歴史遺産学科

2013年11月

  • LINEで送る

2013年11月21日  ニュース

仏像保存修復体験講座-舞鶴市の如来仏を例としてー

京都造形芸術大学歴史遺産学科 公開講座のお知らせです。

 

2012年度より、歴史遺産学科では、京都府舞鶴市布敷地区の弥勒堂と文殊堂に伝わる仏像2躰をお預かりし、3回生の演習授業の中で仏像の修復技術を学んできました。
修理を行うことになった2躰の仏像は、仲学科長の出身地である京都府舞鶴市布敷地区に江戸時代から伝わるもので、弥勒堂と文殊堂にそれぞれ伝わってきたものです。仏像表面の漆箔の剥落がめだつことから、歴史遺産学科で仏像の保存修復に協力することになりました。

このブログでも、授業の様子とともに進む修復の進捗状況をお伝えしてきました。

今回は「仏像保存修復体験講座-舞鶴市の如来仏を例としてー」というテーマで、ブログではお伝えしきれなかったことや、ブログの最終更新(10月4日)後の進捗状況などをご報告いたします。

また報告会終了後、仏像補野損修復体験として、実際の仏像を用いての調書取り、仏像に使われている金箔、漆の顕微鏡観察、金箔を貼る体験を実施します。

ぜひ文化財保存修復の世界を体験してみてください。

 

講座の詳細は下記の通りです。

 

開催日時:2013年12月7日(土)13時00分~16時00分(12時30分受付開始)

■開催場所:京都造形芸術大学 J24教室(直心館2階)
———————————————————————
●第1部 13:00-14:00「舞鶴市布敷如来仏像修復報告」
 挨 拶:「布敷の地区活性化プロジェクトと仏像の保存修復」
     仲隆裕(本学歴史遺産学科長)
 報告1:「仏像の素材と技法の文化財科学的調査」
     岡田文男(本学歴史遺産学科教授)
 報告2:「漆と金箔の修理について」
     山崎隆之(歴史遺産学科客員教授・愛知県立芸術大学名誉教授)
     李宣周(本学大学院博士課程1年生)
 報告3:「欠損部位の修理について」
     水谷誠(本学歴史遺産学科4年生)
今回の仏像の保存修復に携わった教員・学生が、修復の現状報告についてお話します。
———————————————————————
●第2部 14:00-15:00「仏像保存修復体験」
 体験内容:Aクラス.仏像の調書を取ってみよう
         Bクラス.金箔を貼ってみよう
         Cクラス.仏像を顕微鏡で観察してみよう
 担当:山崎隆之・岡田文男・李宣周・水谷誠
 仏像保存修復の行程のいくつかを先生や先輩と一緒に体験してみましょう。
 ※当日A~Cクラスのうち、1つを選択してください。
———————————————————————
●第3部 15:00-16:00「歴史遺産学科入学相談会」
 担当:仲隆裕・岡田文男
歴史遺産学科での学習内容や大学生活について、
歴史遺産学科の教員がみなさんの疑問、質問、相談にお応えします。
気になることがあれば、なんでも聞いちゃいましょう。
———————————————————————
■お申し込み上の注意事項
1.参加費:無料
2.途中入退場可
———————————————————————
■申込方法<12月5日(木)17時まで受付>
【WEBからの場合】
下記の申込フォームからお申し込みください。
受付が完了いたしましたら、その旨をご予約の際にご登録いただいたメールアドレスにお送りいたします。
【お電話の場合】
ご希望のイベント名、お名前、ご連絡先などをお伝えください。
0120-591-200 (月~土:9:00~17:00 ※日・祝日は受け付けておりません)

 

  • LINEで送る

2013年11月20日  ニュース

国際シンポジウムのお知らせ

こんにちは。歴史遺産学科の副手Yです。

さて、今回は皆様におしらせがあります。

11月29日(金)、30日(土)に、韓国中央博物館において「 高麗時代 蒲柳水禽文 螺鈿香箱 硏究」の国際シンポジウムが開かれます。

その学会で、歴史遺産学科の岡田文男教授が「同時代における東アジアの螺鈿技法」について発表します。

日本からの参加は難しいかもしれませんが、韓国に興味のありそうなお知り合いのいらっしゃる方は、是非教えて差し上げてください。

 

