舞台芸術学科

2013年9月

  • LINEで送る

2013年9月25日  ニュース

受賞情報!

2013年9月15〜16日、

富山県高岡市福岡町大滝の市 ふくおか総合文化センターで行われた、

「Artistic Movement in Toyama 2013」  にて

舞台芸術学科 ダンスコース 3回生
田村 興一郎と
舞台芸術学科 演技・演出コース 2回生
近藤 千紘の

デュオチーム“一乗寺ヴィトン”が

作品「ハゲワシと少女」にて
審査員賞受賞しました。

 

おめでとう!!!!

 

一乗寺ヴィトン

一乗寺ヴィトン

駆けつけた仲間とともに。

駆けつけた仲間とともに。

———————————————————————————————

全国の大学生らが少人数編制で創作ダンスを披露する

「アーティスティック・ムーブメント・イン・トヤマ」(ART・M)が15日、

高岡市福岡町大滝の市ふくおか総合文化センターで開幕した。

16日まで。同実行委員会(石澤宣子会長)主催、北日本新聞社共催。

全国の大学や短大など37校から62チームが、躍動感あるダンスを披露。

石澤会長、映画監督の滝田洋二郎さん(同市福岡町出身)ら7人が審査員を務めた。

▷審査員賞=一乗寺ヴィトン(京都造形芸術大)

 

北日本新聞 2013年9月16日版より一部抜粋

新聞記事

新聞記事

 

  • LINEで送る

2013年9月21日  イベント

大瓜生山祭で舞台芸術学科の学生はこんなこともしています!

本日9/21と明日9/22は大瓜生山祭です!

 

大学内をぐるりと散策してきましたが、なかなかの盛り上がり具合です!

 

そんな中、舞台芸術学科の学生もいろいろと楽しそうなことをしているので、

もりもり紹介しちゃいます。

————————————————————————————

1つ目は4回生の宮本美咲が中心に企画された、

『ARIORI』です。

 

1時間に一回、音と映像を絡めた5分〜15分のイベントをやっています!

イベントの合間には、アルコールやソフトドリンクの販売もしており、

カフェ&バーのような素敵空間になっています!

 

NA202にて、open12:45〜20:00です。

ぜひお越し下さい!!

花柄パンツによるダンスパフォーマンス

花柄パンツによるダンスパフォーマンス

情報デザイン学科の学生によるインスタレーション作品

情報デザイン学科の学生によるインスタレーション作品

 

お飲物もたくさんありますよ!

お飲物もたくさんありますよ!

————————————————————————————

2つ目は3回生の西村咲郁、福田沙季、情デの森本もな実によるフリーマーケット

「H.A.T」です。

 

ハッとするようなものがたくさん!

服や手作りアクセサリー、本など色んなものを売ってます!

 

未来館前にて、open10:30〜19:00です。

これが目印です。

これが目印です。

おしゃれなものがいっぱいありますよ!

おしゃれなものがいっぱいありますよ!

 

————————————————————————————

3つ目は3回生のスーパーコントユニット”マサチューセッツ”の企画。

『マサチューテンポ』です。

 

4月に行われた Live:1「Nippon no hito」の映像上映のほか、

オリジナルグッズの販売、

ここでしか観れないコント披露など!

Live:1を観た人も観れなかった人も、その魅力を存分に堪能してください!

映像上映しています。

映像上映しています。

みなさん来てくださいね!

みなさん来てくださいね!

————————————————————————————

4つ目はフードコロシアムに出店している4回生チームの

{KAMELEON}きっちん トマトスープカレーです。

 

{KAMELEON}は4回生の演劇チームです。

卒業制作の予算の足しにと始めたカレー屋さん。

こだわっておいしくなっちゃいました!

 

人間館1Fの外回廊にて、1皿250円です。

呼び込みしてます。

呼び込みしてます。

とまとスープカレーおいしいですよ!

とまとスープカレーおいしいですよ!

————————————————————————————

5つ目は3回生デザインコース中心で結成された、

HAPPY5のお好み焼きやさんです。

 

ふわふわに焼き上がった本格お好み焼きです!

お昼にも、おやつにも、大満足のいっぴんです!

 

NC棟前にて、1枚250円、1/2枚150円です。

ちゃんと鉄板で焼いてます。

ちゃんと鉄板で焼いてます。

————————————————————————————

最後に学生作品展の受付をご覧下さい。

舞台芸術学科へおこしやす。

舞台芸術学科へおこしやす。

 

 

  • LINEで送る

2013年9月20日  イベント

大瓜生山祭の舞台芸術学科は3回生が演劇をやってます。

こんにちは!
明日9/21(土)に、本学京都造形芸術大学にて大瓜生山祭(学祭)が開催されます!

