美術工芸学科

2014年5月

  • LINEで送る

2014年5月30日  ニュース

【染テキ】大漁旗を染める!!!

5月21日(水)

 

3年生大漁旗を染める授業!

本年度のプロダクト演習の1つは、明石の染め職人 黒川先生をお招きして大漁旗を制作しました。

期間は前期前半、4/9〜5/28

 

写真

 

よし!はじめ!という事で初日。

 

大漁旗ってご存知でしょうか?

漁に出た漁船が大漁で帰港するとき、船の上で掲げる風習があります。

今でも明石では大漁だった時、旗を掲げて船が帰ってくるそう。

いやぁ〜。いいなぁ〜。そういう光景。

ひらひらなびく、大漁旗を是非、見てみたい。

 

 

 

 

 

_MG_9049

大漁旗のデザインは縁起をかつぐモノが多く、

旗もと(旗を作っている工場)それぞれに違いがあるようで、

鯛、船、日の出、波のアイコンは同じでも、「うちはこの形の鯛」とかいう

こだわりがあるようです!

 

_MG_8358

 

 

今回のテーマは「祝い」

自分をお祝いする旗を制作します。

おめでたい!モチーフを自分で調べ、構成していきます。

みんな、どんな思いで作ったのでしょうか?

 

下絵を布にうつし、糊を作ります。

 

 

_MG_8615

 

 

線の太さは、この糊の堅さで決まります。

紙の筒の中にいれて、絞って線を描いていきます。

生クリームをケーキの上にデコレーションする感じなのかな?

と思ったのですが…。

 

そんな、甘くはなかった…。

 

 

_MG_8545

 

 

まずは、プロのお手本。

よく見て覚える。

 

 

_MG_8629

 

そして、チャレンジ。

やっぱり糊置きが難しくて、始めは綺麗な線が描けたと思っても、

時間がたつと、じわぁ〜と広がって来てしまったり…。

先生は、その日の湿度で糊の堅さを決めるんだそうです。

プロです。

 

 

 

 

_MG_8800

 

色さしの日

 

糊置きがしっかりしていたらうまく行くけれど…

細すぎると色が入って来たりもするので、やっぱり全部がうまくいってないと、

どこかで、失敗してしまう。

うーん。修行が必要ですね。

 

 

 

_MG_8823

 

 

グレーの色が特に難しいらしく、グレーはいろいろな色が混じった色なので、

色さしをした時に色が喧嘩したり、「我先に」と一色だけが入り込んで来たり。

 

 

 

IMG_1413

 

色付け、時間との戦い。

明日は合評、頑張って完成させなきゃ!

 

 

_MG_8948

 

 

さて、合評日当日。

出来上がった旗にアイロンをかけて、仕上げまで気を抜きません!

 

 

 

_MG_8957

 

 

こちらは、布のつなぎ目をほどいている作業。

本当の布を切らないように慎重に。

 

 

 

_MG_8975

 

出来上がった作品を壁にはって、合評の準備をします。

 

 

 

_MG_9053

 

では、合評のはじまり。

自分が作った旗のコンセプト、デザインや色にどういう意味があるのか、

どんなところがうまく行って、どんなところに失敗してしまったのか、

それぞれ、発表していきます。

 

_MG_9039

 

先生からも問いかけが来たり、それに答えたり。

 

 

 

 

_MG_9052

 

それをこっそり、後ろから見る梅崎先生。

大漁旗が気になっているご様子です。

 

 

_MG_9126 _MG_9130 _MG_9137 _MG_9145 _MG_9155 _MG_9159

 

 

今回、仕上がった6枚の大漁旗。

NC棟前に是非ともひらめかせたいなぁ〜。

かっこいいです!

 

 

 

 

 

  • LINEで送る

2014年5月30日  ニュース

【油画】ドローイング! @ギャルリ・オーブ

5/29(木)、3年生の講評会がありました。場所は、大学内ギャルリ・オーブの階段!

