映画学科

2014年2月

  • LINEで送る

2014年2月28日  イベント

卒業制作展、只今開催中です。(3)

前回予告しました通り、今回は高原校舎の出店をご紹介します。

 

映画学科は今回、がっつりご飯が食べれちゃう「大衆食堂」を展開しています。

店名は「大衆食堂 ここ屋!」

【映画】卒展 出店1

教室の一角を使い、カウンターや壁の装飾など学生たちが自らデザインし、作り上げました。

調理ももちろん学生(4回生)たちのみでおこなっています。

 

お店の主なメニューは、にゅうめん・粕汁・炊き込み御飯・天ぷらとありますが、

お客さんからの意見などを取り入れ、日ごとに改良を加えていますので

行く度に新しい味に出会わせてくれます。

 

調理場を覗いてみましょう。

【映画】卒展 出店2

元々備え付けてあったキッチンや食器棚を活用し、うまい具合に使い勝手の良さそうな調理場に作り替えていました。

 

手前の赤いTシャツの彼は、揚げ物が美味しいと評判の居酒屋にバイトとして働いていたそうで、

そこでの経験が生かされたのか、天ぷらが美味しいと評判です♪

 

又、「ここ屋!」の良さは味だけではありません。

食べるスペースにもちょっとした工夫がされています。

 

【映画】卒展 出店3

 

座りやすい4つ足の椅子からゆったりくつろげる

ソファーといろんな種類の椅子が点在しています。

パイプ椅子など腰が痛くなるものは置いていない

ので、それぞれに合った椅子を選んで座っていた

だけます。

 

又、左側のテレビでは各作品の予告編を常時上映

しています。

 

 

 

【映画】卒展 出店4

 

 

 

 

 

 

 

 

 

普段あまり話す機会のない年配の方や、

私たち教職員などが気兼ねなく学生たちと会話できる

憩いの場となっていたりもします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ではここで、「ここ屋!」オススメのメニューをご紹介します。

【映画】卒展 出店5

 

右側は粕汁にゅうめん、左側は天ぷら(ちくわと椎茸)です。食べかけなのは、ご容赦下さい。

 

では、映画学科の学生にレポートしてもらいましょう。

【映画】卒展 出店 7

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                                                                         【映画】卒展 出店8

 

 

【映画】卒展 出店6

 

 

 

 

 

美味しいとのことです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

卒展も残すところ、あと2日となりました。彼らの学生生活も残りわずかです。

彼らの頑張ってきた4年間の集大成を是非とも観に来て頂けたらと思います。

 

ここで、告知を一つ。

3/2(土)13:00より、映画「るろうに剣心」やNHK大河ドラマ「龍馬伝」を監督された大友啓史監督をお招きし、

トークイベントを行ないます。

もしお時間ございましたら、是非高原校舎までお越し下さい。

 

  • LINEで送る

2014年2月26日  イベント

卒業制作展、只今開催中です。(2)

前回に引き続き、今回は高原校舎での展示内容をご紹介します。

 

高原校舎は、大学の本校舎から少し離れた場所に位置しています。

本校舎から多少距離(歩いて5〜10分程の距離)がありますが、

十分楽しんで頂ける展示内容となっています!

 

まずは外観。

【映画】卒展 高原1

 

 

正面出入口です。

本校舎から東鞍馬口通りを沿って西に下っていくと左手にこの看板が見えてきます。

向かいは保育園なのでとてもわかりやすいです。

 

そして中に入ると・・

【映画】卒展 高原2

 

色とりどりの輪っかのオブジェが鮮やかに飾られています。

案内板には木材で作った人形の顔があるのですが、

どれも表情が少しずつ違うんですよ。

ちなみに、デザインイメージは「ゐゑ」だそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

【映画】卒展 高原3

 

 

 

こちらはインフォメーションカウンターです。→

ここでは、常時学生たちが案内スタッフとして待機しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、いよいよ上映会場に向かいます。

 

一般の上映シアターは、椅子に座って鑑賞するスタイルがほとんどですが、

今回の卒展では椅子を一切使わない「畳に座る」スタイルでご鑑賞頂けます。

【映画】卒展 高原4  【映画】卒展 高原5       【映画】卒展 高原6

胡座等自分に合った体制に鑑賞できますので、無理なく作品に集中することができます。

滅多とない「畳式」鑑賞を是非とも体験してみて下さい!

 

次回は、高原校舎の出店をご紹介します。

 

今しか観れないこのチャンス、是非お見逃しなく!

 

 

 

 

 

 

  • LINEで送る

2014年2月24日  イベント

卒業制作展 只今開催中です。(1)

2/22(土)より卒業制作展を開催しています!

 

映画学科は本学人間館(NA棟)と高原校舎とで展示していますが、

今回は人間館での展示内容をご紹介させていただきます。

 

【映画】卒展1

↑人間館(NA棟)4階 401教室で開催中です。

 

【映画】卒展2

 

ここでは、学生たちの作品をPCで鑑賞いただけるスペースとなっています。

いつでも好きな時間帯に、どの作品からでも鑑賞できますので、

お時間がない方や、1人1台の環境で集中して鑑賞したいという方にオススメです☆

 

【映画】卒展3

 

正面の2面のスクリーンには、各作品の予告編を上映しています。

「どの作品から見れば良いかわからない」「どんな作品があるの?」という方は、

一度こちらを見てからPCで興味のある作品を鑑賞するのがよいかと思います。

 

ちなみに今年の卒業制作作品は、映像作品が9作品、論文・脚本作品が2作品となります。

 

【映画】卒展4     ↑ヘッドホンも完備されていますので、予告編が流れている中でも集中してご鑑賞いただけます。

【映画】卒展7↑脚本・論文の閲覧も可能です。

 

スクリーンでの本編上映は、高原校舎で行なっています。

映画館さながらの上映環境の中で鑑賞したい方は、高原校舎へお越し下さい。

 

次回は、高原校舎の展示内容をご紹介します。

 

みなさま是非お越し下さい!

 

 

  • LINEで送る

2014年2月18日  イベント

『カミハテ商店』上映&トークイベント

2月16日(日)に東京で開催された
「平成25年度 第8回司法書士人権フォーラム」というイベントの中で
 
 地域で支えるいのち、
 いま一人ひとりができること。
 
というテーマのもと、『カミハテ商店』(山本起也監督/2012)が取り上げられました。
 
第1部で映画が上映された後、
第2部では、主演女優の高橋惠子さん、山本起也監督、
本作ではプロデューサーとして参加した高橋伴明監督が登壇され
映画『カミハテ商店』の制作意図や背景について語られました。

『カミハテ商店』が映画学科を飛び出し、幅広い方に興味を持っていただけて嬉しく思います。

 

人権フォーラムチラシ(カミハテ商店)

  • LINEで送る

2014年2月17日  ニュース

黒木華さんが第64回ベルリン国際映画祭で最優秀主演女優賞を受賞!

映画学科俳優コース出身の黒木華(くろき・はる)さんが

第64回ベルリン国際映画祭・コンペティション部門において

出演した山田洋次監督の『小さいおうち』で、

見事に最優秀主演女優賞(銀熊賞)を受賞されました!

黒木華さん、おめでとうございます!!

 

映画学科の学生にとっても、大変大きな刺激となったことでしょう。

今後益々のご活躍をお祈りするとともに、在学生たちにも期待したいと思います。

1 2

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。