マンガ学科

2013年8月

  • LINEで送る

2013年8月28日  授業風景

授業の様子~企画演習Ⅲ~

事務担当の岩田です。

 

京都造形芸術大学マンガ学科では

エッセイマンガの描き方をテーマにした「企画演習Ⅲ」という授業が今年度から始まりました。

3年生以上を対象として毎週色んなテーマでエッセイ漫画を描く授業です。

 

エッセイって何?という方のために説明しておくと、エッセイとは

思索や意見、感想などを形式にとらわれず、簡潔に述べた文学の一ジャンル。

日本語では一般に「随筆」の意味で用いられ、文学の一ジャンルとして確立している。

というものです。これを文章だけでなくマンガで表現したものがエッセイマンガとなります。

 

普段ストーリーマンガを描いているマンガ家さんがたまにエッセイマンガを描いたりすると

「この人って、こんな生活をしてたんだ!」など、裏側を知ることができて、

エッセイマンガは個人的に好きなジャンルです◎

 

表紙改 

 

さて、授業に話を戻して・・・このたび、その作品集が完成しました!

内容は「他学科の授業を取材したエッセイマンガ」です。

本学の舞台芸術学科・美術工芸学科・映画学科の授業を取材し、学生がそれぞれの視点で描き上げました。

 

  3 q4

 

手前味噌ですが、「頑張っている学生が沢山いる大学だな」

「もっと他の授業のエッセイマンガも読みたいな」という仕上がりになっています!

9月の「学園祭・京造ねぶた・学生作品展オープンキャンパス」でお見せできれば良いなと思っています。

  • LINEで送る

2013年8月20日  ニュース

第一回妖怪造形大賞!

こんにちは。

マンガ学科副手の齋藤です。

 

3回生の橋本真希さんが大きな立体作品を制作し

第一回妖怪造形大賞に応募しました!

http://meiro-youkai.com/

 

作品は、小豆島での展示のほか

先日行われたワンダーフェスティバルでも展示されました。

 

image (7) image (5)

 

『怪奇!毛ェボーボー女』

インパクト大です。。!

 

そのワンダーフェスティバルの様子がスッキリ!番組内で放送され

橋本さんの作品も紹介されました!!

 

1170787_499320883493396_1347379950_n

 

 

 

マンガ学科の学生は、マンガ以外でも活躍をしています~!

うれしいですね!

 

  • LINEで送る

2013年8月20日  授業風景

山本剛史先生 特別講義

こんにちは。副手の齋藤です。

 

ブログを書くのが遅くなってしまいましたが

7月2日のアートビジネス・マネジメント理論Iから全3回、

山本剛史先生が特別講義をしてくださいました。

 

山本先生は、京都でデザイン会社をされています。

 

第一回目は、山本先生がどのように社会と繋がっていったかという

お話をしてくださいました。

 

 

好きな分野で仕事がしたい!ということで

独立するときは今までのしがらみを捨てたそうです。

 

 

山本先生が独立をされたときは、PCがまだ普及いないときでした。

 

先生はインテリアがすき、ということで

町屋に飛び込み、たくさんの人と出会ってネットワークを広げたそうです。

 

 

古民家でワークショップや家具の展示会をしたりなど、

人とのつながりから仕事が生まれていきました。

 

 

P1060286

 

 

そこで見えてきたことは、デザインは紙の上だけでなく、街の中で求められているということ。

デザインという意味の言葉が先生の中で変わってきたそうです。

 

 

また、マンガという世界だけにいるのではなく、違う世界に行って

「今の時代、何が求められているのか」を学び、時代の流れをつかむのも大切だとおっしゃっていました。

 

マンガではなく別の分野のお話が聞けたので

学生たちも刺激になったのではないでしょうか。

 

  • LINEで送る

2013年8月5日  ニュース

受賞者速報!

こんにちは。

副手の齋藤です。

 

またまた、うれしいお知らせ

受賞者速報です!!!

img02914-1

3回生の若松有貴さんが

週刊少年マガジン5月期MGPグランプリ奨励賞を受賞しました!!!

 

 

img02914-2

 

6人目の受賞者になります!!

学生たちの頑張りがこうやって結果につながるとゆうのはとてもうれしいです。

 

大学は夏休みに入りました。

持ち込みにいく、という学生も多くいますし

10月に行われる集英社さんの出張編集部に向けて

原稿を進めている学生や

もう投稿して結果を待っている学生もいます。

 

また、うれしい報告が聞けるのが楽しみです!

 

 

 

  • LINEで送る

2013年8月2日  ニュース

夏期コミュニケーション入試エントリーは本日まで!

こんにちは。副手の齋藤です。

 

システムトラブルでブログを更新できませんでした。。

 

遅くなってしまいましたが、8月28日29日オープンキャンパス、無事終了しました!

 

マンガ学科のブースは今回こんな感じでした。

P1060464

 

今回マンガ学科で学べることを説明したパネルや

マンガ学科に入学して、成長が著しい学生の成長過程を紹介したパネルもありました。

 

 

人気だったのが、在学生の漫画が読めるこのコーナーです!

P1060465

 

学科の機関誌や、編集デザイン基礎で制作した同人誌がおいてありました。

 

 

賞を受賞した、学生の実演もありました。

1日目は週刊少年ジャンプ第66回トレジャー新人漫画賞 古味直志先生特別賞を受賞した

工藤篤大くんが実演してくれていました。

 

P1060446

 

賞を受賞した学生はどういうふうに原稿をかいているのか。。

気になる方は多いのではないでしょうか。

 

2日目はヤングガンガン第1回YGマンガ賞ミライキタイ賞銀の奨学金を受賞した桐生彰大くんの実演でした。

 

P1060484

 

 

たくさんの高校生や、オープンキャンパススタッフをしていた在学生にも笑

実演コーナーは大人気でした!

 

 

 

さて、来週の8月6日からついに

夏期コミュニケーション入試がはじまります。

 

体験授業型入試なので、まんが学科ってどういう授業をするんだろう。。?

と気になっている方も、ぜひ気軽にエントリーしてくださいね。

 

エントリー期間は今日までです!

webからでもできますので、まだ間に合いますよー!

↓詳細はこちら

http://www.kyoto-art.ac.jp/admission/exam/communication_s/lp/

 

 

入試でお会いできるのをたのしみにしています◎

 

 

コース・分野を選択してください

LINK


トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。