キャラクターデザイン学科

2013年12月

  • LINEで送る

2013年12月25日  学生紹介

学生ブログより:「イゲンさんはイゲンさん~栗田先生ゼミ~」

こんにちは!副手の齊藤です。
今回も学科公式サイトから、学生ブログでのゼミ紹介シリーズをお送りします。
URL: http://cdkouhou.blog.fc2.com/
——————————————————–——————————————————–

みなさんこんにちは。
キャラクターデザインコース3回生の山下です。
yama.jpg

最近はどのお店もクリスマスムード一色ですね。
ポップアップの作品を作るようになってから、ポップアップカードが並ぶこの時期は本当にありがたいと思うようになりました。

解体しやすいし、本に比べて安いし…(仕掛け絵本って本当にお高いんですよ、ちくしょう!)
もうテスト制作がひと段落しているので今は解体しても使わないんですけどね!

「今回は他のゼミ生を紹介してください」ということなので、私と同じ栗田ゼミに所属している伊牟田智里さんにインタビューを行いました。
000.jpg

伊牟田さんは、私と学科展で共同制作を行った友人です。
覚えている方はどれくらいいらっしゃるでしょうか。
一緒に「イゲンさんのすゝめ」(仕掛け:山下、絵:伊牟田)を作りました。

伊牟田さんは栗田ゼミで「イゲンさんキーホルダー」「イゲンさんフィギュア」なるものを作っています。
特にフィギュアはイゲンさんがお寿司に扮している姿を作るんだそうです!
今回初めて型を取り、量産作業も行うそうなので私自身楽しみにしている作品のひとつです。

本当に普通の友人なので、インタビューというよりくだけたお喋りといった感じです。
「京造生の会話ってこういう風なんだ~」という感じで読んでくださいね!

山下:なんで授業とるとき栗田ゼミを選んだの?

伊牟田:栗田先生が立体物に詳しい先生だったからかなあ。イゲンさんをそろそろフィギュアにしたかったんだよね。

山下:イゲンさん平面多いもんな

伊牟田:なんかイゲンさん作品作るたびに立体度が増してゆく…
私立体そんな好きじゃないんだけどね

山下:そうなん!?いっぱいつくってるやん!!

伊牟田:苦手なんよ…でもイゲンさんを作ろうと思ったら立体のほうが面白いもん。器用じゃないけど頑張って作ってるよ

山下:あー、器用じゃなくても…伊牟田A型やし、みかんの筋を綺麗にとるのと変わらんのじゃない?

伊牟田:あー!スリッパのイボイボの間のホコリとか取るの好きだよ

山下:なんで今回イゲンさんフィギュアはお寿司に扮してるの?

伊牟田:高校の時に平面で作ったイゲンさんコラボシリーズにお寿司があったんよ…うーん、それで……特に深い意味はないです!

004.jpg

山下:おい!ちゃんと答えろや!

伊牟田:高校の時作った平面を立体にしたかったっていうのと…あと形が面白いやん、お寿司って。色んな種類あるし。

006.jpg

山下:あー、にぎり、軍艦、巻き…うん、そうやね

伊牟田:それをコレクションみたくしたら面白そうやなーって思ったんだよね

005.jpg

007_20131216032034e7c.jpg
(ちなみにこれらが伊牟田さんが高校・大学で作ったイゲンさんの作品(まだ平面)です!圧巻ですね!!)

山下:作業は進んでる?やばい?遅れてる?

伊牟田:やばい…かも…冬休み学校行かんと…
なんか、栗田先生には「正月家でテレビ見ながら型とり」って言われた

山下:あっ、型って家でも取れんの?

伊牟田:できるみたいだよ。くさいらしいけど

山下:伊牟田家のワンコが「ゲエェッ」ってなったら大変じゃん

伊牟田:(笑)

(これが伊牟田さんの作業途中のイゲンさん。色が無くてわかりにくいと思いますが、一応ごはんつぶがまとわりついてます。)
001_201312160319028a9.jpg

002_20131216031904783.jpg

山下:将来イゲンさんをどうしていきたいと思ってる?

