大学院

2013年8月

  • LINEで送る

2013年8月20日  イベント

SPURT展講評会・レセプション

7月8・9日の二日間、SPURT展の講評会を行いました。

 

総勢61名の展覧会、

専門領域はもちろん、普段指導されていない他領域の院生へも

先生方は領域横断的に講評して回られます。

 

中村勇大先生(芸術表現専攻長)からの開会の挨拶で始まりました。

DSC05683

佐藤博一先生(芸術研究科長)。

お隣には副学長の宮島達男先生、大野木啓人先生。

DSC05688

DSC05694 DSC05699 DSC05700 DSC05706 DSC05710

 

DSC05715

DSC05730

DSC05716

できる限り可動壁を少なく設定していたので、従来のオーブの展覧会より

広く開けた印象で解放的に感じました。

領域代表たちが一番苦労していたのもこのゾーニングだったと思います。

 

DSC05720 DSC05748 DSC05752 DSC05756 DSC05759 DSC05760 DSC05762 DSC05763 DSC05773 DSC05786 DSC05797 DSC05845

 

日は変わって、レセプション・授賞式の様子です。

 

講評会時に先生方が投票をされていたので、この場で投票結果SPURT展優秀作品を発表します。

と、その前に乾杯の挨拶を…

DSC06480

DSC06518

 

輝かしい第一位は…

 

DSC06527

オリジナルのボードゲームを制作している

答島くん(ビジュアルクリエーション領域)でした。

 

彼のつくるゲームはとてもクオリティが高く、プロ顔負けの作品です。

答島くんは、今回のSPURT展のDMもつくってくれました。

おめでとうございます!

DSC06530

 

 

なにやら仲先生がモニターに映ったものに反応されています…。

ここは大階段?だれか歌ってる?

DSC06536

場所は移って、…紙管スタジオ?

DSC06540

 

犯人がオーブ吹き抜け階段上から演歌歌手のように現れました。

ギターを抱えた北山ゲンゴロウくんでした。

DSC06542

DSC06554

校内を練り歩きながら演奏している様子をUstreamで生放送していたのでした。

歓声とともに下に降りてきて、ひとりオンステージです。

 

彼の専門領域はランドスケープデザインで、パブリックスペースにおける劇場性を

パフォーマンスなどによって導き出すことを研究テーマにしているので、

このライブパフォーマンスもその一環のようです。

決してふざけているわけではありません。

 

 

まぶしい汗を飛ばしながら「発汗量」という自作曲を透き通るような歌声で披露してくれました。

DSC06564

暑い夏の展覧会、修了までラストスパートをかけたちょうど7合目あたり。

とりあえず皆さん、お疲れ様でした。

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。