるアニメーションは、
制作に六ヶ月を費やしたというだけあって、細部まできめ細やかに作られており、

誰もが納得の受賞となりました。

 

映画館での上映は夏頃からの開始を予定していますので、
T・ジョイ京都で映画を見られる際は是非ご注目ください!

 
IMG_3917

tjoy
スタッフ: イワサキ

1 2 3

コース・分野を選択してください

LINK


トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。