それに伴い学生作品展も同時に開催され、

我々5期生(3回生)が今までの授業発表公演の写真・映像の展示、

及び「新宿八犬伝 第三巻 洪水の前」のプロローグ公演を企画しております!!

 

舞台の仕込み中。

舞台の仕込み中。

リハーサル中の写真を一枚。

リハーサル中の写真を一枚。

 


大瓜生山祭サイトURL=http://www.kyoto-art.ac.jp/events/197

舞台芸術学科展示時間 10:00-18:00

場所         京都芸術劇場studio21

 

公演スケジュール   9月21日(土)11:00 Aキャスト / 16:00 Bキャスト
9月22日(日)11:00 Bキャスト / 14:00 Aキャスト

 

*11:00/14:00/16:00は開演時間となっております。
*公演時間は60分を予定しております。

Aキャスト      田中祐気 / 田中沙依 / 村上広輔 / 福久聡吾 / 田中佑香
村薪実沙 / 嶋本禎子/ 綿地奏見 / 石井歩/ 室田敬介/ 岡本依子
榊原菜帆 / 西侑梨 / 大井麻友美
Bキャスト      田中祐気 / 細見祥子 / 村上広輔 / 福久聡吾 / 田中佑香
村薪実沙 / 嶋本禎子/ 綿地奏見 / 石井歩/ 室田敬介/ 岡本依子
榊原菜帆 / 駒川達郎 / 樋渡あかね

*一部ダブルキャストあり。

 

11月に春秋座にて行われる授業発表公演「新宿八犬伝」の予告公演になっております!

これを観ておけば章の本公演ももっと楽しめること間違いなし!

  • LINEで送る

2013年9月19日  授業風景

【夏期】集中授業第9弾

夏期集中授業の最後となる第9弾は

8/26~28、9/17〜19にありました。

衣裳家である、堂本教子先生による舞台衣裳の集中授業でした。

 

舞台衣裳は、舞台芸術の作品の中でなくてはならない要素として存在します。

しかも通常の衣装とは異なり戯曲や演出、俳優、照明などとの共同作業の中で

はじめて意味を持ってくるものです。
この授業では、一つの戯曲をモチーフに舞台衣裳のデザインの可能性と技法を実践的に学んでいきます。

 

今回はシェイクスピアの「夏の夜の夢」を題材に、

舞台衣裳をデザインするために戯曲の解釈をし、

イメージの広げ方とその具現化をする方法を学んで行き、

最終的には立体で作品製作をして、

プレゼン発表をすることを目標として進んで行きました。

 

黙々と製作しています

黙々と製作しています

黙々と製作しています。

黙々と製作しています。

プレゼンとディスカッションをしています。 作り、話すことで、理解を深めて行きます。

プレゼンとディスカッションをしています。
イメージを立体化し、話すことで、理解を深めて行きます。
右端にいるのが堂本先生。

みんなの作品です。 色鮮やかですね。
みんなの作品です。
色鮮やかですね。

2つの期間をまたいでいたので、学生の集中力が切れているかと思いきや、

みんな最後までがんばれていて、よかったです。

立体化し、それを自分で説明する。という課程を通して、

より作品への理解を深めることができていました。

 

さあ、明後日からの学園祭を楽しんだら、

間もなく後期の授業が始まります!

 

後期の発表公演ラッシュをお楽しみに!!

  • LINEで送る

2013年9月18日  授業風景

【夏期】集中授業第8弾

夏期 集中授業第8弾は

9/9~9/14にありました。

舞台照明家である、北寄崎嵩先生による舞台照明の集中授業でした。

 

演劇や舞踊は、戯曲、演出、演技者、振り付け、ダンサーなどの主導的な要素と

装置、照明、音響、衣装、小道具などの副次的な要素とが密接に関連して構成されていますが、

上演する作品の、舞台照明仕込み図の作成、仕込み作業、照明合わせ、舞台稽古

そして上演に至るまでの照明のデザインと操作を学びます。

 

舞台照明デザインが出来上がるまでのプロセスを講義と実演を交えて、

進められていきました。

今年は履修人数がとても少なく、超濃厚な授業になりました。

 

3人で悩みながら、明かりを決めています。

3人で悩みながら、明かりを考えています。

最終課題はチェーホフの「ワーニャ伯父さん」にあるひと幕を役者に演じてもらい、

それに照明をつけて行きます。

 

図面ときっかけ表です。 細かく書き込まれています。

図面ときっかけ表です。
細かく書き込まれています。

北寄崎先生自ら、明かりにあたりながら、 光の当て方や効果を指導しています。

北寄崎先生自ら、明かりにあたりながら、
光の当て方や効果を指導しています。

役者が入っての上演。 1週間がんばった成果がでていますね。

役者が入っての上演。
1週間がんばった成果がでていますね。

1週間おつかれさまでした。

1週間おつかれさまでした。

 

1 2 3

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。