こども芸術学科

2014年1月

  • LINEで送る

2014年1月23日  授業風景

ピアノコンサート開催!

こども芸術学科では保育士資格取得のためのカリキュラムのひとつとして

「ピアノ(こども芸術研究Ⅱ)」の授業があります。

昨日は、この授業の最終日。何とあの「春秋座」の舞台に立ったのです。

なかには大学に入学するまでピアノを弾いたことのなかった人も。

それでも、1年間基礎から学びみんな素晴らしい演奏をしました。

 

IMG_2327

司会役の 名畑さんと西山さん

演奏を控える日浅さん、保尾さん。

演奏曲は松任谷由実「ルージュの伝説」

 

 

 

IMG_2348

清水さんはソロで ショパン 練習曲 作品25-1「エオリアンハーブ」

 

 

IMG_2352

目(サガン)さん、竹中さんは 「ランニングシューズ」と「ワルツ」の2曲

 

IMG_2354

2人の鄭さんは、「ホールニューワールド」を。

 

そのほか、

 阿部さん、石井さんによる「ラデツキー行進曲」

 三島さん、横山さん、横江さんによる「喜びの歌」

 奥田さん、河野さんによる「人生のメリーゴーランド」

 西脇さん、葉山さんによる「世界の約束」

 名畑さん、西山さんによる「自由への扉」

 清水さん、古橋さんによる「戦場のメリークリスマス」

 目(サガン)さん、清水さんによる「ピアノ協奏曲第2番 ハ短調作品18」

 山田さん、横江さんによる「ファランドール」

 

 

あの練習の日々が思い出されます。。。

 

IMG_0117

 佐渡先生によるレッスン

 

IMG_0113

 佐々木先生!

 

IMG_0102

 蜂谷先生!

 

IMG_0106

 そして木澤先生!

 

 新入学予定のみなさん。受験予定のみなさん。

 ピアノを一度も弾いたことがなかっても大丈夫ですよ。

 ご安心を。

 

(浦田雅夫:教員/子ども家庭福祉・学校臨床)

 

  • LINEで送る

2014年1月17日  ニュース

京造生の日常が見える!?「こたえてん」開催中!

寒い日が続いていますが、京都はいいお天気です。

新年が明けて、気がつくともう後期授業も終盤で、こども芸術学科の学生たちは合評会などにむけて、どこの教室も熱気にあふれています。
さて、今日は大学の@カフェ、春秋座寄りの北側ラウンジスペースで行われている「こたえてん」の紹介です。

 

サブタイトルは、「2013年度学生生活実態アンケート・フィードバック展」

どんな内容かというと..


学生生活の実態をアンケートでの調査結果と分析を、公開、共有することを目的にした展覧会です。

これを見ると大学生活の満足度、授業前後の予習復習、正規授業外のプロジェクト参加率、自由時間の過ごし方など、京造生の赤裸々な実態が明らかに!?

 

調査結果のリーフも出来ていて、円グラフはなんとピザです(笑)!

 

こたえてん

学生生活委員会の先生方が知恵を絞っています。通常だったら書類での報告でもよいところを、わざわざ展覧会を企画してしまうところが、京都造形芸術大学なのです!

そして、展示の棒グラフは、なんとマフラーの長さで表しています。

IMG_6792

その他にも、調査結果を面白くする展示場の工夫があちこちに!

IMG_6790

 

IMG_6789

IMG_6782IMG_6777

LEDを使った円グラフをみると、各学科毎の調査結果が順番に表示され、この展示の企画者がただ者でないことが解ります。

IMG_6785IMG_6786

環境デザイン学科の河合先生、情報デザイン学科の大西先生、美術工芸学科の金澤先生、キャラクターデザイン学科の野村先生、文芸表現学科の河田先生ほか、そしてこども芸術学科からはBzemiを一緒に担当しているわれらが岸本栄嗣先生が、この展示のために知恵と工夫を凝らしました。展示作業では、授業の終わった後、先生達自ら夕方から夜10時半までかけて、やっと展示できたそうです。

IMG_6771IMG_6767

こども芸術学科の岸本先生、ご専門は発達心理で調査と分析はお手のものですが、実は展示のセンスもなかなかのもの。ぼくとペアで運営するBzemiの担当教員です。

IMG_6769

先生方、職員の方には、本当にお疲れさまでした。展示作業では僕もカッティングシートの看板サインをガラスに貼るのをお手伝いしてきました。
IMG_6765
この展覧会を見れば京造生のナマな生活実態が明らかに!?

展示はもう終盤ですが、
1月10日金曜から22日まで、@カフェの北側ラウンジスペースで開催中です。
今日から日曜まではセンター入試のため立ち入り禁止となっています。

週明けの月、火、水にみることができますので、ぜひご覧ください!

 

これを見ている学生さん。さて、あなたは多数派、それとも少数派?

 

(森本玄:教員/絵画)

コース・分野を選択してください

LINK


トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。