美術工芸学科

2013年8月

  • LINEで送る

2013年8月30日  イベント

【立体造形】展覧会情報

立体造形コース4年生の中島 千華さんが、

ギャラリーマロニエにて個展を開催します。

 

中島さんは3年生の後期に行われた進級展の中から選ばれ、

今回個展を開くチャンスを獲得しました!

 

皆さまどうぞお立ち寄りください。

 

9_3-4F-450x303

 

中島 千華展

2013年9月3日(火)〜9月8日(日)

12:00PM~7:00PM(最終日6:00PMまで)

ギャラリーマロニエ・スペース4(4階)

〒604-8027
京都市中京区河原町通四条上る塩屋町332
TEL:075-221-0117 FAX:075-221-5926

http://www.gallery-maronie.com/next-gallery4/1795/

 

 

 

あなたにとってのimagination(想像)とは何ですか?

私は、今回の展示であなたの中にある様々なimaginationを喚起させる事が出来ればうれしく思います。

 

京都造形芸術大学

美術工芸科 立体造形コース

中島千華

 

  • LINEで送る

2013年8月28日  イベント

【立体造形】展覧会情報

立体造形コース4年生の村松 英俊くんが

金沢彫刻祭2013 SCULPTURE FESTIVAL IN KANAZAWA 2013に出品します。

 

全国の美術大学から彫刻を志す学生が参加する展覧会。

村松くんは石彫作品を出品します。

どんな出会いがあるのか、今から楽しみですね。

 

近くへお越しの際はぜひお立ち寄りください!

 

 

img_00397_a

 

 

金沢彫刻祭2013 SCULPTURE FESTIVAL IN KANAZAWA 2013

 

開催日:2013/08/31~2013/09/11

 

<テーマ>
共に楽しむ 金沢現代彫刻展として長い歴史を持っている本展覧会は、この度「金沢彫刻祭」と名称を改めることにしました。
これはただ作品を鑑賞するだけに留まらず、鑑賞者参加型作品やワークショップを開催し、祭りの神輿や阿波踊りのように来場者と共に楽しみを共有するということから決定しました。 金沢美大彫刻専攻の学生が主体となって、金沢の街を舞台に彫刻の祭りをしようという賑やかなイメージです。
私たちは普段、大学で「彫刻」を学んでいます。 彫刻という言葉は拡張され「環境彫刻」や「社会彫刻」といった言葉もあり、彫刻は社会に対して開いていく傾向にあります。
彫刻を専攻する学生は現在どのように社会と意思を共有し、社会と共に成長することができるのか?
本展はその模索でもあります。
市から開かれたさまざまな展示スペースに対して各学生が考え新たな提案として作品をつくり、展示します。
開催期間:平成25年8月31日(土)~9月11日(水)
開催場所:金沢市庁舎(金沢市広坂1丁目1‐1)、アートベース石引(金沢市石引2丁目9-2)、石川四高記念文化交流館(金沢市広坂2丁目2-5)、金沢市民芸術村(金沢市大和町1丁目1)、金沢学生のまち市民交流館(金沢市片町2丁目5-17)、金沢美術工芸大学アートギャラリー(金沢市片町2丁目2-5ラブロ片町3F)
開館時間:10:00~17:00
※石川四高記念文化交流館は~16:30
※金沢市民芸術村は最終日のみ~16:00
※学生交流館は月曜休館
※金沢美術工芸大学アートギャラリーはラブロ片町の営業日に準ずる
入場料:無料
主催:金沢美術工芸大学彫刻専攻
企画運営;金沢彫刻祭実行委員会
後援:石川県、石川県教育委員会、金沢市、金沢市教育委員会
【関連リンク】
金沢彫刻祭2013 Facebook  https://www.facebook.com/tyoukokusai2013
  • LINEで送る

2013年8月28日  イベント

【染織テキスタイル】夏の思い出②梶原編 手染メ屋さん

 

まだまだ、夏休みは続きますが、

なんとなく、朝夕過ごしやすくなって来ました。

秋が近づいて来ています。

 

 

今日、お昼過ぎ。ひょっこり来てくれたのは、3回生の梶原絵美さん。

ドアの隙間から顔を覗かせて。

「これ、どう思いますか?」と 新作をドキドキしながら見せてくれました。

 

 

▼草木染めで染めた布を裂いて、再び布にする裂き織りに挑戦中。

いらなくなった布を使って、新しい布を作る。

そこがポイントです。

 

 

 

▼中平さんがお試しでかけてみました。

どうですか?

