こども芸術学科

2014年6月

  • LINEで送る

2014年6月29日  授業風景

子どもと紡ぐ物語:年長さんと

こども芸術研究IVはこども芸術学科の3年次生とこども芸術大学の子どもたちの気づきと学びの時間です。

学生は「お山の住人さんという架空の存在を設定して物語を軸に造形活動を計画、実施します。

子どもの発達段階に合わせたワークショップ型の活動をとおして学生は保育を学びます。

こども芸術大学は親子で共に過ごす活動が多いのですが、この時間は親と離れて子どもと学生で活動を行います。

今回は年長さんとの2回目の活動をご紹介します。

前回のブログではお山の住人さんからフレームをつくって欲しいというオーダーがありましたね。

お山の美しい景色をそのフレームに入れて飾って欲しいというものでした。

年長さんたちは慣れない大工仕事をして、素敵なフレームをつくりました。

今回はそのフレームを持って裏山の素敵な景色を探しに行きました。

 

さあ、出発!!!!どんな景色が見えるかな?

2014-06-02 11.30.49

2014-06-02 10.57.32

 

2014-06-02 11.00.13

年長さんに出発前に学生のお姉さんから

「フレーム越しに景色を見ると景色がきれいにみえるよ。」と伝えられると、

「虫眼鏡じゃないから変わらないよ〜」って、ばっさり返されてしまいました。

学生たちは子どもたちの素直な答えに苦笑い、ちょっと困った表情でした。

でも、フレームを持って歩くと、子どもたちにもいつもの景色が違って見えてきたようです。

 

新緑の緑色の種類がたくさんあるのを発見したり、道端の落ち葉の中に

きれいなアクセントの色をみつけたり…。そう、そう。学生たちも嬉しそうです。

2014-06-02 11.34.34

2014-06-02 11.34.00

山へ行くのがあまり好きじゃない子も、その日のご機嫌が悪い子もいます。

学生は山道を歩きながら、どうしたら活動に興味をもってくれるか思案しながら

そんな子どもに寄り添って歩きます。

みんなはとっくに山道をどんどん進んでいってしまってけど…。

 

2014-06-02 11.02.05

 

フレームが重たくなってきて、先に行っていた年長さんたちは休憩中です。

この後、年長さんが遅れている子の名前を

「○●ちゃ〜ん、がんばれ〜!」って呼んで、途中まで迎えにきて励ましてくれました。

遅れていた子もすっかりご機嫌になりました。

学生たちは、こんな様子や子ども同士のやり取りを寄り添いながら

教科書には載っていない子どもの姿を知っていくんでしょうね。

2014-06-02 11.09.11

もう少し頑張って歩きます。「優しい緑が見えるよ!」

2014-06-02 11.04.27

 

2014-06-02 11.05.27

 

 

DSC03416

そして、京都を一望できる松鱗館の屋上に到着しました。

ここの景色はフレームに入りきりません。

「お山の住人さんにはこの場所をお手紙で教えてあげよう」ですって。

2014-06-02 11.15.37

気持ちのいい場所で、

お山で出会ういろんな生き物が載っている絵本の読み聞かせをしました。

 

2014-06-02 11.24.06

 

DSC03405

 

お山の住人さんも何処かで一緒に聞いてくれているでしょうかね。

この後、住人さんに教えてあげるためにお山で見た素敵な景色を巻物にします。

 

この続きはまた、今度です。お楽しみに!

授業はどんどん進んでいくのですがブログが追いついていません。

年少さんも、年中さんの活動も頑張って書かないと…。

がんばります。

 

(梅田美代子:教員/イラストレーション、グラフィック)

 

 

 

 

 

  • LINEで送る

2014年6月22日  ニュース

いよいよ本日、体験授業型オープンキャンパス!

先日木曜の放課後、こども芸術学科のBzemi3年次と4年次の有志が、ゼミのティーチングアシスタント(以下TA)、芸術教育領域の大学院生、品川美香さんの提案で美術工芸学科の油画コース見学ツアーを敢行しました。学部1年次から4年次と、大学院のスタジオまでを一気に見せていただきました。
そして、版画工房では、この春、こども芸術学科から大学院の版表現専攻に進学したBzemiの先輩、近藤沙桜里さんが、東京藝術大学名誉教授で本学美術工芸学科客員教授でもある中林忠良先生の銅版画を1回だけ刷らせていただく場面に遭遇!
IMG_2711
IMG_2713
IMG_2725
中林先生はぼくの恩師でもありますので、感無量。
後日、中林先生の判定で、OKとなり無事サインを頂けるか、それともまだ修行が足りないと判定されるのか.. 果たして、近藤さんの刷りは如何に!?
こ学の学生さん達、真剣に作品と向き合う美術工芸学科の学生や作品群を前にして、色々なヒントややる気をもらっていました。気さくに応じてくれた油画コースの皆さん、版表現の皆さん、有り難うございました!
その後、学食で最近名物になっているらしいソフトクリームを食べて小休止した後、芸術教育領域の大学院生でTAの品川さんと同じくTAの梁君、そしてこども芸術学科Bzemi4年次の山下君と堤さんが体験授業型オープンキャンパスのためのクレヨンづくりの仕込みを手伝ってくれました。作業終了はなんと夜10時.. 皆さん、よく頑張ってくれて有り難う!
 IMG_2726IMG_2727IMG_2733
そして、土曜日の拡大定時外授業「こども芸術学概論」では、客員教授の目黒実先生の講義の中で、あの「魔女の宅急便」の原作者、角野栄子さんにお越しいただきました。ずっと学生に内緒にしてきて、サプライズで登場していただいたので、学生達はびっくり!
IMG_2741
なんと盛りだくさんな一週間だったことでしょう..
さあ、いよいよ本日、体験授業型オープンキャンパスです。
こちらの方でも角野栄子さんにご登壇いただく予定です。
受験生の皆さんのご参加、お待ちしています!
(森本玄:教員/絵画)
  • LINEで送る

2014年6月12日  授業風景

凹凸をつくる紙版画|1年次授業

今日も京都では夕方、にわか雨が降りました。

梅雨ですね、皆さんは降られなかったでしょうか?

