キャラクターデザイン学科

2013年10月

  • LINEで送る

2013年10月30日  授業風景

学生ブログより:「情熱大学~三木先生ゼミ~」

最近窓のそばでゴロゴロする猫、「ねこまど」の写真に癒されています。

 

こんにちは!副手の齊藤です。
今回も学科公式サイトから、学生ブログでのゼミ紹介シリーズをお送りします。
URL: http://cdkouhou.blog.fc2.com/

 

——————————————————–——————————————————–

 

こんにちは!京都は寒いです。ゆきりんです。

秋なんかなかった。

 

早いもので後期の授業が始まってからもう一ヶ月が経とうとしています。
そんなこんなで後期の作品作りについて書こうと思います!

何をしようかウ~ンウ~ンと頭を抱えていたのですが、考えた中で自分が一番ワクワクするのが『実写の映像を作ること』でした。
というわけで後期は実写の映像作りをやります。

 

 

まずは企画書を書きました。
\ドドーン!/
01_20131021154318ae0.jpg
こういうものをパクr、リスペクトと言います。

 

企画書を見ていただいたら分かる通り、大学の講師である池田先生のドキュメンタリーを撮ることにしました。

 

池田先生本人から承諾も得ました!
02_201310211545413c2.jpg

 

 

とりあえず企画は通ったので、今はどのような構成、演出にするかを考え中です。
池田先生が、「自分を中心に撮られるなら面白くないと嫌だな~(笑顔)」と仰っていたのでプレッシャーに打ち負けそうですがなんとか面白いものを作りたいと思います!

 

 

私の後期の制作に関しては以上です。

 

 

 

続きまして、三木ゼミの他の学生にインタビューさせてもらったのでその内容を書いていきます。

今回インタビューさせてもらったのは中優海さん!
03_20131021154444ec2.jpg

 

一回生のときから積極的に作品作りを行っている活発な学生です。
いい笑顔。

 

 

Q.後期は何を作っているんですか?
中ちゃん(以下、中):オリジナルの雑貨とか作って、雑誌を作ろうとしてます。
ゆきりん(以下、ゆ):雑誌?
中:Tシャツとかピアスとか全部作って、実際に友達に付けてもらって、ミニ雑誌みたいなのを作ろうとしてます。
ゆ:あの服屋さんとかでもらえるやつ!(カタログ的なパンフレット的なあれ)
中:そうそうそうそう!

 

04_20131021154446049.jpg

 

Q.何で三木先生のゼミを選んだんですか?
中:自由に色んなものを作りたかったから。別にアニメーションをやりたいとか・・・決まってなくて、
色んなことに挑戦出来そうだなと思って三木先生のゼミにしました。
ゆ:なるほど~今までの三木ゼミでの制作で気付いたこととかあった?
中:絵を描くだけじゃなくてそれを物に起こして、物になったものを人に見てもらったり、プレゼントして喜んでもらったりして、実際にちゃんと商品にしたいなって。
ゆ:人に喜んでもらえる、喜び!
中:喜びを・・・学んだ・・・!みたいな。(笑)

 

05_20131021154447bf4.jpg

 

Q.将来的にはどうなりたい?
中:最終的には、ブランドを作りたい。
ゆ:お~!中ちゃんの?中ブランド?
中:中ブランド作りたい。
ゆ:おーすごい!そこでは何を作るの?
中:Tシャツとか、洋服系・・・ファッションのほうに行きたいな~とか、最近ちょっと思う。
ゆ:なるほど!ありがとうございました!

 

07_20131021154449ba5.jpg

 

目標に向かって着実に歩みを進めている素敵な中ちゃん。ありがとうございました!

 

インタビュー楽しかったのでまたやります。お楽しみに!

 

 

それでは今回はこのへんで~
ゆきりんでした!

