美術工芸学科

2014年3月

  • LINEで送る

2014年3月27日  イベント

【美術工芸学科】なんだ。あの巨大な奴!春の顔見世展はじまりました!

 

「なんか変な物体が天井にぶつかっています!なんですか?あれ?」

みんな大慌てです。

 

高さ9mもある、巨大な物体が今、ギャルリオーヴを占領しています。

しかも肌色。鳥なのか、なんなのか。なんなんだ。あれは。

とにかく、すげー。

 

搬入のギャルリオーブはお祭りさわぎ!

 

 

 

▲ 名前はMammalian♡

その傍らには名和晃平先生のTrans-Yujin(Spine)#3!★

 

 

 

▲ 居場所を取られたトラやん。めっちゃ、怒ってます。

 

 

 

 

▲ トラやんFamily 大集結です。トラやん vs  Mammalianなるか?

 

 

 

▲ 日本画、菅原先生の作品も超巨大。10m越え。

 

IMG_1707

▲搬入もハラハラドキドキでした。

 

 

 

▲ 八幡先生搬入。

 

 

▲ 走るアシスタント菊間。

 

 

 

▲ 野田先生の真黄色の世界。

 

 

 

▲ 仁尾先生の完璧なる展示。

 

春の顔見見せ5

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▲八木先生!あぶなーい!!!

 

 

▲ 会場入り口 右側には大庭先生の作品。

昨年、大学院プロジェクトで公開制作されたときの映像も。必見!

 

 

 

▲ 会場風景1

 

 

▲ 会場風景2

 

 

▲会場風景3

会場の一番奥には油画の作品がずらり。

一言で「油画」といっても表現は多種多様。じっくり違いを味わってください!!

ちなみに、手前(右)にあるのは山河全先生の作品。“ウラ側”ものぞけます♪

 

 

自分達がよく知っている先生方の作品が全員見れる、すごく贅沢な展覧会!

毎日出会っているだけあって、驚きも喜びも親近感もいつもより何倍も大きく感じます。

 

高校生のみなさんはこれから、こんなパワフルな先生方に

出会うことができるのです。十分そのパワーが感じられる

展覧会になっています。

 

丁度、桜が咲く良い季節です。お花見がてら、是非展覧会に足をお運び下さい。

 

 

———————————————————————————————————

 

美術工芸学科 瓜生山 春の顔見世展

会期:2014年3月27日(木)〜2014年4月23日(水)まで

場所:京都造 形芸術大学 人間館1階 ギャルリ•オーヴ

時間:11:00〜18:00まで(日曜休廊)

※4月13日(日)のみ開廊

◯ オープニングレセプション

日時:3月29日(土)17:00 〜

場所:京都造形芸術大学 人間館1階 ギャルリ•オーヴ吹 き 抜け

学生さんも是非ご参加下さい。

 

 

 

 

 

  • LINEで送る

2014年3月13日  イベント

【日本画】模写クラス制作展~明日が最終日!~

日本画コース、模写クラスから駆け込みで告知が参りました!
卒業制作展に展示された日本画コース・模写クラスの模写研究作品が再び一同に会しております。
明日最終日には、出品者によるギャラリートークがありますので
お近くのかた、まだご覧になってないみなさま、卒業制作展を見逃してしまったかた、ぜひお越しください。

 

 

「倣古(ほうこ) ~春の芽吹き日本画展~」倣古 春の芽吹き日本画展

京都造形芸術大学・日本画コース模写クラス4回生8名による展覧会となります。
四年間の集大成である卒業制作作品を、掛け軸・額装・絵巻物といった形に仕上げ、
落ち着いた和空間で展示しております。
出品者一同は、3回生から模写クラスを選択し、
古画の模写研究を通して伝統的画法や素材について各々学んでまいりました。
本展覧会では、作品展示以外に、普段模写制作で使用する画材や、
伝統技法「截金(きりかね)」の専用ブースも設けております。
模写作品を通して、日本美術に欠かすことのできない「温故知新」という言葉の意味を、
感じていただけましたら幸いです。

 

【会場】

京都府立文化芸術会館 3階 和室

http://www.bungei.jp/index.shtml

【アクセス】

・市バス「京都府立医大病院前」下車すぐ

・京阪電車「出町柳」「神宮丸太町」より徒歩約12分

 

【会期】

2014年3月9日~14日(金)

10:00~18:00(最終日は17:00までとなっております)

 

★最終日、14日(金)は、13時から出品者によるギャラリートークがございます。

 

SONY DSCSONY DSC

 

  • LINEで送る

2014年3月10日  ニュース

グループ展「navy 書×日本画」のご案内

navy裏

 

 

 

「navy 書×日本画」

2014.3.19 (水) – 3.23 (日)

 

11:00 – 18:00

※最終日のみ16:00まで

ギャラリー 空・鍵屋
乾榮里子
北村友理
西谷花穂
松野木望会

 

 

 

 

京都造形芸術大学日本画コース3年生(次期4年生)4人組が、大阪教育大学の書道4名と行う展覧会です。
「くずきり」で有名な京菓子のお店「鍵善良房(かぎぜんよしふさ)」さんのギャラリーです。
京町屋のやわらかい雰囲気を楽しみに、お立ち寄りください。

お待ちしております。

 

 

 

 

 

 

 

navy表

 

 

  • LINEで送る

2014年3月4日  イベント

【今期最終回★BUKATSU】赤い晩餐会

梅の花も咲き始め、すっかり春の香りがただよう3月1日。

 

大盛況の「卒業展」のさなかに

 

おなじく大盛況の「BUKATSU」今期最終回「晩餐会」

 

美術工芸学科研究室で開催されました!

