マンガ学科

2013年7月

  • LINEで送る

2013年7月26日  ニュース

7/27-28はオープンキャンパスです!

事務担当の岩田です。

 

マンガ学科では前期授業が先週終わり、学生達は合評やレポートに取り組んでいます。

それが終わればいよいよ夏休みですね!

 

そして、明日からはオープンキャンパスが行われます!

今年度のオープンキャンパスは残すところあと2回です。

展示・ワークショップ・個別相談の3つが揃った形は今回が最後となります。

夏期コミュニケーション入学(AO入試)直前なので、

入試について聞きたいことがある方はどんどん質問してくださいね!

 

沢山の方の来場をお待ちしています!

  • LINEで送る

2013年7月5日  ニュース

今週の日曜日は公開授業!

 

 

今週の日曜日はついに公開授業です!

みなさん、どの授業を見学するか悩んでいる頃でしょうか?

 

公開授業の内容については、前のブログに詳しくかいてあるので

こちらをぜひ読んでくださいね。

 

http://www.kyoto-art.ac.jp/production/?p=9308

 

 

 

今回は授業が行われる教室のお話です。

 

マンガ学科の授業は、人間館と天心館アネックスという二つの建物の教室で行われ

場所も離れているし、ただでさえこの大学、いろんな建物があってわかりにくいのです。。

 

なので、みなさんが「迷って授業に間に合わなかった!」ということにならないように

マンガ学科専用公開授業MAPをつくりました!

 

 

 

公開授業マップ

 

各授業、どこで行われるか一目でわかると思います。

 

当日いらっしゃる方は、この地図をスマホでみながら授業に行くと

迷わず移動時間も短縮できるのではないかなと思います。

 

各授業が行われる教室前にも、この地図や次の授業の詳細地図なども設置しておきますので

そちらの大きい地図を見て確認していただくこともできます。

 

 

 

それから前回のブログでも書きましたが、

マンガ学科のTwiterで、公開授業の実況ツイートをします。

 

 

 

公開授業twitter

 

 

これなら見たい授業を全部まわれなくても、

また今回は都合が合わず授業公開に行けない。。!という方でも授業の様子を見ることができます!

 

そしてtwitterでは、このマンガ学科の日常を紹介しているブログの更新のお知らせや、

学生の作品の展示のお知らせ、マンガ学科の先生の活躍のお知らせ、学生の受賞速報などなど

京造マンガ学科の情報をたくさんツイートしています。

 

マンガ学科に興味のある方、受験を考えているみなさん是非フォローしてくださいね★

 

 

 

※授業中の携帯・スマホ利用はマナー違反!教室を出てチェックしてくださいね◎

 

 

 

日曜日、みなさんにお会いできるのをたのしみにしています!

  • LINEで送る

2013年7月3日  授業風景

栗原隆浩氏特別講義~見世物小屋の世界~

京都造形芸術大学マンガ学科の2年次生には必修科目として

「表現技法Ⅰ」という科目が設定されています。

これは物語や印象的なテーマをことばと絵で表現するための授業です。

 

今回はマンガ研究・批評をされている栗原隆浩氏をお招きし、

「見世物小屋」をテーマにお話いただきました。

 

 

P1060281

 

学生達の感想です。

 

最初は「見世物」とは何だろう、とよく分からなかったけれど、

見世物は人そのものを示しているのではないかな、と思いました。

人間には表裏が必ずあって、だからこそ見世物というモノも生まれたわけで、

見世物=人だと感じました。

 

サーカスと見世物との関係や、お祭りの空気感で見る見世物小屋、

フリークと呼ばれる人達等、濃い内容でした。

まとめるのは大変そうですが、一枚の絵に出来るように頑張ります。

 

これから学生達はまずことばと絵でこのテーマを表現していきます。

完成が楽しみです。

コース・分野を選択してください

LINK


トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。