 

 

  • LINEで送る

2013年10月17日  授業風景

学生ブログより:「イゲンさんのすゝめ~栗田先生ゼミ~」

いきなり寒くなりましたね。

昨日はうっかり薄着で出かけてしまって、信号待ちの間(車が走り去っていくときの風のすごさ…)

ひたすら寒さに耐えていました。

 

こんにちは!副手の齊藤です。
今回も学科公式サイトから、学生ブログでのゼミ紹介シリーズをお送りします。
URL: http://cdkouhou.blog.fc2.com/

 

——————————————————–——————————————————–

 

 

みなさんいかがお過ごしでしょうか?
キャラクターデザインコース3回生の山下です。

 
夏休みが終わり、大学も後期へと突入しました。

今は夏休み中に崩した生活リズムを整えることにちょっと苦戦しています(笑)

 

 

いつもは栗田ゼミのことについて書いていますが、
今回は授業のことからちょっと外れて、夏休みに行った学科展の事を書かせていただきますね。
京都造形大の学生は3回になると学科展に自分の作品を出展することになっています。
その学科展を行うのはキャラクターデザイン学科だけではありません。
情報デザイン学科も
美術工芸学科も
歴史遺産学科も文化祭で学科展を行うんですよ!

 
私は友人と共同制作を行いました。
作ったのはもちろん「仕掛け絵本」です!
友人には「イゲンさん」という持ちキャラクターがいます。

そのキャラクターを題材にした仕掛け絵本を作りました。
これがウワサのイゲンさん↓
00.jpg

お話と絵を友人が、仕掛けと製本を山下が担当しました。
今回は1か月というスケジュールで仕掛け絵本を作ることになったため、
ポップアップメインの仕掛け絵本ではなく、穴を使った仕掛けがメインの仕掛け絵本を作りました。
穴を効果的に使った仕掛け絵本といえば、五味太郎さんの「まどからのおくりもの」が有名でしょうか?

 

 

では早速中身を見せてしまいましょう!

 

04_201310122234207b7.jpg

02_20131012223417602.jpg

 

これが「穴の仕掛け」ですね。
穴があって、イゲンさんが見えるようになっています。

 

例えばキャラクターと風景のページがあったとします。
その前のページにキャラクターだけが見えるような仕掛けがあったらどうなるでしょうか?
「このキャラクターはどこにいるんだろう?」というように見ている人に予想させることができますね。
その予想が当たるか当たらないかに関わらず、見ている人はページを早くめくりたくなりますよね。
これが「穴の仕掛け」の特徴なんです!

 

 

もちろん穴の仕掛けじゃ物足りないと思い、少しポップアップも作っています。
03_20131012223418f84.jpg
お寿司が好きだという設定のイゲンさん。
そのイゲンさんがお寿司になってしまうポップアップです。

他にもこんな仕掛けが。
01_20131012223424e5c.jpg

 

 

これはイゲンさんが大好きなお寿司を想像しているのですが、
実は想像しているお寿司がタブを回せばくるくる回って変わるようになっています。
全部で4パターン。
05_201310122239498a8.jpg

 

 

他にもいろいろな仕掛けが詰まったこの「イゲンさんのすゝめ」
先生にも高い評価を頂きました。

先生に「面白くて、思わず全部読んでしまった」と言われた時はとてもうれしかったです。
先生だけではなくもちろん友人にも「イゲンさんよかったよ!」と色々な人から言われ、
何度も共同制作した友人と喜びを分かち合いました。

 

私自身この作品でどうしたら仕掛け絵本をスムーズに作ることができるか
ということに答えを見出せた手ごたえがあります。
まだゼミのほうの仕掛け絵本の制作は続いているので、そちらも妥協しないよう、頑張っていきたいと思います。

 

 

 

 

 

  • LINEで送る

2013年10月11日  学生紹介

学生ブログより:「プロの現場潜入」

10月だというのになぜか2か所も蚊に刺されました。

 

こんにちは!副手の齊藤です。
今回も学科公式サイトから、学生ブログでのゼミ紹介シリーズをお送りします。
URL: http://cdkouhou.blog.fc2.com/

 

——————————————————–——————————————————–

 

みなさん久し振りですねおまちかねでしょう、梅木です。

すでに10月となっていますが夏季休暇について書かせていただきます。

 

 

以前松原編集長があげたヒッチハイク記事にて
東京で出会った「キャラデの友達」とありますが、あれ私です。

 

なぜ梅木隊長が東京に…?旅行かな…?旅行かな…?