 

▼現在、オーブの階段では油画コース3年生の作品を展示しています。

3年生になって初めて描いたドローイングを壁いっぱいに展示。

_DSC3807 _DSC3808    _DSC3844

今回、普段は3年生を担当していない先生方も講評会に参加して下さいました。

▼木村克朗教授。

_DSC3851

 

▼こちらは、奥田輝芳教授。

_DSC3816

 

 

▼展示作品の前で、みんな真剣な眼差しです。。

_DSC3823

 

 

▼階段の上から下まで人がずらり。

あちこちから、先生と学生の会話や学生同士の熱心な議論が聞こえてきました。

_DSC3856

 

_DSC3830

 

***油画コースの階段展示は6/12(木)まで。会期中はいつでも自由にご覧いただけます。***

 

  • LINEで送る

2014年5月30日  ニュース

【油画】展覧会シーズン突入!!

こんにちは。油画コースです。

またまた、今日も展覧会のお知らせです。

油画コースは1年中、卒業生や在学生や先生方がどこかで展示をしているんですが、この次期は本当に多い!!

今週も来週も、その次の週も、いろんなギャラリーで作品を見る事が出来ますよ~

 

どんどんお知らせしていくので、是非、足を運んでみて下さい。

ギャラリー巡り、して下さいね♪

 

KINEAESTHETIC

大学院修士課程の修了生、佐薙真由さんの個展です。

ギャラリーモーニングにて  HP* http://gallerymorningkyoto.com/

6/3(火)~6/8(日) 12:00-19:00  ※最終日は17:00まで

 

 

Breeze 2014

 

 

奥田輝芳教授が出品されています。グループ展です。

ギャラリーa にて   HP* http://www.gallery-a.jp/

6/10(火)~6/22(日) 12:00-19:00  ※月曜休廊、最終日は18:00まで

 

第5回 しがの風展

木村克朗教授、奥田輝芳教授、洋画コース卒業生の篠原涼子さん、山岡明日香さんが出品されています。

(篠原さんと山岡さんは昨年度まで、油画コースで非常勤講師をされていました。)

大津市歴史博物館 2F企画展示室A にて

交通アクセス* http://www.rekihaku.otsu.shiga.jp/access/index.html

6/10(火)~6/18(水) 9:00-17:00

※月曜休館、初日は13:00から、最終日は16:00まで

  • LINEで送る

2014年5月29日  ニュース

【染テキ】ニョキニョキハンドフックと糸つむぎ

5月29日(木)

本日の1年生織クラス

今日は糸紡ぎ班、ハンドフック班に分かれて制作を続けています。

 

IMG_1545

大きな木枠に布を張り、ハンドフックマシーンで糸を刺していきます。

 

【余談】

裏と表の会話がとてもオモシロい。

見えない壁の向こうの話を実は、反対側で聞いていて、

こっそり、クスクス笑っていました♡

 

この時の話は「バイトの話」

気になるところだね!

 

IMG_1549

これがハンドフックマシーンです。

マットを作るときに使う道具です。

 

IMG_1542

くるくるハンドルをデザインした上で回していくと…

 

IMG_1591

裏側からループした糸がニョキニョキ出て来てきます。

 

 そして、

 

 

こちらは糸紡ぎ隊!

 

IMG_1557

昨日学んだ、一番シンプルな道具で紡ぐ、糸。

 

IMG_1559

こちらは糸車を使って紡ぐ練習をしています。

リズムにのれると、すごく早く糸を紡ぐ事が出来ますよ!

 

 

IMG_1553

頑張りまーす!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • LINEで送る

2014年5月29日  ニュース

【日本画】1年生 剥製&レリーフデッサン

こんにちは!

日本画コースです。

 

暑い日がつづきますね…

こう暑いと膠が腐りやすいので困ったものです…

 

 

暑いのはさておき、今一年生はちょっと変わったデッサンをしています。

モチーフは石膏レリーフと剥製。

 

教室入ってすぐにこの大きい剥製があるのでインパクト大です!

 

 

モチーフ自体はそう珍しいものでもありませんが…

紙が白ではなく最初からグレーの紙なのです!

 

 

 

 

 

グレーの紙に描くことは受験のデッサンをしていたりするとあまりない事なので、

白を使って描きおこしていく作業に学生たちは試行錯誤を重ねているようでした!

 

 

合評が楽しみですね!

暑さに負けずがんばってほしいと思います。

 

 

1 2 3 6

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。