伊牟田:そうやな…死ぬまで作り続ける…

山下:商品化とかは?

伊牟田:どうかな…今は自己満足の世界やからな

山下:イゲンさんって結局なんなの?

伊牟田:わからん!イゲンさんはイゲンさんや!!

003_201312160319067d2.jpg

山下:ライセンスの授業で公式本作ったほうがいいって言われてたけど作る?

伊牟田:設定資料?興味あるよ!でもその前にイゲンさんの設定があやふやだからね
ちゃんと整理整頓しないと作れないよね~

山下:私がイゲンさんのうた作ってあげるよ

伊牟田:どんなん

山下:♪ねぇイゲンさん こっちむいて

伊牟田:丸パクリやん!

山下:♪あったまてっかてーか さいどぴっかぴーか
そっれがどうしーた ぼくイゲンさーんー

伊牟田:丸パクリもいいとこやん!

山下:(笑)
伊牟田:(笑)

来週の記事もおたのしみに!
山下でした。

  • LINEで送る

2013年12月21日  イベント

入学前学習プログラム

こんにちは!副手のノブモトです。

 

最近はお店だけでなく、一般家庭のイルミネーションもすごいですね。

 

キャラデ研究室にもかわいいクリスマスツリーが飾ってあります。

 

 

 

さて今回は、12月14日(土)に行われた、

 

入学前学習プログラムの登学日の様子を紹介します。

 

コミュニケーション入試を合格した、0回生にあたる皆さんへ特別授業を実施しました。

 

 

 

20131016ws 032

 

 

 

 

 

 

 

20131016ws 064

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ワークショップですぐ打ち解けていったり

 

作品発表のプレゼンでも皆あまり緊張してる様子がなくしっかり話していて、先生方も驚いていました。

 

入試で学んだことをすっかり物にしているようです。

 

この特別授業を通して、入学後の大学生活がより具体的に見えてきたんじゃないかと思います。

 

 

新しい課題も発表されました。

 

 

 

次回登学日で、さらに成長した皆さんに会えるのが楽しみです!

  • LINEで送る

2013年12月17日  学生紹介

学生ブログより:「ざんねんながら きかくしょ1ばんは きえてしまいました。~村上先生ゼミ~」

早いもので、いよいよ今週で今年の授業はラストです。

こんにちは!副手の齊藤です。
今回も学科公式サイトから、学生ブログでのゼミ紹介シリーズをお送りします。
URL: http://cdkouhou.blog.fc2.com/
——————————————————–——————————————————–

おはこんばんちは、宮本です。
早いもので師走も一週間を過ぎました。
体感速度が早過ぎて困ります。この『すばやさ』は低い方がいいです。

村上ゼミでは最終課題に取り組んでおります。
その課題とは、ズバリ「オリジナルゲームの企画」です。
このゼミで学んだことを通じて、各々ゲームの企画に挑んでいます。
人によってゲームのジャンルは様々。
伝えたいことも様々です。

さて、私自身の企画ですが、苦戦しています。
霧が濃いエリアに入って、気づいたら入り口に戻されている…みたいな。
この記事も本当は企画に使用する画像などで彩りたかったのですが、
そこまでの域に達していません。ごめんなさい。

これまでの人生、ゲームばかりしてきたのに
いざゲームを考えるとなると、本当に難しいですね。
面白いゲームって何?面白いって何?ていうか、ゲームって何?(錯乱)
なんて混乱状態に陥ることもありますが、
頑張って、より良い企画を打ち立てられるよう頑張ります。

私はどんなゲームを企画するのか?何を伝えたいのか?
まだまだ具体的な形にはなっていませんが、
考えはある程度固まってきました。
しかしここに書くとただでさえ長い私の文章が更に長くなるので、
学生の方は直接私を捕まえて尋ねてくれると助かります。
「お前、大学ではレアキャラじゃねーか」というツッコミは無しで…。

私の話はこれぐらいにして、
当記事でも他のゼミ生へのインタビューを行いました。
私と同じ、キャラデ3回生の勘場さんです。よろしくお願いします。

Q.村上ゼミに入ろうと思ったきっかけを教えて下さい。

ゲームが好きだからですね。それと、将来はゲーム業界への就職を考えていたので、
もっとゲームについて勉強したいと思ったのがきっかけです。
なによりゲームについて様々な人と話し合うのも好きでしたので。

Q.ゼミのゲーム企画ではどのようなものを考えていますか?

