プロダクトデザイン学科

2013年8月

  • LINEで送る

2013年8月28日  ニュース

AXIS 金の卵展

AXIS GALLERYで8/29(木)~9/8(日)に開催される金の卵展に出品します。

デザインの未来を担う「金の卵」を紹介して学生と社会を結びつける展示会で、各大学のデザイン系学部3年生(一部大学院生)が出品します。

今回のテーマは「産学協同/地域連携」です。

出品学生によるプレゼンテーションやポートフォリオ展示、トークイベントも行われます。
京都造形芸術大学プロダクトデザイン学科のプレゼンテーションは8/31(土)です。

詳しくはAXISのHPをご確認下さい→ http://www.axisinc.co.jp/

お近くにお立ち寄りの際は是非ご覧下さい。
————————————————
【会期】
8/29(木)~9/8(日)
11:00~20:00
※最終日は17:00まで
※入場無料
【出品学生によるプレゼンテーション】
8/31(土)14:00~
⇒プロダクトデザイン学科のプレゼンテーションは8/31に実施
9/3(火)18:30~
9/5(木)18:30~
【場所】
AXIS GALLERY
東京都港区六本木5-17-1 アクシスビル4階

 

京都造形芸術大学 プロダクトデザイン学科運営HPはこちら

  • LINEで送る

2013年8月26日  授業風景

【夏期集中授業】PD演習Ⅲ_写真撮影

学科事務の田所です。

 

プロダクトデザイン学科では夏休みを利用していくつかの集中授業を開講します。
今回はそのうちの一つ、写真撮影の授業(2年生)をご紹介します。

 

授業は6日間行い、その中でデジタルカメラの機能や操作について学び、写真撮影を行います。

 

「しつこい」「やわらかい」等々、各自が思い描くモノを撮影。

発表する写真を選定・・・

pd_130824b
各自が好きなモチーフを準備し、撮影。
(↓投げたティッシュケースを撮影しようとしているところ)

 pd_130824a

教室に撮影機材を組み立てて、撮影。

pd_130824cpd_130824d

また、スタジオ(高原キャンパス)での体験実習も行いました。

 

日々の活動の中で写真を撮ることは非常に多いです。
今回の授業を受講してこれからのポートフォリオ制作など役立つこと間違いないですね!

 

京都造形芸術大学 プロダクトデザイン学科運営HPはこちら

 

  • LINEで送る

2013年8月13日  イベント

【特別講義】自動車のデザイン・開発

学科事務の田所です。
連日猛暑が続いていますが、皆さん体調はいかがでしょうか?

 

さて、今回はダイハツ工業株式会社よりデザイン担当理事の石崎先生をお迎えした特別講義をご紹介します。

 

自動車が完成するまでの開発ストーリーを分かりやすく解説いただき、さらに国内だけでなく、インドネシアでの自動車開発についてもお話いただきました。
pd_130813c
社内の方で手がけた自動車のPRビデオはテレビCMとはちがった面白さと分かりやすさがありました。

プロの方々の「スケッチ」を生で見ることもでき、さらに貴重な経験となりました。
pd_130813b
ダイハツのとある自動車はある部分が線ではなく面で作られているとのお話をスケッチを使って説明いただき、興味津々でした!
本来、他の自動車ではパーツを組み合わせて作り上げられている部分が、その自動車では一枚で作られているのです。
その為、その自動車のスケッチを見ても線がありません!

これはデザイナーだけでなく、その自動車に関わる全ての人たちの思いと技術が結集してできた結果です。
pd_130813a
(画像を一部加工しております)

 

実際にスケッチを通し、説明いただくとこれから見る視点も変わってきますね!
自動車のデザイン、開発を学べた貴重な一日となりました。

 

京都造形芸術大学 プロダクトデザイン学科運営HPはこちら

 

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。