こども芸術大学

2013年11月

  • LINEで送る

2013年11月29日  ニュース

11月お誕生会!!

紅葉が綺麗な今日この頃・・・さあ、11月のお誕生会です!

今回は、お誕生日の母が、他のお母さんからのメッセージもありました!

おめでとうのことばと、手作りのプレゼント。

そして、発表!今月は、偶然とアスレチックでした。

跳び箱から・・・

そして、一輪車

最後に竹のぼりと・・・

3人とも、日々練習を積み重ね、頑張った姿を私達の目に焼き付けてくれました。

毎回の子ども達の育ちの姿:今まで苦手だった、無理だったこと、目を背けていたこと、出来なかったことを、乗り越えて見せた笑顔は、本当に言葉にならないくらいの大切なことを、教えてくれているようです。

おめでとう!かっこよかったよ!!!

そして、ママ達の愛情のこもったサツマイモ蒸しパン!

「おいしい!!!!」じっくりと、時間をかけて味わっていましたね!

今年もあと約一ヶ月で終わりですね。一日一日、そして一年一年大切に味わって、育ちあっていきたいです。おめでとう、ありがとう!!

大きなハグを込めて、

ハッピーバースデイ!

(大貫)

  • LINEで送る

2013年11月28日  ニュース

落ち葉遊び

朝、ウッドデッキにはたくさんの落ち葉が落ちていました。

これを集めてお山にしておくと、子どもたちはワクワクするかも・・・!

私も内心ワクワクしながら子どもたちの登校を待っていました。

 

「おっはよー」

元気に登校した男の子。

落ち葉の山を見つけると、

「あ!前にも落ち葉であそんだよね」と去年も遊んだことを思い出したようです。

「それー!!」と勢いよく落ち葉のシャワーで遊び出しました。

次はみんなで一斉に。

「いっせーのーで!」

「は~気持ちいいねー!」

 

次は落ち葉のベットに寝てみよう。

お母さんも寝てみます。

「お布団もね」

寝転がると、空と紅葉が見えました。

この季節ならではの遊びを朝からたっぷりして、子どもたちもお母さんも、スタッフも、

気持ちの良い一日の始まりでした。

(村井)

<!–

–>

  • LINEで送る

2013年11月26日  ニュース

秋の色で遊ぼう!

今日は、お天気もいいし、紅葉もきれい!

せっかくなので、もっともっと秋の色を楽しもう!

とのことで、Andy Goldworthyのアートスタイルを使って、葉っぱで秋の色を楽しみました!

拾っていったら、ふくろの中がグラデーションになったよ!

木の枝や葉の茎をつかって、葉っぱを繋げたり、紅葉の落ち葉でベッドをつくったり!

別の箇所の人たちの遊びから、ひとつに繋がっていった、面白い展開も見えました!

    

 はっぱで、帽子作った!

 葉の色でグラデーション!

  

 今日のお茶会は、そんなみんなの秋の色遊びを床の間へ。

 

そのときだけ、そしてその一瞬、その季節、で楽しみ体験していくことで、初めて「一年」を生活して育っていく積み重ねになるのだと、実感しました。これからも、この少しずつ違う葉の色のように、一つ一つの色の違いや楽しみに敏感になって、みんなで一緒に味わっていきたいと思いました。

(大貫)

  • LINEで送る

2013年11月11日  ニュース

創作の時間「音を聴く 耳を作る」

今日は久しぶりの創作の時間。

環境デザイン学科の八木良太先生が来てくれました。

テーマは「音を聴く 耳を作る」。一体何をするのでしょう・・・?

最初に先生が「伝言ゲーム」を教えてくれて、

「聴く」こと意識してみました。

紙コップで作った聞き耳道具。

大人も子どもも、なんだかドキドキ、ワクワク・・・。

次は「糸電話」を作りました。

「ねえ、なんで糸が垂れてると聞こえないの?」

科学的な質問に大人もタジタジ・・・。

 

そのうち盗聴の技を覚えて、輪が広がりました。

こちらは長~い電話!

糸電話を楽しんだ後、いよいよ「耳」を作ってみました。

まずはデザイン画を描きました。

 

「ひこにゃんなの」

「いしや~きイモ~」「いらんかね~」

みんな思い思いの耳を作り、とっても楽しそう!

こちらは、

「いいものは頭に溜まって、悪いものは流れる耳」

いいなあ、そんな耳ほしい!

溜まってますね~。

 

こちらは・・・?

「おっぱいとちんちん」

縄文人!? 岡本太郎もびっくりダ!

宇宙的・・・。

宇宙人・・・!? 鹿??

紙コップと紙皿とカチューシャで、たっぷり楽しみました。

次回は2週間後です。

 

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。