舞台芸術学科

2014年4月

  • LINEで送る

2014年4月25日  学生紹介

自主企画公演Revo「人間と動物」本日から小屋入りしております!

Dance  Project  Revo『人間と動物』
.
本日から小屋入りしております。

▲朝早くから集まるメンバー。やる気満々です。

▲朝早くから集まるメンバー。やる気満々です。

午前はダンサーはまず衣装を着てからの通し稽古を。

スタッフは公演の進行を最終確認をして、午後からはいざ仕込みに入りました。

 

▲照明のフォーカス合わせ中。

▲照明のフォーカス合わせ中。

▲衣裳のお手伝いをするダンサーさん。

▲衣裳のお手伝いをするダンサーさん。

▲看板のデザインを真剣に考え中。

▲看板のデザインを真剣に考え中。

着々と同時進行で出来上がっています。
どんな風に完成するのかドキドキです!
.
.
いよいよ今週末から始まります。
詳細は下記をご参照下さい。
.
.
.
.
Revo『人間と動物』
.
待望の単独公演。
結成2周年を記念して過去上演作品(2011-2014)を一挙大公開。
「人間=動物」をテーマにRevo特有のコンセプチュアルスキルで作品を再構築。
決して”ダンス”から遠ざけない”芸術作品”をお届け致します。
.
【振付・構成・演出】
田村興一郎
.
【出演】
石井歩/岡本唯/河井朗/川村里奈/北野咲絵/近藤千紘/瀬戸沙門/

田村興一郎/原田佳名子/藤井さち/松井壮大/松尾杏樹/室田敬介
.
【スタッフ】
演出•振付助手:西村咲郁
美術:濱田真輝
音響:山形郁奈
照明:吉津果美
照明助手:高野奈月
映像:吉住美紗
衣裳:山本奈々子
舞台監督:島田愛弓
制作:福田沙季
宣伝美術:久保田紗也加/小松友/長嶺慶治郎/福田沙季
協力:香川由梨子/供田淑乃/宮崎麻希/村上綾音/堀本達也/ルサンチカ
.
【日時】
2014年4月27日(日)18:00(←満員御礼!)
4月28日(月)14:00
.
*開場は開演の20分前。
*上演時間は約100分(途中休憩10分を含む)を予定。
.
【入場料】
前売り500円/当日700円
.
【会場】
京都芸術劇場  studio21(京都造形芸術大学内)
.
〒606-8271
京都府京都市左京区北白川瓜生山2-116
http://www.kyoto-art.ac.jp/info/about/access/
.
駐車場は御座いませんので、お車•バイクでのご来場はご遠慮下さい。
.
【ご予約/お問い合わせ先】
revo_bestfriend@yahoo.co.jp
090-1190-1673(制作 フクダ)
.
メールでのご予約の際は、
.
件名:Revo人間と動物予約
本文:1)お名前(ふりがな)  2)日時  3)人数  4)電話番号(代表者)
.
以上の内容を記入の上、ご連絡ください。こちらの返信を以って、ご予約完了となります。
.
.
.
27日はご好評につき満員御礼となっております。誠に有難うございます!!
28日はまだ多少お席に余裕がございますので、ご予約がまだお済みでない方はお早めにご予約くださいませ。
.
ご来場心よりお待ちしております!
.
.
Revo一同

  • LINEで送る

2014年4月24日  ニュース

《ぶげまる14’》第2弾公開!!!

「昼間は夏の様な暖かさですね。第1弾を公開して間もないですが、

2014年度も舞台芸術学科の授業発表公演を1ヶ月限定でまるまる見せちゃおう企画」

略して

《ぶげまる14’(フォーティーン)》

 

第2弾公開です。

.

今回は

2013年度卒業制作公演において、

学長賞を取った片山将磨くん演出/出演の

ZANGE『オセロー』

(2013年11月9〜11日 @悠悠館3階 Y31)

です。

(公開期間5月25日まで)

————————————————————————

目が耳が鼻が顔が手が足が体が心が魂が
いくつあるならわかるでしょうか。
どうしようもないしがらみに一人。
我、自分自身の奴隷。我、自分自身の主人。
「オセロー」を一人芝居で立ち上げます。

(公演チラシより)

————————————————————————

また、《ぶげまる14’》第1弾の
『ラディカル・パーティー』

5月11日まで公開していますので、
お見逃しのないように!!

