美術工芸学科

2013年12月

  • LINEで送る

2013年12月25日  イベント

【BUKATSU】あかりゆらゆら、、、

12月21日(土)の部活はキャンドル台作りでした。

 

写真 1

まずは説明を聞いて、、、

 

写真 2

図案を描く。

 

 

DSC_0428

鉄板にデザイン画を写したら、穴を開けていきます。

 

これはボール盤という機械。

総合造形コースには欠かせないアイテムですが、皆さんが使うのは初めてだったのではないでしょうか。

 

DSC_0453

穴が開いたら鉄板をあたためます。

 

DSC_0451

熱した鉄板は真っ赤!

 

DSC_0452

そして冷めないうちに叩く!!

これが鍛造(たんぞう)という技法です。

 

DSC_0455

仕上げ。油を塗って炙ります。

これは黒焼きと言って、中華鍋が使うほどに黒くなるのと同じ原理だそうです。

 

 

 

さあ、

お待ちかねの時間~

 

DSC_0460
DSC_0462

炎が揺れると影もゆらゆら、、、とってもきれいでした!!

 

今夜あたり大活躍するのではないでしょうか??

ぜひお家でも灯してみて下さいね。

 

  • LINEで送る

2013年12月24日  授業風景

【日本画】ありがとうしゃも。さようならしゃも。

 

こんにちは。

日本画コースです。

 

今日は今年最後の授業でした。

1年生の授業で11月から軍鶏を飼育していたのですが、

それも今日でおわり。

合評とお掃除が行われました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

青木芳昭先生、菅原健彦先生、田中裕子先生による合評です。

軍鶏を実際に見ながらの本画制作だったのでパワフルな作品が多かったように思いました。

 

★学生達の作品の一部をご紹介します。

 

  

  

  

  

  

  

 

 

合評が終わった後は大掃除!

床や窓、鶏のケージなどを徹底的にきれいにしました。

 

そして…

 

モデルの軍鶏とのお別れ。

かわいい

 

ドナドナ…。

 

 

軍鶏は今日から菅原先生宅で飼育されることになります!

(この日の為に日曜大工で鳥小屋を作られたらしいです)

 

1ヶ月間同じ部屋で軍鶏と過ごし、必死に描いたという体験は、

一年生にとって良い糧となったのではないでしょうか。

 

ありがとう軍鶏。また会う日まで。

 

 

 

 

  • LINEで送る

2013年12月17日  授業風景

【染テキ】登学日(種と石から引き出す魅力)

12月14日(土)は1回目の登学日でした。

この日、勉強したことは「素材」について

発想法、素材の魅力の引き出し方などを教えて頂きました。

 

 

今回はこの2冊の本を参考に勉強をしました。

「世界で一番美しい 種子図鑑」

「不思議で美しい石の図鑑」

自分が気になる種や石の写真を選び、

布、糸を使って、写真からのイメージを表現します。

みなさんの腕の見せどころです。

 

 

 

 

 

 

出来上がりがこれらです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どれもとてもオモシロいですよね?

これが本当に布になって、お洋服や鞄、帽子、インテリアになったらとても素敵だと思いませんか?

 

本格的な勉強は来年の春からですね。

みなさん、頑張って勉強して行きましょう!

次回の登学日で会える事を楽しみにしています。

 

ホンダ

 

 

 

 

  • LINEで送る

2013年12月16日  ニュース

【油画】素敵なニュース!シェル美術賞2013 多数入選!!

寒いし冷たい毎日ですが、油画にはあつあつのニュースが

今年のシェル美術賞で、卒業生・在学生が多数入選しました!!

 

葛井 洋彰さん(油画・大学院修了生)

松本 知佳さん(油画・大学院修了生)

熊谷 亜莉沙さん(油画コース卒業生、大学院1年在籍中)

笠井 遥さん(日本画コース卒業生、大学院1年在籍中)

みなさんおめでとうございます!!

 

▼展覧会は12/23(月・祝)まで開催しています。ぜひご覧下さい!

 

シェル美術賞展2013 (公式HPへは こちら より)

国立新美術館 にて

12/11(水)~12/23(月・祝) 10:00~18:00 ※17日(火)は休館

*13日(金)、20日(金)は夜間開館実施 10:00~20:00 (入館は19:30まで)
*最終日 10:00~16:00 (入館は15:30まで)

【入場料】 一般400円、大学生200円

※高校生以下・70歳以上の方・障がい者手帳持参の方と介護の方は無料。

入場料割引券もあります!こちらより。 → http://www.showa-shell.co.jp/art/ticket.html

  • LINEで送る

2013年12月13日  ニュース

川田基寛 個展 -神聖と獣性-【日本画】

kawata

img00303-c

 

美術工芸学科日本画コース、大学院芸術表現専攻ペインティング領域の卒業生

川田基寛くんの個展です。

在学中、活動についての紹介ページでも語ってくれましたが(こちら

ライオンの図像を通して、個々の人間の基本的な倫理観に問いかける作品群、その力を

ぜひご高覧ください。

 

 

img00304-b

<DM>
img00303

img00304-h

1 2 3

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。