時間等の詳細は下記ポスター画像(クリックで拡大できます)をご参照下さい。

 

 

20131118-1

 

20131118-2

 

 

 

 

 

 

 

  • LINEで送る

2013年11月15日  ニュース

前期末卒業式

こんにちは。歴史遺産学科の副手Yです。

さてさて、このブログをご覧になっている皆様に嬉しいお知らせです。

10月29日(火)にギャルリオーブにて2013年度前期末卒業式が行われました。

歴史遺産学科からも、2名が立派に卒業してゆきました。

今回は、そんな2013年度前期末卒業式の様子を少しだけですがご紹介します。

 

P1160384

学長からの祝辞。

 

 

P1160401

卒業証書授与。

 

 

P1160413

そして「卒業おめでとう!」と、理事長からの力強い祝辞。

 

 

P1160430

さらに、理事長が1人ずつ握手してまわりました。

 

 

 

ふと懐かしくなった、近くに寄ったついで、話を聞いてほしい、などなど…

今年度前期末の卒業生に限らず、事務陣は卒業生が訪ねてくれるのを待っています。

便りがないのは元気な証拠とは言いますが、たまには顔を見せてくれたら嬉しいなと改めて思いました。

 

  • LINEで送る

2013年11月12日  授業風景

千秋堂の維持管理

こんにちは。歴史遺産学科の副手Yです。

いよいよ11月になりました。

近頃、インフルエンザが流行の兆しを見せているそうです。

みなさんも、うがい手洗いはもちろん、マスクなどで予防を御心掛けください。

 

さて、11月1日(金)に、1回生が千秋堂(お茶室)の掃除を行いました。

金曜日は1回生の必修授業「歴史遺産学概論」がありますのが、千秋堂の維持管理(掃除)もその授業の一環です。

千秋堂は、1960年に京都市内の旧三和銀行支店ビル4階に建てられ、接待などに使われていた茶道裏千家の第14代家元淡々斎氏が考案した茶室「颯々庵」が、ビル建て替えに伴い、京都造形芸術大キャンパスに移設されたものです。

歴史遺産学科では、各学年・コース毎に掃除担当の月が決まっており、日本の伝統文化を学ぶため、こうして年に1度授業として掃除を行っています。

今年度の1回生はコースが1コースのため、学籍番号で半分に分け、今回は学籍番号が前半の学生だけで掃除を行いました。

 

まずは仲先生から千秋堂の説明。

P1160453

P1160460

全員ちゃんと正座をして聞いています。

 

説明が終わって、いざ掃除!

 

P1160465

P1160463

今回は千秋堂の外側を重点的に掃除しました。

P1160464

白砂の上で掃いても取りきれない松葉は手で拾いました。

 

 

みんなで一生懸命掃除したので、あっという間に終了しました。

 

今回は掃除だけでしたが、3・4回生になると、掃除の後には実際にお茶をたてて作法も学びます。

次回の千秋堂掃除は来月の予定です。

1回生の学籍番号が後半の学生による掃除となりますが、今月よりも冷える時期なので、気合を入れて頑張って欲しいと思います。

 

 

  • LINEで送る

2013年11月1日  授業風景

文化財保存修復論Ⅱ

こんにちは。歴史遺産学科の副手Yです。

今回は、文化財保存修復論Ⅱの授業をご紹介します。

この授業は、『文化財の保存修復についての基礎知識』をテーマとしており、日本における文化財保存修復の在り方や特徴について、所有者・行政・修理工房・研究機関等との関わり等、特別講師も交えて講義する授業です。

授業が5回目となった10月25日(金)には、特別講師として狭川真一先生にお越しいただきました。

 

講義内容は『世界遺産奈良町の歴史と世界遺産への道のり』。

奈良の伝統的建造物の形式や元興寺の世界遺産指定、奈良町の街並みについてなどについて講義していただきました。

 

 

P1280349

まずは狭川先生を学生に紹介。

 

P1280353

さっそく授業開始。

 

 

P1280361

歴史的なものから現代の話まで、幅広く、興味深い内容の講義でした。

学生はとっても真剣に聞き入っていました。

 

 

この授業では、特別講師として他の先生にも講義をして頂く予定です。

乞うご期待!

 

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。