[GALLERY]はこちら

  • LINEで送る

2014年4月24日  日常風景

舞台デザインコースが集まって、楽心荘で花見しましたー

舞台芸術学科の舞台デザインコースは

音響・照明・舞台などのデザイナー志望の学生や

舞台監督や舞台衣裳制作志望の学生など

舞台芸術のデザイン・またはスタッフワークに興味がある学生が集まるコースです。

 

2.3回生で行う授業発表公演や4回生の卒業制作では、

舞台デザインコースの学生が綿密な打合せを行い、話し合い、助け合い、舞台を進行させます。スケジュール管理、舞台デザイン、音響の素材集め、キッカケあわせなどなど、演技・演出コース中心の出演者たちが行う作業(台詞を覚えたり、ダンスを創作したり)とはまた別の作業を担うのが舞台デザインコースの学生たちです。みんなで協力しないと、舞台の上演が立ち行きません。つまり舞台デザインコースの学生たちのチームワークの良さが、作品上演成功に不可欠です。

 

そこで!

普段から交流を計ろうと、

毎年、花見の季節には、京都市内が一望できる

楽心荘(お能が出来るナイスな教室です)の周りの桜(松しか写真に写ってませんけど・・・)を肴に

お茶やら清涼飲料水やら、お菓子を食べる花見会が行われます。

 

今年の仕切りは、5期生の4回生(通称:HAPPY5)です。

一人ひとりの自己紹介や、上回生の身を切る恋愛暴露話で盛り上がりながらも、

夕方から夜になるとき、桜はどのように色を変化させるのか、

夜の街からはどんな音が聞えるのか、学生たちは感性を研ぎ澄ませていました。

 

入学したばかりの多数の新入生やデザインコースの担当教員も参加して、すばらしいチームワークを身に付けることを誓い合ったのでした。

 

夕方ぞくぞく集合舞台デザインコースで花見舞台デザインコース花見

  • LINEで送る

2014年4月14日  学生紹介

自主企画公演Massachusetts live:2「バツグンのコントロール」終了しました!ので、ご報告。

こんにちは!
そして新入生の皆さん、ご入学おめでとうございます!
スーパーコントユニット Massachusetts、主宰の木之瀬雅貴です。
 .
大変遅くなりましたが、先々週末、
Live:2『バツグンのコントロール』が無事千秋楽を迎えることができました!
たくさんのご来場、まことにありがとうございました!
 image-4
今回のライブはいかがでしたか?
前回(Live:1『Nippon no hito』2013年4月、studio21にて上演)が
割と記号的なコントが多かったので、
今回は「本人性」に着目し、配役が適材適所となるようにかなり試行錯誤しました。
本当に取っ替え引っ替え。
ほぼ全てのコントが、最初の時点とは違う配役になってます。
変更しなかったのは、最後のコント(「友情、努力、勝利」)くらい。
そんなこと言っても、結局は面白ければいいわけで。
でも、じゃあその「結局面白い」はどこか?をいちいち探すのが、我々のやり方だったりします。
楽しんでいただけましたか?バカな人たちだなあと思っていただけたら幸いです。
 .
 .
 .
また、前回に引き続き、情報デザイン学科の塚川さんが、
かっこいいオープニングとエンディングの映像を作ってくれました!なんと、我々がアニメに!
YouTubeに上がっていますので、ライブに来れなかった方は、ぜひ!
 ピクチャ 1
そして続報!
京都は烏丸高辻にあるKAIKAという劇場で行われる『gateユース』というイベントがありまして、
そこにMassachusetts初の外部出演をします!
関西の若手演劇集団に挟まれる学生コントグループ!
荒波に飲まれるか、はたまた領地を広げるのか!
詳細はこちら!
我々の演目名は『マサチューセッツの開花宣言』!
是非お越しください!
 .
 .
 .
長くなりました。
最後まで読んで頂き、ありがとうございます!
またgateユースでお会いしましょう。

.
木之瀬雅貴

image-5

image-6

  • LINEで送る

2014年4月11日  ニュース

《ぶげまる14’》第1弾公開!!!

「新学期も始まりました!みなさんいかがお過ごしですか?

2014年度も舞台芸術学科の授業発表公演を1ヶ月限定でまるまる見せちゃおう企画」

略して

《ぶげまる14’(フォーティーン)》

 

第1弾公開です。

.

今回は

2013年度卒業制作公演において、

学長賞を取った片山将磨くん出演、

瓜生山賞を取ったギルヘジンさん照明の

KAMELLEON・V7「ラディカル・パーティー」

(2014年1月12〜13日 @春秋座)

です。

(公開期間5月11日まで)

————————————————————————

誰もがみんな放浪者。自分の行く道を探してる。
本当は何も見えてない。それでもぼくらはがむしゃらに。
待ってたってやってこない、待ってるだけじゃ意味がない!
未来へ踏み出す、はじめのはじめの第一歩!
.
いつだって始まりは終わりで、終わりは始まり。
それでもいつかの終わりから始まりは
これまでのそれを、大きく超えていきますように。

(公演チラシより)

————————————————————————

ちなみに

学長賞=最優秀賞

瓜生山賞=優秀賞

といったところでしょうか。

それでは本年度もよろしくお願いいたします。

[GALLERY]はこちら

1 2

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。