空間演出デザイン学科

2014年3月

  • LINEで送る

2014年3月31日  イベント

2013年度もお世話になりました。

 

3月15日、卒業式が終わり

研究室では春の準備が始まっています!

 

2013年度はみなさんお世話になりました。

2014年度も空間演出デザイン学科をよろしくお願い致します。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

さて、大変遅くなりましたが2013年度卒業制作展のご報告を少しさせて頂きます。

空間演出デザイン学科は体育館での展示が2013度で三年目でしたが

今年度は雰囲気をガラっと変え、単管を組んで全体構成を行いました。

 

作品講評会ではゲストにナガオカケンメイ先生をお招きして

ナガオカ先生のお話をふまえつつ作品の講評を行いました。

今回、講評会にはナガオカ先生の取材でNHKの「デザイントークス」とゆう

海外向け番組の取材班の方が同伴されていました。

ナガオカ先生は学生の卒制を大変おもしろがって見ておられ、評価していただきましたが

NHKの方にも「想像を超えるおもしろさ」と評してもらい、時間をかけて撮影をして帰られました。

そしてデザイントークスには少しですが学生の作品が放送されていました!!

こうして第三者の方に見て頂き評価を得られることは学生にとっても

研究室にとっても、とても嬉しいことです。
空デの卒制の挑戦が新しい地平を切り開いていることに評価を頂いたのだと思います。

ありがとうございました。

 

 

卒業制作展の会場風景とナガオカ先生の講評会の様子を少しですが載せておきます。

 

KU2_0069KU2_0058KU2_0078

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ナガオカ先生

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。