通信教育部

2014年3月

  • LINEで送る

2014年3月18日  イベント

3/23 最後の体験授業型説明会@東京(予約不要)

 

 

 

 

3月23日(日)今年度最後の入学説明会となります!!

 

 

 

今回は何と「参加者特典」もあります!!!
(芸術教養学科のみ。詳しくは文末にてご紹介します)

 

 

 

 

 

 

全コースの教員が一同に介して「体験授業&相談」を行います。

 

 

 

ぜひこの機会に、教員と直接お会いし、疑問や不安を解消してください!!!

 

 

 

 

 

 

「入学を考えているけれど、こんなことが不安で・・・」

 

「こんな仕事に役立つ講義はある?」

 

「学び方のイメージが湧かない」などなど…

 

 

 

当日は、みなさんの様々なご質問やご相談にお答えします。

 

 

 

 

 

 

★実施日時・場所★

 

 

3/23(日)12:00~17:00
京都造形芸術大学 東京外苑キャンパス(東京)

http://www.kyoto-art.ac.jp/info/about/access/#tokyo

 

 

 

 

★タイムテーブル★

※途中入退可。お好きな時間にお越しください。

 

 

12:00-12:50 大学全体説明会(1回目)
13:15-14:15 各コース体験授業
14:20-15:00 各コース説明
15:15-16:15 大学全体説明会(2回目)

 

☆12:00-17:00の間、事務局個別相談を実施しています。

 

 

 

 

説明会について詳しくは→http://www.kyoto-art.ac.jp/t/briefing/

 

 

 

illust002illust001_b

 

 

 

~~~~~~~~芸術教養学科・参加特典~~~~~~~~

 

 

 

■芸術教養学科の体験授業について

 

 

体験授業のテーマは、「モノやコトに意味を与えるデザイン」。
芸術教養学科教員の、早川克美が担当します。

 

芸術教養学科では、私たちの生活環境を見直しより豊かに生きる方法を考えるために、デザインについても学んでいきます。

 

 

ここで学ぶ「デザイン」とは、プロフェッショナルな専門家としてではなく、
生活者の視点で、社会や生活におけるコトやモノを様々な角度で見つめ
「モノやコトに意味を与えること」を指します。

 

 

体験授業では、2つのデザイン思考、ユーザー中心主義と、デザイン中心主義について、どちらが正解ということではなく、
どちらも重要な考え方であり批判的にも捉えておく必要があることを前提として解説します。
また、本学科で定義するデザインの実践についても解説できたらと考えています。

 

 

 

 

■参加者特典について(芸術教養学科のみ)

 

 

先着50名に、誰でもデザインの思考法がわかる書籍をプレゼントします!!!

 

芸術教養学科の学びが詰まった書籍です。
この機会に、授業で、書籍で、芸術教養学科のすべてを知ってください。

 

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
『デザインへのまなざし ― 豊かに生きるための思考術』
本学教員早川克美著(2,200 税抜)」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

 

 

 

(投稿者:奥田)

 

 

  • LINEで送る

2014年3月17日  イベント

***通信教育部卒業式***

 

 

3月15日(土)は、通学と通信教育部の卒業式でした!

 

 

 

この卒業式を終えると、毎年一気に春が訪れるような気がします。

 

 

肌寒さのなかにあたたかさを感じるのは、卒業される

みなさんのあたたかい笑顔が溢れているからでしょうか。

 

 

何度経験しても卒業生を送り出すさみしさに慣れることはありませんが、

 

何度経験しても卒業生が旅たつ瞬間はやっぱり感動しますね。

 

 

 

 

 

みなさん、ご卒業おめでとうございます!!

 

 

これからも京都造形芸術大学で培われた芸術の力で、

みなさんの夢や思いを表現していただければ幸いです。

 

 

 

 

 

_17

<卒業式会場入り口の看板>

 

 

 

_18

 

<式典の様子@京都芸術劇場 春秋座>

 

 

 

 

式典を終えて和気藹々と卒業生のみなさんが写真を撮っていたので、

わたしもその輪にお邪魔をして“パシャリ”。

 

 

この日はすこし忙しくしていたのでゆっくり写真を撮る時間がなく、

なんとか3コースだけお写真を撮らせていただくことができました♪

 

 

 

ご協力いただいたみなさん、ありがとうございました。

 

 

 

IMG_0777

<陶芸コースの卒業生>

 

 

 

IMG_0786

<芸術学コースの卒業生>

 

 

 

IMG_0795

<歴史遺産コースの卒業生>

 

 

 

 

 

 

 

(投稿者:奥田)

 

 

  • LINEで送る

2014年3月13日  イベント

『もうひとつの展覧会』

 

 

 

小川つね子さんを偲ぶ

『もうひとつの展覧会―自画像を中心として―』

 

 

日程:平成26年3月9日(日)~3月14日(金)12:00~17:00

場所:京都造形芸術大学 NC棟201教室

 

主催:京都造形芸術大学日本画コース2010年度入学・

2013年度卒業生による実行委員会

 

 

 

*――゚+.――゚+.――゚+.――゚+.――*――゚+.――゚+.――゚+.――

 

 

 

今日は、こちらの展覧会に寄せていただきました♪

 

 

つね子さんは、2010年4月、本学通信教育部日本画コースに入学され、

2013年度に卒業の予定でした。

 

 

すでに日本画技法を一通り習得されていたにもかかわらず、

初心に戻りもう一度基本からやり直したいと本学に入学された頑張り屋さんです。

 

 

すべてに意欲的に取り組まれ、計画通り4年目で卒業制作に着手されました。

 

 

 

しかし、残念ながら志なかばで昨年5月10日に急逝され、

卒業制作は完成されることはありませんでした。

 

 

 

生前、つね子さんのお人柄や向学心にふれて刺激を受けられた

2010年度入学および2013年度卒業の同期生が実行委員会をつくり、

 

この小作品展示を企画され、このたび開催されることになりました。

 

 

 

 

こちらの展覧会では、つね子さんの遺作を真ん中に、

実行委員会のみなさんの課題作品である自画像も持ち寄られています。

 

今日は偶然にも、ご家族にもお会いすることができてとても嬉しかったです。

 

 

 

 

会場は、つね子さんのお人柄を表現するかのような作品と、

 

ご一緒に学ばれていた学生のみなさんの笑い声が溢れ、

 

とてもあたたかな雰囲気で包まれていました。

 

 

 

 

 

学生さんたちのつよい繋がりと通信教育部でまなぶことの意味を

今日改めて感じ取ることができました。

 

みなさん、ありがとうございました。

 

 

 

 

今回写真も撮らせていただきましたので掲載いたしますが、

 

ぜひ通信教育部卒業・修了制作展とともに足をお運びいただき、

作品や学生さんたちのつながりの深さを見て感じ取っていただけますと幸いです。

 

 

 

_11

【会場(NC棟)入り口】

 

 

 

_16

【『凛』小川つね子】

 

 

 

_12

【『天井画.牡丹』小川つね子】

 

 

 

_14

【会場の一角(団欒のスペースもあります)】

 

 

 

_13

【『戸隠』小川つね子】

 

私の一番のお気に入りの作品です♪

うまく写真を撮れませんでしたが、

色と構図にとても惹きつけられました。

 

 

 

_15

 

【通称キクチオーナー】

 

会場でとても美味しいコーヒーをいれていただきました♪ごちそうさまでした!

 

 

 

 

関係者のみなさま、撮影および取材にご協力いただき、誠にありがとうございました。

 

 

 

 

(投稿者:奥田)

 

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。