プロダクトデザイン学科

2014年5月

  • LINEで送る

2014年5月28日  ニュース

『ソーシャルデザインの教科書』 村田智明 著 発売中!

持続可能性を追求した式年遷宮

5月12日(月)に大学院教授であるムラタチアキ先生の著書『ソーシャルデザインの教科書』が出版されました!

 

サステナブル(持続可能)な社会をつくるために、今わたしたちは何をすべきなのか。

さまざまなフィールドから、デザインマインドを持つ実践者の事例を読み書き、展望を描く一冊です。

 

また、本書の中では本学大学院SDI(ソーシャルデザインデザインインスティチュート)にも触れられており、今年3月に大学院を修了した学生の修了制作の一部も紹介されています!

 

是非一度、手にとって読んでみてください!

 

——————————————

■著書概要

『ソーシャルデザインの教科書』

村田智明 著

価格:(本体2000円+税)

発行:生産性出版

出版日:2014年05月12日(月)

URL:http://bookstore.jpc-net.jp/detail/books/goods003786.html

——————————————

 

京都造形芸術大学 プロダクトデザイン学科運営HPはこちら

  • LINEで送る

2014年5月27日  ニュース

「PDリテラシーⅣ」 塚本カナエ客員教授

今日は先週金曜日に行われたPDリテラシーⅣの授業紹介をします!

この日は今年度から客員教授に就任された、塚本カナエ先生にお越し頂きました!

塚本カナエ先生

KANAE DESIGN LABOの代表として、あらゆる生活用品をデザインされている塚本先生が

自社製品の紹介から仕事の裏話までお話しして下さいました!

講義の風景

実は、この授業で先生が来られるのは二回目。一ヶ月前の4月24日にも来て頂きました。

その際は特別講義として開催したので、履修していない他学年からもたくさんの学生が集まりました。

その時の様子はコチラ↓↓↓

4月24日の授業風景

そして、授業の後半は学生のプレゼン!

各自一ヶ月前に発表したテーマを元に、考えてきたアイデアを発表しました!

学生のプレゼンの様子

一線で活躍されるプロのデザイナーからのアドバイスに、

これから学生がどんな答えを出すのか、ますます楽しみです!

 

京都造形芸術大学 プロダクトデザイン学科運営HPはこちら

  • LINEで送る

2014年5月16日  授業風景

「素材・造形実習Ⅰ」 木工

今日はプロダクトデザイン学科のFABで行われている授業を紹介します!

充実した設備がある中、この授業では木工を専門に学んでいきます。

ご担当されているのは今年度、技官から非常勤講師になられた百々先生です。 百々先生

さて、学生たちはどんなものを作っているのでしょうか!?

 

作業中の学生

早速近づいてい見ると、何やら木で箱のようなものをつくっています。

 

図面と睨めっこをする学生

こちらでは渡された図面と学生が睨めっこをしています。

 

演習室

ヒント:この写真の中に出来上がった状態のものが写っています!

 

キャビネット

お分かりになられましたか?実はこれ、キャビネットなのです!

このキャビネットは、各学生のデスクがある演習室で使うものです。

完成したものは四年間、学生生活を共にしていくことになります。

 

プロダクトデザインは私たちの生活を支えるモノ、すべてに当てはまります。

一年生の最初の演習であるこの授業では、まず自分たちの身の回りのものをつくることから、

素材と造形を知り、プロダクトデザインを学んでいっています。

 

みんなのキャビネット完成が楽しみですね!

 

京都造形芸術大学 プロダクトデザイン学科運営HPはこちら

  • LINEで送る

2014年5月9日  授業風景

卒業制作に向けてスタート!

本日、4回生による卒業研究のレビューが行われました!
四年間の集大成である卒業制作に向けて、最初の企画発表…。
先生方から厳しい指摘と優しいアドバイスをもらっていました。
来年2月に開催される卒業制作展が今から待ち遠しいですね!

学生プレゼンの様子

 

 

京都造形芸術大学 プロダクトデザイン学科運営HPはこちら

 

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。