プロダクトデザイン学科

2014年3月

  • LINEで送る

2014年3月3日  イベント

「続・物からモノへ」展

プロダクトデザイン学科上林壮一郎准教授が参加する、「続・物からモノへ」展が京都で開催されます。
サブタイトルは「うつしとうつわ」。

3/2-3/8で京都は大徳寺北の遊狐草舎という町屋のギャラリーで開催されています。

今回は、JVCケンウッド・デザインさんの協力で、森の音をライブ配信するForestNotesというサービスを利用した森の音を聴くためのスピーカーをデザインし、プロトタイプも製作しました。

森の声を都会にうつすための楽器のようなうつわというのがコンセプト。

フォルムとしても、鳥の巣箱の形からウクレレの形にうつりゆくグラデーションの途中の姿にしています。巣箱のようなウクレレのような。グラデーションについては2012年度のモノ学・感覚価値研究会の年報に寄稿しました。

うつるというのは、興味深く重要な概念です。特に日本文化にとっては。

この一連の展覧会は今回で4回目です。京都は学者とのコラボが多く、またそれらの展覧会も通常の展覧会と違って、コンセプトを大変深くかつ幅広く丁寧に掘り下げて行く展覧会です。

今回は日文研の稲賀先生の研究の一環として行われているものです。

また、3/18-23で東京で開催される、JVCケンウッド・デザインの「感性の森Ⅱ展」ともコンセプトやForestNotesのシステムやデバイスを利用している点で関連しており、そちらにはプロダクトデザイン学科の学生と共に出展予定です。

宮崎県諸塚村などの森のライブ音を聴きにきてください。

他にも多様な作家や研究者が参加しています。
<展覧会>
名称:続・物からモノへ ~うつし と うつわ~
日時:3月2日~3月8日 12:00~18:00
※オープニングパーティ 3月1日18:00頃~
場所:遊狐草舎(京都市北区紫竹西南町17-3 今宮大徳寺西入る)
http://www.kyotodeasobo.com/art/search/gallery/yukososha#.Uw6slF5dHtI
出品作家:入江早耶(消しカスアート)、大西宏志(映像)、大舩真言(絵画)
岡本光博(美術)、上林壮一郎(プロダクトデザイン)、近藤髙弘(造形美術)
渡邊淳司+丸谷和史+様森永さよ(知覚研究・設計)

 

京都造形芸術大学 プロダクトデザイン学科運営HPはこちら

 

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。