プロダクトデザイン学科

2013年6月

  • LINEで送る

2013年6月25日  イベント

大阪府デザイン・オープン・カレッジ

プロダクトデザイン学科の植松教授(学科長)が大阪府デザイン・オープン・カレッジ 「<フォーラム> 次代を切り拓くデザイン戦略」に登壇します。

 

———–

 

大阪府デザイン・オープン・カレッジ 「<フォーラム> 次代を切り拓くデザイン戦略」

昨今の激変する世界市場では、中小企業においても自らの立ち位置を見失うことなく、素早く的確な状況判断力を持ってビジネスを推し進めていく必要があります。そのためには、商品開発におけるマーケティング、知財、デザイン、プロモーションの効果的な活用が欠かせません。
本フォーラムでは、パナソニックデザイン社初代社長として、パナソニックブランドのグローバル戦略を展開された植松氏のデザインプロデュースの手腕と、頭が潰れたネジを外す特殊工具「ネジザウルス」を累計150 万本ヒットさせた株式会社エンジニア高崎氏の経営哲学に学び、「高度な技術」「高品質」「低コスト」「短納期」を誇る府内ものづくり中小企業の戦略的経営力を高め、関西のモノづくりの活性化につなげます。

 

詳細
【日時】   平成25年7月4日(木曜日) 午後2時から午後4時
【会場】   マイドームおおさか 8階 第1・第2会議室
大阪市中央区本町橋2-5
【受講料】 3,000 円
【定員】   100名

お申込み方法
次のいずれかの方法でお申し込みください。なお、お申し込み後、メール、ファックス等で受講票を送付しますので受講当日にお持ちください。(定員に達し次第締め切りますが、その際は電話等で連絡します。)

・電子申請によるお申込みはこちら>>

・電子申請からお申込みできない場合は、Eメールかファックスでお申込みください。
E-メール: info@oidc.jp
ファックス:(06)6210-9505
受講されたいコース名、氏名、会社名、所属部署名、連絡先住所、電話番号、ファックス番号、メールアドレスをご記入のうえ、「オープン・カレッジ係」あて発信してください。

 

詳細はこちら→大阪府産業デザインセンター オープン・カレッジ

 

京都造形芸術大学 プロダクトデザイン学科運営HPはこちら

 

  • LINEで送る

2013年6月21日  イベント

KOKUYO×KUAD PROJECT

プロダクトデザイン学科の教員、学生が取り組んだプロジェクトのご紹介です!

 

KOKUYO×KUAD ~PLAY まなびのためのあそびプロジェクト~
コクヨ様と産学共同活動(プロジェクト)です。

 

現在、成果展を開催していますので、是非ご覧下さい。
開催中~6/27(木) 10:00~18:00  ギャルリ・オーブ吹き抜け

 

プロダクトデザイン学科からは植松先生と上林先生が指導を行いました。

 

本学科以外にもこども芸術学科をはじめ、空間演出デザイン学科、情報デザイン学科、キャラクターデザイン学科の学生も一緒に取り組みました。

 

こどもは「あそび」の中からたくさんのことを「まなび」ます。
このプロジェクトではコクヨ様の指導の下、それが適うデザイン開発に取り組みました。

 

このプロジェクトが開始されたのは、2012年10月です。
リサーチ、実証にあたってはこども芸術大学のこどもたちや親御様のご協力を得ながら進めました。

 pd_130621h

実証モデルの制作には、プロダクトデザイン学科の工房である「Product Fab」も活用!

 pd_130621f

こどもたちは想定外の使い方、あそび方をして、なかなか自分の考えるものにならず苦労しました。
こどもの動きは計算通りにはいきませんが、こどもたちの姿からまなぶものはたくさんあったことでしょう。

 

そして、幾度の困難を乗り越えながら、2013年3月にコクヨ本社にてプレゼンテーション

pd_130621g
企業でのプレゼンテーションの場をいただけることは、とても貴重なことです。
みんなガチガチに緊張しましたが、とてもよい経験となりました。

 

そして、6月19日(水)には、プロジェクト報告会を実施。
ご指導いただいた皆様をはじめ、たくさんの方にお越しいただきました。

もちろん、プロダクトデザイン学科の学生もプレゼンテーションです!

pd_130621c

報告会終了後の懇親会の一コマ・・・

pd_130621d

このプロジェクトの内容をまとめたブックをプロダクトデザイン学科の学生が主となり制作しました。
夜遅くまで残って制作していた姿、何度も見かけました。

 pd_130621e

実際に現場で企画、デザインをされているプロの方々から直接指導をいただき、授業だけでは得られない貴重な経験をすることができました。

これから、学生みんなの活躍が期待されます。

 

報告会の様子は「こども芸術学科」でも紹介されていますので、是非ご覧下さい♪

京都造形芸術大学 プロダクトデザイン学科運営HPはこちら
(学科事務 田所)

 

  • LINEで送る

2013年6月18日  イベント

【体験授業】紙の造形によるランプシェード制作

学科事務の田所です。暑い日が続いていますね!

 

先日6/16(日)に体験授業オープンキャンパスが開催されました。
多くの方にご参加いただき、ありがとうございました!

 

プロダクトデザイン学科の授業では、一枚の紙からランプシェードを作る技法を使い、プロダクトデザインの造形プロセスを学んでいただきました。

 pd_130618b

出来上がった立体に光をあてるだけできれいなランプシェードの完成です♪

pd_130618cpd_130618d

 制作開始前にはグループに分かれてコミュニケーションも図れ、また、実際に学科の授業で使用している教室だったので、普段の学科授業と変わらない光景でした。

 

7/7(日)には授業公開オープンキャンパスがあります。
実際の授業を自由にご覧いただけますので、是非参加してみて下さい!

 

京都造形芸術大学 プロダクトデザイン学科運営HPはこちら

  • LINEで送る

2013年6月5日  授業風景

PRODUCT FABでの活動

学科事務の田所です。
梅雨の中休みが続いていますね。

 

さて、今回は学科専用工房である「PRODUCT FAB(プロダクトファブ)」での活動をご紹介します。

学科では、学生も教職員も「FAB(ファブ)」と呼んでいます。

 

ここには、技官が常駐していて制作指導やサポートを行っています。
授業課題だけでなく、もちろん個人制作も可能です。

 

スピーカー制作や・・・
pd_130605b
FRPを学ぶ為のスツール制作・・・
pd_130605c
ワゴンを制作・・・木工技術を学びます!
pd_130605d
その他にも塗装ブースやMDX、3Dプリンター、レーザー加工機など様々な機器が並んでいます。
一度にはご紹介が難しいので、また後日ご紹介します。

 

学科ホームページでもファシリティやスタッフを紹介していますので、是非こちらも覗いてみてください。
京都造形芸術大学 プロダクトデザイン学科運営HPはこちら

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。