 

 

▼後ろに斜めがけすると、こんな感じ。

 

 

「フタのところがかわいい♡」

「持ち手をもっと、こんな風にしたら?」などなど、

いろいろな意見がでました。

合評の時よりもクオリティーがぐーーーーん!と上がって

とても良かったです。

 

これらの商品は、学生作品展発表後、9月26日〜10月5日まで手染メ屋さんで展示販売会を致します。

http://www.tezomeya.com/

 

楽しみです☆

 

副手ホンダ

  • LINEで送る

2013年8月26日  イベント

【日本画】Gen 2013のご案内

こんにちは。日本画コースです。

日本画コースの卒業生や在学生、教授で結成されるグループ「Gen」、
その毎年開催されているグループ展「Gen展」の2013年第4回が開かれます。

 

tabi

 

『 Gen 2013 – タビ スル カイガ - 』

愛知・京都を、絵を展示して巡る旅。

 

【名古屋展】
2013.8/29(木)-9/1(日) ※会期中無休
9:00-17:00
(初日8/29のみ13:00から、最終日9/1のみ15:00まで)

◆会場:名古屋市市政資料館3F 第2~5一般展示室
〒461-0011愛知県名古屋市東区白壁1-3
tel. 052-953-0051
◆アーティスト・トーク:9/1(日)13:00~

 

【京都展】
2013.9/24(火)-9/29(日) ※会期中無休
11:00-19:00 ※入館は18:45まで
(最終日9/29のみ17:00まで ※入館は16:45まで)
◆会場:京都市立京都堀川高校 堀川御池ギャラリー2F
〒604-0052京都市中京区油小路通御池押油小路町238-1

◆アーティスト・トーク:9/29(日)13:00~

 

→詳しくはこちら!「Gen2013公式ブログ」

 

c0304160_17465214
また、こちらのグループ展は「あいちトリエンナーレ2013」パートナーシップ事業でもあります。
aichi
関連特別企画として【5/R Hall&Gallery】において
小作品を中心とした展示を行います。

gen2
※ 『Gen 2013 -タビスルカイガ- 』とは作品、及び出品作家が一部異なります。)
こちらも詳しくは公式ページをご覧ください!

 

c0304160_235183

「はじまり」を意味する言葉、元・源・原…に共通する音、
「ゲン」が由来となっているグループ・Gen。
描くはじまりとなった「心の震え」を感じ取れる作品を試行しつづける展示会です。
どうぞご高覧下さい。

 

◆Gen2013お問い合わせ係:050-5856-8792

 

  • LINEで送る

2013年8月23日  イベント

【油画】展覧会情報★ 脈 vol.3|ととと / 深沢軍治展 / 清水博文版画展

こんにちは。油画コースです。

残暑厳しすぎる毎日、みなさんいかがお過ごしでしょう?

少しずつ秋の気配も感じられるとは言うものの、まだまだ暑い。。

外に出ると「もわっ」とか「むわっ」とかします。。

 

でも、それ以上にアツい?!のが油画コース…かもしれません。

蒸し暑いのではないですよ?

制作への情熱があつあつなんです。

学生、院生、卒業生、そして先生方の展覧会がこれからどんどん開催されていきます。

同時期に開催されるものもありますよ♪

 

ぜひご覧くださいませ!!!

 

脈 vol.3 | ととと

本学の卒業生たちによるグループ展です。

油画コースからは大学院博士課程2年生の江畑芳さんが出品しています。

 

Gallery PARC にて

http://www.galleryparc.com/

 

8/20(火)~9/1(日) 11:00-19:00

※月曜休廊、最終日は18:00まで

 

深沢軍治展 -地上の事Ⅱ-

油画コース非常勤講師の深沢軍治先生の個展です。

みゆき画廊にて http://miyuki-gallery.com/f.html

8/26(月)~9/7(土) 11:00-19:00

※日曜休廊、最終日17:30まで

 

清水博文版画展

 

 

油画コース准教授、清水博文先生の個展です。

8/27(火)~9/8(日) 12:00-19:00

※9/2(月)休廊、最終日18:00まで

**** オープニングパーティー 8/27(火) 17:30~ ****

1 2 3 4

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。