僕は大きなキャンバスをトラックで荷下ろししようと思っているときに降られて散々でした。

さて、先日の1年次の授業では、紙版画演習を行いました。

IMG_7831

版画の原理は、版の構造によって大きく凸凹平孔の4つあります。そのなかでも、イモ版や紙版画、木版で小学生にも馴染みの深い凸版。版の出っ張ったところにインクを付けて紙を置き、バレンで擦ります。使用するバレンはディスクバレンという商品です。
IMG_7836
プラスチックで出来ているのですがこれがなかなか優れもので、細かなブツブツの出っ張りによって、しっかりと圧をかけて刷り取ることができます。○百円くらいの安物のバレンでは、竹の皮の中身はただの厚紙なので圧力が十分にかかりません。しかし、小学校の授業などでは結構使われています..

 IMG_7917
これが幼稚園や保育所となったら、安物のバレンでは、力の弱い子どもにはしっかりとした刷り方は難しいでしょう。小さな子どもにこそ、ちゃんとした道具を持たせたいものです。それを支援する保育者にも。今年度は、ディスクバレンを新入生に一人1個買ってもらいました。
凹凸を意識して顔をモチーフに版を作り、インクをスポンジローラーで乗せ、ディスクバレンで刷りました。
 IMG_7842  IMG_7913 IMG_7862IMG_7863   IMG_7853 IMG_7847IMG_7851  IMG_7845  IMG_7839 IMG_7836
IMG_7860 IMG_7834IMG_7915
子どもの支援者としては、片付けまで含めて一つの仕事。手間がかかりますが、その手間になれることも大切です。子育てと同じです笑。
学生達も小学生の時にやったことを思い出したり、刷ってみて凹凸の意味が分かってやり直したくなったり、ワイワイと楽しんでおりました。
来週はそれぞれの力作を並べて合評会の予定です。
(森本玄:教員/絵画)
*************************************************************
6月8日、梅田グランフロント大阪10階でのさんぽう主催進学相談会で、
こども芸術学科を訪ねてくれた高校生の皆さん、ありがとうございました!
次はいよいよ6月22日(日)体験授業型オープンキャンパスですよ。
午前は「世界に一つだけのクレヨンを手づくりする」授業、
午後は「魔女の宅急便」原作者の角野栄子さんをゲストに展開する
「魔法のことば、魔法のアート」です。
予約制ですので、お早めにエントリーして下さいね。
詳しくは大学ホームページから!
*************************************************************
  • LINEで送る

2014年6月6日  イベント

体験授業にあの魔女が・・・

受験生の皆さん、お元気ですか?

体験授業の日が迫ってきました。

来る6月22日(日)

午前(10:00-11:50)

 

体験授業AMこ学クレヨンつ=くり

【午前】世界に一つだけのクレヨンを手作りしてみよう!

子どもたちの描画材で親しまれているクレヨンを、手作りします。 最近では、百均ショップなどでも購入が可能ですが、私たちは便利さと引き換えに、何か掛け替えのない大切なものを失っているのかも知れません。様々な色やかたちのオリジナルクレヨンを手づくりすることで、クレヨンの組成や子どもの環境について考え直してみましょう。

クレヨンの材料である蜜蝋や顔料が、身近な素材であることを理解します。保育士など、子どもと関わる上での「引き出し」の一つになります。 クレヨンの整形は自由ですので、それぞれに個性が表れます。さらに、限られた顔料から混色することで、たくさんの色彩が作られることを学びます。このクレヨン作りのプロセスで経験される「多様性」は教育や保育においても重要なキーワードです。

 

 

 

6月22日(日)

午後(12:50-14:40)

 

魔法のことは=2

【午後】魔法のことば、魔法のアート

アートとは、魔法のようなもの。「魔女の宅急便」の原作者、角野栄子さんをゲストにお招きし、客員教授の目黒実先生とのトークから創作の秘密を学びます。そして、魔女として修行中の少女キキと、「こども芸術」を学ぼうとする皆さんとを重ね、これから地球のどこに向かって飛びたとうとしているのかを一緒に考えてみます。

こども芸術学科はアートの力を身につけ、子どもの未来をさまざまな場面で支える大人になることを目標にしている学科です。物語の創作を第一線で続けてこられた角野栄子さんご自身による「魔女の宅急便」の朗読から始まり、創作の秘密や、子どもから大人への自立を巡ってお話しいただきます。対談していただくのは、絵本「リサとガスパール」を日本で初めて紹介された目黒実先生です。受講生は配布された授業カードに質問や抱負などを記入し、後半ではそれをもとに質問と対話の時間をもち、「こども芸術」の夢を共有します。

 

体験授業はどちらも先着順となります。できるだけ早くお申込みください。

申込みは以下のHPへ。

https://w2.axol.jp/entry15/kyoto-art/step01?f=41

 

 

いよいよ週末は、入学説明会です!!

「保育・幼児教育・初等教育系 進学相談会」(さんぽう主催)

日時:6月8日(日)13時〜16時

会場:大阪市(梅田)グランフロント大阪北館

(タワーB10階 ナレッジキャピタル カンファレンスルームB01)

大阪市北区大深町3-7

 

(浦田雅夫:教員/子ども家庭福祉・学校臨床)

 

コース・分野を選択してください

LINK


トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。