こども芸術大学

2013年12月

  • LINEで送る

2013年12月19日  ニュース

氷のレコード・音を聴くこと

今日の対話の時間は『聴く』をテーマに、

空間演出デザイン学科の八木先生の作品をみんなで鑑賞しました。

 

まずは『この音なーんだ』というクイズ遊び!

机を縦にして、その後ろでいろいろな音を出します。

クイズの音は、全て生活の中にある身近な音です。

目をつぶって、手を耳に当てて、よーく聴いてみよう。

「あっわかった」

手を挙げてもらい、聴いていきます。

「水を入れて飲む音!」

じゃあ、答えを見てみましょう。

じゃじゃ~ん!

そう、大正解です。

グラスに氷を入れる・水を注ぐ・飲む

この3つの音でした。

その他にも、

セロハンテープをちぎる音

乾燥した葉をくしゃくしゃとする音

フォークとフォークがぶつかる音

本をパラパラめくる音

子どもたちは見事に全部当ててくれました。

「聴こう」という気持ちがあれば、たとえその場に60人以上の人がいても、

小さな音も聞こえるし、何の音なのか想像できることがよく分かりました。

 

さて、続いてはお待ちかねの八木良太先生の登場です!

八木先生は、11月創作の時間『音を聴く、耳をつくる』を担当してくださった先生です。

まず最初は、普通のレコードを聴きます。

レコードの音自体、初めて聞く子も多かったのではないでしょうか。

当たり前のように聴いてしまいがちですが、

考え出すとどうして音がなるのか不思議ですね。

次はさらに不思議です。

八木先生の作った氷のレコードを鑑賞してみましょう。

先生が針をおとすと、氷からはピアノの旋律が流れ出しました。

子どもだけでなく大人も驚きました。

「もっと近くで聴いていいよ」

先生の一声で、子どもたちはレコードの前に大集合です。

氷が溶けていくと、音楽も溶けてなくなっていきます。

その過程に聞き入る子どもたち。

氷にさわらせてもらい、冷たくて本当に氷だと実感すると、

どうして音がなるのかさらに不思議な気持ちがつのります。

その後は八木先生のその他の作品も見せていただき、先生自身が

「どうして?」や「不思議だな」と思う気持ちを大事にしながら

作品を作っておられることが伝わってきました。

子どもたちが聴くことの大切さや音の不思議を体験できた1日でした。

(村井)

<!–

–>

  • LINEで送る

2013年12月13日  ニュース

クリスマスお楽しみ会

さて、12月誕生会に続いてはクリスマスお楽しみ会です。

今年は子どもたちが大好きな歌「チポリーノの冒険」を

お母さんたちが劇にして見せてくれました。

美しい賛美歌とともに「チポリーノの冒険」のはじまりはじまり~!