 

いいえアルバイトです。

実は夏休みの間まるっと東京へ暮らしに行ってました。
ではどこでどんなアルバイトをしていたか。

神風動画で美術のお手伝いをしていました(エコー)
神風動画で美術のお手伝いをしていました(エコー)

神風動画で美術のお手伝いをしていました(エコー)

神風動画で美術のお手伝いをしていました(エコー)

神風動画といえばジョジョの奇妙な冒険のOPなどを手がけたアニメーションスタジオです。
大学も3回生となり器用貧乏の名を欲しいままにしていた私は募集が来た当時
元よりない自信が底をつきそうだったのでなにかにチャレンジしてチャージせねばと
思い切ってポートフォリオを提出しました。
そしてなんと通ったではありませんか(激震)

 
「妥協は死」を社訓に掲げる会社です、きっと門前払いだろうと思っていた私は
この時点で満足してしまいそうになっていましたが本番はこれからです。

 
そして迎えた忘れもしない7月29日、初出社の日です。
迷子になることを予想し早く出発したところ奇しくも迷子にならなかったため
1時間半ほど歩き回ったり雨に打たれてみたりしていました。
「妥協は死」
このシンプルかつ力強い社訓が私に様々な社内イメージをかきたたせてくれます。
きっと屈強な方々が竹刀を片手に練り歩いていているに違いない。
そして10時20分。神風動画玄関前。

玄関画像


え、なんかえ?すごい、すごいなんか今どきのスタジオっぽい…!!!!

引き戸じゃない!道場じゃない!靴脱がなくてもいいんだ!

そしてドキドキしながら制作の方々とエンカウント。
道着でもなければ竹刀も持っていないどころか大変親切に社内を案内していただきました。

 

そしてそして早速制作にとりかかります。
今回私がお手伝いさせていただいたのは
・『ドラゴンクエストモンスターズパレード』 OPムービー背景美術
・アメコミヒーロー総出演OPムービー テクスチャ素材・キャラクターデザイン
・みんなのうた『図書館ロケット』ムービー テクスチャ素材・背景美術
の3つです。

その他にもムービーで使用する素材など描きました
↓↓リンク↓↓
公式HP

 

ドラゴンクエストモンスターズパレードOPムービー

 

 
ドラクエOPは木を描くことが多かったのですが
実は私、背景描くのが苦手です。特に木。
しかもどちらかといえばSAIユーザーだった私。
これを機にPhotoshopを完全習得しようと猛練習しました。

 
結果、ショートカットキーもバリバリの完全フォトショユーザーになり、
木も児玉先生からとりあえず大丈夫だろうと言っていただけました。
人間やろうと思えば1週間でもなんとかなるものです。
真矢みきの言っていることも伊達ではありません。

 

 

また、みんなのうた『図書館ロケット』では
犬の飛行船とくじらの飛行船のテクスチャと背景を1点描かせていただきました。
実は私(2回目)メカ系を描くのも苦手です。(なんにも描けねーな)
でもさっきの木同様頑張ればなんとかなるものです。
このご時世根性論なんて流行らないかもしれませんが時と場合によると思ってます。
*みんなのうたOAスケジュール*
10/1~11/30
月・水…総合テレビ10:55~11:00
    Eテレ16:00~16:05
火・木…Eテレ12:55~13:00
日…総合テレビ10:55~11:00
となってます。

 

 

1ヶ月働かせていただいた中で様々なことを考えたわけですが
やはり一番感じたことは基礎力理解力の必要性でした。
随分と堅い内容にみえますが端的に要求されたものが描けるかどうかということです。

 

背景にせよテクスチャにせよこういう感じでという見本があったり、
口頭でこんな感じのものが欲しいと言われたりします。
それは時に抽象的であったり、参考資料がないものだったりします。
その時に必要なのが理解力です。
そして理解した内容を的確に再現するために必要なのが基礎力です。

 

 

偉そうに申しておりますが
私もチェックしてもらうときなどは汗ビッチャビチャかきながらで
何度も描き直ししたりもしました。 いやほんと難しい…!!

 

 

絵を描く仕事と言っても様々なものがありますし、
もちろん必要な力が上記2つが絶対だ!とは言いません。
しかしながら今回初めて現場経験をした中で感じたことだということは確かです。
もしこのような職業を考えている受験生の方がいましたら今回の記事を
心の片隅にでも置いてもらえればと思います。

 

 

 

根が真面目なせいで内容も比例してしまいましたすみません。
お仕事のお手伝いに行ったとはいえ1ヶ月以上も滞在しておりました故
お仕事以外にもたくさんの出来事がありました。
そしていつものごとく文才に乏しい私はこれらを4コマでまとめようと思います。
1_201310071858102c6.jpg

2_20131007185813d32.jpg

3_201310071858126c9.jpg

4_201310071858141eb.jpg

5_2013100718581572e.jpg

  • LINEで送る

2013年10月7日  ニュース

映画「おしん」にキャラデ教員、学生が携わっています!