晩餐会ということで、一同気合をいれて準備。

 

 

 

みてください!この愛のあるセッティング。

 

 

IMG_8136

 

今年度美術工芸はたくさんパーティーをやりましたので、、

 

クオリティがあがってきたような気もします!

DSC_5279

 

 

晩餐会では「赤い部屋」にちなんで、赤いものを身につけてきてくださいと

お知らせをしていました。

 

赤い服やアクセサリー、ぬいぐるみ持参など、、 赤をまとって

みなさん参加してくださいました★

 

 

bansankai4_

最初は乾杯をして、しばし歓談。

 日本画の山田先生や、油画の奥田先生、コースの副手さんなども

参加して、にぎやかな雰囲気。

 

 

今までのBUKASTUで作った作品の中で、感想もふくめて、

お気に入りの作品を紹介しあいます。

 DSC_5398

 

 今回は最終回ということで、特別ゲスト、濱田英明先生にお越しいたきました。

 

今、巷で話題のライフスタイルマガジン、「KINFOLK MAGAGINE」の写真を

撮影したカメラマンさんです。(知らない人は絶対チェック!!)

 

 

濱田先生による、ワークショップのはじまりです。

 さきほどのプレゼンを聞いて、参加メンバーの作った作品の写真撮影をおこないます。

まずは、お互いと知るところから、ということで、

ペアになり、コミュニケーションをとりながら撮影会のはじまり~

 

IMG_8122

持ち寄ったデジカメやスマートフォンで撮影です!

 

懐かしい作品たち、、

アルミスプーン、バターナイフ、ランチョンマット。

DSC_5327

DSC_5446

この日、BUKATSUメニューの中のひとつ、「ひととき、器づくり」の作品も

無事本焼きを終えて、参加者のみなさんは作品と初対面でした。

カップ&ソーサー、焼き上がりは如何でしたか??

 

 

IMG_8124

撮影が終わったら、写真のデータをPCに集合させます。

 

 

IMG_8131

 研究室のモニタで、一人ひとりの作品を映し出して合評会。

人の作品を撮影して、また自分の作品を撮影されての感想を述べ合いました。

 

みなさん、被写体に対して自分が魅力的だと思ったところを、意図して撮影されていました。

第三者から自分の作品を撮影されることで、

意外な発見もあったのではないでしょうか?

 

最初はほんとうに心配になるほど緊張気味だったみなさんの距離が

いつのまにかニックネームもついてしまうほど、、撮影を通して縮まっていました!!

 

濱田さん、楽しいワークショップをありがとうございました★

 

 

さて、今回で最終回をむかえた「BUKASTU」、、ですが、

ほんとうに大好評で、またやって欲しい!こんなことがやりたい!という声も

たくさんあがっております。

 

そのご期待に答えて、現在、シーズン2のメニューを考えています。

ご期待ください。 春の訪れとともに発表したいと思います♪

 

 

美術工芸学科 細井

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • LINEで送る

2014年3月3日  ニュース

【お知らせ】いよいよ!!!!野村春花の個展がはじまります!

やーと、この日がやって来たといった気持ちでしょうか?

待ちに待った。野村春花かばん展!が京都一乗寺、恵文社にていよいよ明日からオープン致します。

かばん完璧!

タグも完璧!

値段札も完璧!

冊子も完璧!

作業場を訪れてはのぞき見していた私(笑)

やっと、全てお披露目ということで、とても楽しみにしております。

とても、人気のかばんたちです。

初日にいかれることをおすすめ致します。

 

初個展 野村春花かばん展
Nomura Haruka bags works exhibition「haru nomura」

場所 恵文社一乗寺店 ギャラリーアンフェール

日時 2014年3月4日(火曜日)  3月10日(月曜日)10:00~22:00 最終日は18時まで

草木が眠りから醒め、春の花を咲かせはじめる3月、京都・恵文社で野村春花の初個展を開催します。
草木でじっくり手染めした、一点物のかばんたちがお店いっぱいに並びます。
じわじわと濃くなってゆく柿渋の色、くたくたと褪せていく植物の色。
月日と共に移ろいながら、暮らしの中で育っていくかばんです。
たくさんのかばんたちと一緒に、みなさまのお越しをお待ちしております。

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。