舞台はお山、クリスマスイブの出来事です。

 『サンタさんが大切な帽子をなくしてしまいました。

サンタさんのおうちまで届けてくれますか?』

たまねぎ坊やのチポリーノに、山の住人からお手紙が届きました。

すると、子どもたちは一斉に「チポリーノ!帽子あそこに落ちてるよ!!」と必死で教えてくれます。

「よし、サンタさんに届けよう!」

こうして、チポリーノの冒険が始まりました。

冒険の途中、キノコかあさんやどんぐり坊やに出会いながらも一人で旅を続けるチポリーノ。

けれどやっぱり心細いですよね。

そんな時に出会ったのが愉快な仲間たちです。

トマトちゃんにサツマイモねえさん、キュウリンやニンニクどんにイチゴ姫。

「よーし、みんなで力を合わせて出発だぁ!」

仲間といると勇気も元気も100倍です。

たとえ困難にぶち当たっても、みんなで知恵を出し合います。

崖崩れに遭遇した時は必死に考えた末、

イチゴ姫の魔法の呪文によって山の精霊が出現し、飛び石になってくれました。

山あり谷ありで冒険をしているうちにすっかり疲れてしまったチポリーノ一行。

「もうだめだぁ。」

「おかあちゃーん(泣)」

そんな時、どこからか山の女王の声が・・・。

「土の温泉につかって心も体も休めなさい」

ミミズ女将とダンゴムシ大将が栄養たっぷりにしてくれた土の温泉につかり、

元気を取り戻したチポリーノたちの冒険はいよいよ佳境に入りました。

立派な木の前に立ち寄った際、山の女王が現れました。

「あななたちがここまで来れたのは様々な山の仲間たちから勇気や元気をもらったからです。

山の動物や小さな虫、地面に落ちている葉っぱにも大切な役目があるのです。」

「サンタさんの家はすぐそこです。さぁ、お行きなさい。」

「よーし!行くぞ~!!」

チポリーノと仲間たちは山の女王の言葉を大切に胸に抱いて

サンタさんのもとへとまた出発しました。

〈おしまい〉

 

こども芸大の日々の生活とつながるお話の中で、伝えたいメッセージを込めながら、

小道具や衣装、音楽、演技、全ての面でお母さんたちが一体となって作り上げたこの劇。

お母さんたちの姿から、子どもたちは色々な人が集まって

真剣にひとつのものを作っていく意義を感じてくれていたと思います。

本当にすごいの一言です。

楽しいクリスマス会となりました。

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 劇の後、子どもたちと「あわてんぼうのサンタクロース」を歌っていると・・・

なんと、こども芸大にもサンタさんがやって来てくれました!

山に帰っていくサンタさんを追いかけ、手を振る子どもたち。

「あっ!もしかして!」

朝、ベランダに吊るした手作りブーツを急いで見に行きます。

「わーい、やった~!」

一人一人のブーツにサンタさんからの贈り物がしっかり届いていました。

今日は12月誕生会とクリスマスお楽しみ会だったので、みんなの心が温かい一日となりました。

(村井)

  • LINEで送る

2013年12月13日  ニュース

12月お誕生会!

 

冬の匂いと、澄んだ空気が心地よい、今日この頃。

今日は12月のお誕生会をしました!

本日は、お誕生日の子どものお母さん二人が、司会をすることに!

新しい形で、新鮮でした!司会をしてくださったお母さんたちは、プレゼントをもらう時には、祝う側・祝われる側と、両方の視点を経験してとてもよかったとのこと。

こうやって新しいことに挑戦しながら、これからもみんなで作り上げていきたいですね!

恒例となりつつある、お母さんからの言葉のプレゼント。

今回は、お誕生日のお母さんたちが、こ芸のみんなへメッセージをくれましたよ!

そして、おめでとう!の気持ちを渡し合う時間。

みんなはプレゼントを渡したい気持ちで前のめり。

プレゼントを入れる用の紙袋を渡すのが、一歩遅かったかも・・・と思うほどの速さ!

たくさんの「おめでとう!」があふれてました。

さあ、おまちかねの発表タイム!

年少さんの女の子とお母さんの「まねっこダンス」。

鏡が真ん中においてあるように、お互いの仕草を真似っこし合います。

親子が見つめあい、お互いの気持ちを感じあう暖かなひと時。

そして、年長さんの一輪車!

お母さんの手を握りながらゆっくり進みます。

時には片手で回転したり・・・お互いのスピードを感じながら、息を合わせて・・・。

これは簡単そうに見えるかもしれないけど、実はすごく難しいこと。

二人の気持ちがひとつになった瞬間でした。

 

今年でこ芸で最後のお誕生会。そこにあったのは、確かな「愛」と未来への「まなざし」がありました。

そして、最後にお母さんの発表!こどもと一緒になわとびです!

朝早くいつも二人でがんばって練習していました。親子で目標を立て、一緒にがんばる時間。

寒くなってきて朝早く登校して、まだ温まっていない広い静かなスペースで、親子で縄跳び。そこからは、いつも寒さに負けない、確かな暖かさがありました。

 

底冷え寒さに負けない暖かい笑顔と気持ちを、はぐくんでいって、守っていきたい気持ちをこめて、

ハッピーバースデイ!

続きのクリスマスお楽しみ会・・・・大人の本気と子どものビッグスマイルなストーリーは、次の日記にて!

(大貫)

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。