文芸表現学科

2014年2月

  • LINEで送る

2014年2月28日  イベント

卒展開催中 あと3日です

 
22日からはじまった卒業展も、残すところ3日となりました。
クリエイティブ・ライティングコースは、人間館4FのNA413教室で展示をしています。
 
140228_1
小説や評論、ノンフィクション、書籍などの作品が並んでいるほか、
それらすべてを収めた作品集や、「はたらく」「Nee?」「旅と旅行」など、学科で制作した冊子も無料配布しています。
 
140228_2
瓜生山賞を受賞した、小林野々子さんの展示です。
小説「USED HEELS」に登場するお店や、ハイヒールを実際に再現してディスプレイしています。
 
140228_3
本をゆっくり読んでいただくために、カフェスペースも併設しています。
ジュースやお茶、コーヒーなどを、なんと無料!でサービスしていますので、ぜひお立ち寄りください。
 
週末2日間は、クリエイティブ・ライティングコースの作品講評会を開催します。どなたでもご覧いただけますので、気軽にのぞいてくださいね。
 
 
(文・たけうち)

  • LINEで送る

2014年2月19日  イベント

卒展搬入1日目 白ペンキの日

 
22日(土)からはじまる卒業展にむけて、搬入作業がはじまりました。
今年は、アートプロデュースコースと一緒に開催するさいごの卒業展です。
 
※まめ知識:2007年、クリエイティブ・ライティングコースは、芸術表現・アートプロデュース学科のなかの新設コースとして設置されました。2011年から文芸表現学科として独立したんですね。
 
まずは教室の掃除から。
 
hannyu_00
展示のためのパーティションや展示台を搬入し、
それぞれ白ペンキを塗り直します。
 
hannyu_01
hannyu_02
hannyu_03
塗り方のコツを、展示に慣れているASPの佐藤くんに教えてもらいつつ。
 
hannyu_04
hannyu_05
これから、この会場に、
クリエイティブ・ライティングコースの卒業生19名の作品が、並ぶ予定です。
 
卒業展は22日から、クリエイティブ・ライティングコースの作品講評会は3月1日(土)13:00〜と、2日(日)11:00〜開催します。
 
 
(文・たけうち)

  • LINEで送る

2014年2月18日  授業風景

たまご

雑誌「Nee?」No.6刊行
 
毎年学生たちが引き継いで発行している雑誌「Nee?」の6号が完成しました。
今年の特集は、
たまごです。
 
140218_01
 

たまごという三文字を目にしたとき
あなたはなにを思い浮かべますか?
 
ころころ転がる白い鶏卵?
ふわふわの玉子焼き?
とろとろの白身と鮮やかな黄身?
 
たまごはとても身近なものです。
それはひとつの命として生まれ
ときには詩や小説に登場し
うつくしいアートになり
おいしい食べものに変わります。
 
世の中にはたくさんのたまごがあります。
 
そこからひとつずつ
私たちのたまごを見つけ出して
ここに集めました。
 
(扉ページより)

 
 
雑誌「Nee?」は2008年度から、
毎年授業で1年かけてつくっている冊子です。
学生たちで編集部をつくり、
その年の特集をきめ、
取材をし、
原稿をまとめ、
印刷所と交渉をして、
発行するまでをひととおり体験します。
 
どの号も、学生たちが頑張って取り組んできましたが、
今年の出来映えはいままででイチバンではないかと思います。
 
オープンキャンパス等で配布予定ですので、
ぜひご覧ください。
 
140218_02
 
「たまご Nee? vol.6」
 
2014年2月1日 500部発行
発行人:村松美賀子
編集長:德住香奈
副編集長:金祥花
編集:小野智未、加藤馨子、佐賀遥菜、中山顕、西岡春香
デザイン:横山桂穂(情報デザイン学科3年)
Special Thanks:田中鶏卵(京都市)
プリンティングディレクター:築山万里子
印刷:アサヒ精版印刷株式会社
 
 
(文・たけうち)

  • LINEで送る

2014年2月17日  授業風景

はたらく!!

 
昨年度から出版をはじめた「はたらく」の第2号が出来上がりました。
(2号目なので!が増えました)
職業人インタビューというテーマのもと、
学生たちがそれぞれ3人の働くひとたちにインタビューをし、
それを原稿にまとめています。
 
140217_01
 
インタビュー原稿もさることながら、
それぞれが綴った「インタビューを終えて」には、
働くことへの実感のなさや、
あるいは意識の変化など、
等身大の学生の声が詰まっています。
 
人間館1F掲示板前ほか、今後はオープンキャンパスなどでも配布予定ですので、
おなじ大学生の皆さんは、ぜひ読んでください。
 
140217_03

「はたらく!!」
 
2014年1月31日 700部発行
監修:近藤雄生
執筆者:中野悠香、三浦あやか、是永直人、清水皓平、中野千秋、中山顕、二木洋一、森佑樹
編集デザイン:中山顕、鵜飼慶樹、竹内里実
撮影:吉田亮人

 
 
(文・たけうち)

  • LINEで送る

2014年2月15日  授業風景

旅と旅行

 
新元ゼミで制作したフリーペーパー「旅と旅行」が完成しました。
 
140215_01
 
新元ゼミでは、「書いたものをたくさんの人に読んでもらうこと」を大切にしています。
このフリーペーパーも、京都のカフェなどに設置することを念頭に
企画から編集を行なってきました。
 
140215_03
 
角田光代さん、石川直樹さん、小林紀晴さん、近藤雄生さん、とまこさん、といった方々に寄稿いただき、
学生たちも、そこに並んで遜色のない原稿を書くことに取り組んだようです。
入稿ぎりぎりまで悪戦苦闘していましたが、
読み応えのある良い冊子が完成したのではないでしょうか。
 
「旅と旅行」は、進々堂北山店2階のカフェスペースに設置しています。
北山にお越しの際は、ぜひ進々堂さんにお立ち寄りください。
 
 

「Storyville 旅と旅行」
 
2014年2月1日 1000部発行
編集長:大迫知信
編集:植田真衣、辰巳加歩、三浦あやか
デザイン:森本もな実(情報デザイン学科)
執筆者:永江朗(対談)、とまこ、角田光代、近藤雄生、石川直樹、小林紀晴、新元ゼミ学生

 
 
(文・たけうち)

1 2

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。