 

 

こんにちは!副手の齊藤です。

 

今回は10月12日(土)全国公開予定の映画「おしん」について紹介します。

この映画の制作・映像編集にキャラクターデザイン学科の先生、学生が携わっています!

 

携わられた方々はこちら↓

プロデューサー:古賀俊輔先生(教員)

VFXスーパーバイザー:安田智也先生(教員)

VFX:花田彩(キャラクターデザイン学科4回生)

 

 

映画「おしん」は、中国版アカデミー賞として知られる中国本土最大の映画祭

「第22回金鶏百花映画祭」で国際映画部門最優秀作品賞を受賞しました!!

 

同部門で日本映画が最優秀作品賞を受賞するのは初めての快挙なのだそうです。(すごい!)

 

 

皆さんぜひ劇場に足を運んでください!

 

映画「おしん」公式サイト:http://pr.livedoor.com/movie/oshin/

 

  • LINEで送る

2013年10月4日  授業風景

学生ブログより:「制作は大変で楽しい~児玉先生ゼミ~」

京都で九条ねぎフェスというものが開催されるそうですね。

いろいろなお店の限定オリジナル仕様の京野菜ラーメンが食べられるらしいので、ちょっと行ってみたいです。

 

こんにちは!副手の齊藤です。
今回も学科公式サイトから、学生ブログでのゼミ紹介シリーズをお送りします。
URL: http://cdkouhou.blog.fc2.com/

 

——————————————————–——————————————————–

 

 

こんにちは!
最近、寝ている時にかつてないほどのこむら返り (寝てる時に足が攣ること) になった遠藤です。
あまりの激痛にのたうちまわり、壁に頭を強打しました。二度となりたくありません。
皆さんも気を付けて!

 

 

さてさて約2ヶ月間の夏休みが終わりましたが、いかがでしたか?
遊びに、制作と忙しかったのではないでしょうか ( ^ ^ )

 

私はポートフォリオ制作をちまちまとやりつつ、
展示会に出展する作品制作に追われる日々を送りました!

 

出展する作品というのは、前期ゼミで制作していた作品なのですが、
企画から制作に渡り、約半年でやっと形にすることができました!

 

作業中はとても楽しく、やりがいがあったのですが、
自身の技術力の不足を感じたり、延々と終わらない3DCGのシュミレーションに心が折れかけたりしました。

しかし、前期の授業を通して学んだ“一つの作品を最後まで作り上げる大切さ”を捨てずに、
なんとか形にしてみようと試行錯誤しながら奮闘しました!

 

時には悔し涙を流しながら作業をすることもありましたが、
なんとか形にすることが出来て、少し自信がついた気がします。

 

 

3回生になって初めて「自分ってなんだかんだで制作好きなんだな」としみじみ思えることができました。

そして、完成した制作物が展示されてる展示会はこちらです!!

 

画像01

 

『日常展』
日時:9月26日~10月12日 10:30~18:30(最終日は17:30まで)
場所:ギャルリ・オーブ
入場無料/期間中無休
今、まさに展示会が行われている最中です!
主催はもちろん、我らが児玉ゼミの児玉先生です。
先生の作品と学生の作品が一緒に展示してありますので、是非足を運んで頂けると嬉しいです。
ちなみに私の作品はピラルク (魚) が泳いでいるやつです。

小学生に「進撃の魚」と呼ばれていたようです!駆逐される。笑

 

画像02

 

 

 

最後にどうでもいい余談ですが、私がこの夏休みの制作中に一番消費したのはなんだろう?と考えたところ、

ティッシュだろうという結論に辿り着きました!
私はなぜか制作中に鼻水が出やすく (汚くてすみません) よく鼻をかみます。
そして、時には涙を拭き、また時には鼻血を吸収させたりと、
毎日ゴミ箱がいっぱいになりそうなぐらい使いました。ティッシュを考えてくれた人、本当にありがとう!
とこの場を借りて伝えたいです! (この場で伝えるな) 
ではでは、後期の授業も始まりますので、

皆さん体調を崩さないように学生生活を謳歌しましょう\(^o^)/
まず私は昼夜逆転生活をなんとかします!遠藤でした。

 
次回のブログ更新もお楽しみに~。

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。