プレイして「さあ明日もがんばろう」と元気になれるようなゲームを提案したいのですが…中々難航しています。
しかし、自分が楽しいものが、他人も楽しめるだろうかと客観的に考えるいい機会だと思い頑張っています。

Q.好きなゲーム、またはシリーズを教えて下さい。

最近自分のなかでヒットしたのは世界樹の迷宮4・風の旅人・Fallout3・GRAVITY DAZE
Monster Hunter4・METAL MAX4などでしょうか。
いずれも広がりを感じさせる世界観が好きです。またTRPGなどもハマっています。

Q.あなたにとって「ゲーム」とは何ですか?

今の私にとっては元気のエンジン…といったところでしょうか。
プレイしてやる気になるし、作ったゲームが誰かに楽しんでもらえることを想像すると、
辛い事でもなんとかがんばれます。ゲームとは人の背中を押す存在なのかもしれませんね。

ゲームとは人の背中を押す存在…。なるほど。
私もこれまで、幾度と無くゲームに背中を押してもらいました。
今度は自分達がプレイヤーの背中を押す番ですね。

以上、宮本でした。来週の記事もお楽しみに。

  • LINEで送る

2013年12月13日  ニュース

12/14(土)放送「世界一受けたい授業」に小野先生ご出演!

 

こんにちは!副手の齊藤です。

 

12月14日(土)19:56~20:54に日本テレビ系列で放送される「世界一受けたい授業」

キャラクターデザイン学科 学科長の
小野日佐子先生が出演いたします!!

 

今回は「クリスマスカード・年賀状編」とのことで、この時期にぴったりの内容です。

 

皆さんぜひご覧ください!

 

=================================

「世界一受けたい授業」番組公式HP

http://www.ntv.co.jp/sekaju/

 

大学HPトピックスの方でも紹介されております。

http://www.kyoto-art.ac.jp/topics/109

  • LINEで送る

2013年12月11日  ニュース

「がんばれ!ルルロロ」受賞!!

あちこちクリスマスモードですね。

今年はGoogleも独自にサンタトラッカーを開発したというニュースを見つけました!(サイトがすごくかわいい!)

※サンタトラッカー…サンタ追跡サイト。今サンタさんがどこにいるのか?ということが分かるらしいです。

米NORADサイト:http://www.noradsanta.org/

こんにちは!副手の齊藤です。

 

以前このブログでも紹介したテレビアニメーション「がんばれ!ルルロロ」が

平成25年度 [第 17 回]文化庁メディア芸術祭で
アニメーション部門 審査委員会推薦作品に選ばれました!!!

 

この「がんばれ!ルルロロ」はキャラクターデザイン学科 客員教授の児玉徹郎先生が監督を務め、

池田篤史先生、伊藤敬之先生も制作に携わっている作品です。

キャラデ学生もプロジェクトとして10名が制作に参加しています。

 

(参加学生内訳:演出・絵コンテ…3回生 2人

        アニメーション…3回生 1人/2回生 4人

        モデリング…3回生 1人

        背景…3回生 2人)

 

 

「がんばれ!ルルロロ」は、2014 年 2 月 5 日(水)から 2 月 16 日(日)まで

東京・六本木の国立新美術館を中心に開催される

「平成 25 年度[第 17 回]文化庁メディア芸術祭受賞作品展」で他の受賞作品とともに展示・上映されます!

 

東京へ行く機会のある方、お近くの方はぜひご覧ください。

=================================

文化庁メディア芸術祭HP

http://j-mediaarts.jp/?locale=ja

 

がんばれ!ルルロロ公式HP

http://www9.nhk.or.jp/anime/lululolo/

1 2

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。