環境デザイン学科

2014年4月

  • LINEで送る

2014年4月27日  ニュース

環境デザイン学科を訪ねて下さった皆様へ

今日のオープンキャンパスでは環境デザイン学科を訪ねて下さってありがとうございました。

本学科での学びについて皆さんと楽しく、有意義なお話ができて良かったです。

マイクロランドスケープも盛況でした。小さな樹木やコケ達をかわいがってやって下さい。

「樹木体操」・・・実は本邦初公開だったのですよ。本学科の学生達が考案してくれたものです。

次回もバージョンアップして、あっと驚くかもしれませんよ。お楽しみに。

一日を終わって松麟館に戻ってくると、今日の晴天でテラスの花々が一気に開き始めていました。

皆様とまたお目にかかれますことを、教員、スタッフ一同楽しみにしています。

(河合健)

ヤマブキ

ヤマブキ

コデマリ

コデマリ

手前からヒラドツツジ・クルメツツジ・キリシマツツジ

手前からヒラドツツジ・クルメツツジ・キリシマツツジ

 

 

 

  • LINEで送る

2014年4月24日  授業風景

【環境デザイン学科】環境デザイン特講Ⅳで吉野山登山をしました。

登山開始(下千本)

登山開始(下千本)

下千本の俯瞰景

下千本の俯瞰景

下千本を俯瞰しながら、吉野山全体の景観構造についての解説を聞く。

下千本を俯瞰しながら、吉野山全体の景観構造についての解説を聞く。

桜の満開時期だったので、参道は大賑わいでした。

桜の満開時期だったので、参道は大賑わいでした。

日本で3番目に大きい木造古建築である蔵王堂の前で、記念撮影。

日本で3番目に大きい木造古建築である蔵王堂の前で、記念撮影。

吉野林業を紹介する施設に立ち寄り、木材に関する解説を聞く。

吉野林業を紹介する施設に立ち寄り、木材に関する解説を聞く。

大和三名園の一つである竹林院群芳園を見学。

大和三名園の一つである竹林院群芳園を見学。

吉水院境内の一目千本から中千本〜上千本を仰望する。今年はちょうど見頃でした。

吉水院境内の一目千本から中千本〜上千本を仰望する。今年はちょうど見頃でした。

世尊寺跡(花矢倉)からの俯瞰景。

世尊寺跡(花矢倉)からの俯瞰景。

金峯神社に到達して記念撮影。

金峯神社に到達して記念撮影。

奥千本の桜は、未だ蕾でした。

奥千本の桜は、未だ蕾でした。

清水を呑んで、一休み。

清水を呑んで、一休み。

  • LINEで送る

2014年4月22日  授業風景

環境デザイン特講Ⅲ:「長江家住宅」と「角屋」の見学に行きました。

今年度から始まった新規授業の一つです。京都でしか見ることのできない伝統的な空間を見学します。4月20日の第1回目は「長江家住宅」と「角屋」を見学しました。詳しくは環境デザイン学科GALLERY(授業風景)をご覧ください。

 

角屋奥座敷の庭と枝垂桜

角屋奥座敷の庭と枝垂桜

 

 

 

  • LINEで送る

2014年4月1日  日常風景

ヒュウガミズキが満開です。

環境デザイン学科とプロダクトデザイン学科のある松麟館では、サクラの花はもちろん、満開のヒュウガミズキとともに新入生を歓迎します!

ヒュウガミズキ@松麟館

ヒュウガミズキ@松麟館

コース・分野を選択してください

LINK

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。