美術工芸学科

2014年6月

  • LINEで送る

2014年6月30日  ニュース

【油画】卒業生・修了生の展覧会情報★

こんにちは。油画コースです。

今日も展覧会のお知らせをします♪

今回紹介するのは、卒業生・修了生の方々!是非ご覧下さいね。

 

丸尾宏一展

卒業生の丸尾宏一さんの個展です。

CAFE&GALLERY ゆめや にて

6/21(土)~7/2(水)  11:00~17:30  ※6/26(木)・6/27(金)は定休日、最終日は16:00まで

 

 

Semi-Automatic

大学院修了生の坂井良太さんの個展です。

AntennaMedia にて

7/1(火)~7/12(土) 13:00-19:00  ※月曜休み

*クロージングパーティー* 7/12(土) 18:00~

 

それぞれの写実表現展

大学院修了生、安冨洋貴さんが出品しています。

天満屋広島八町堀 7階 美術画廊 にて

6/25(水)~6/30(月)  ※最終日は16:00閉場

 

リアリズム4人展

こちらも、大学院修了生の安冨洋貴さんが出品されています。

高島屋京都店 6階 美術画廊 にて

7/2(水)~7/8(火) 10:00-20:00  ※最終日は16:00閉場

  • LINEで送る

2014年6月29日  ニュース

【現代美術・写真】3回生-展覧会のおしらせと近状報告!

こんにちは、現代美術・写真コースです。

 

ただいま現美・写真コース3回生は前期の授業の一環として、ひとつの展覧会を

作り上げるという目標を達成するため目下活動中です!

そこで今回はその展覧会に関する情報と、どのような活動をしているかを報告したいと思います〜!

 

▼4月某日・・・

1日に2回ほど往復するもくもく号というバスに乗り、3回生みんなで

展覧会を開催する雲ヶ畑小・中学校を訪れました!

趣がすごい〜!どこか懐かしさを感じる雰囲気にわくわく。

10502400_763587477025141_2563334600441229677_n

▼各々校内を歩き回り、この場所で展示するとしたらどんな作品にするか?

こういう作品をやるならどこがいいか?

想像をふくらませ下見をすすめていきます。

10389699_261779300695045_8296461239383171426_n

▼校内の見学が済んだあと、講堂に集まり展覧会を作るにあたり

役割を分担しました!

IMG_4563

▼管理班・展覧会班・広報班・Web班・アーカイブ班にわかれ、

今後の活動を話し合い、この日は見学を終了:)

 

IMG_4562

〜〜〜

 

▼ごく最近の6/27の全体ミーティングのようす。

細かい展覧会の内容が決まり、ロゴも決まり、Webサイトも完成に近づいて

いよいよ大詰めになってきました!!

緊張感が漂っております・・・

1

 

▼そして作品作りも大詰め!?

今回の展覧会に展示する作品は「ムービングアート」という副題を

与えられています!その名のとおり何かしら皆動くものを制作します。

ということでこの人はなにやら機械的な作業・・・何ができるんでしょう?

Bq6UmlkCAAESyX0

〜〜〜

 

そして展覧会についての情報は下記のとおりとなっております〜!

今回の展覧会はなんと1日だけの幻の展覧会。

当日はゲストをお招きし、公開合評も行う予定です☆

足を運べない人もWebでのアーカイブを公開する予定なのでご安心ください。

 

開催まであとわずか、突っ走ってまいります!

 

現代美術・写真コース 3回生

雲ヶ畑広報班でした!

 

 

 

 

—————————————————————————————————

 

10307360_694253077308453_4891515971190146087_n

京都造形芸術大学 美術工芸学科現代美術・写真コース3回生による

1日限定のムービングアートの展覧会です。

 

《会期》
7月17日(木)プレオープン(住民・関係者招待)
7月19日(土)一般公開

 

《会場》
京都市立雲ヶ畑小・中学校
〒603-8863 京都市北区雲ヶ畑中畑町76

 

《アクセス》
▼北大路駅から直通バス(もくもく号)が運行しています。(30分程度)
*運賃 大人500円、小人250円
詳しくは→http://www.dab.hi-ho.ne.jp/kyouto-rozan/kumogahatabasu.html

 

▼また、京都造形芸大〜出町柳〜雲ヶ畑小学校前を
10:00〜18:00間4往復で、特別送迎バスも運行します。(50分程度)
*運賃100円
詳しくはWebサイト、Twitterにてご確認ください。

・駐車スペースは3台分ございますが、お越しの際は是非送迎バスをご利用ください。

 

Webサイト→(準備中!)
Twitter→https://twitter.com/moving_moku
*バスの時刻表などは、こちらをご確認ください。
アドレス→mokumoku0719@gmail.com
質問等はこちらのアドレスまでお気軽にお問い合わせください。

 

 

—————————————————————————————————

 

  • LINEで送る

2014年6月27日  ニュース

【油画】川村悦子教授個展  蓮×聯

こんにちは。油画コースです。

今日は現在開催中、川村悦子教授の個展情報をお届けします!

是非、ご覧下さい。

 

蓮×聯

ぎゃらりぃ思文閣にて

6/21(土)~7/6(日) 10:00-18:00  ※会期中無休

*HPはこちら >> http://www.shibunkaku.co.jp/gallery/

 

 

東京・福岡にも巡回展示あります!

【東京】
思文閣銀座にて
7/10(木) ~7/ 20(日) 10:00-18:00  ※会期中無休

地図:http://www.shibunkaku.co.jp/shop/map_shiten.html

【福岡】
思文閣福岡にて
7/26(土) ~7/ 30(水) 10:00-18:00  ※会期中無休

地図:http://www.shibunkaku.co.jp/shop/map_shiten.html

 

(以下、ぎゃらりぃ思文閣HPより)

あらゆる先入観を取り払って、もういちど掛け軸と向き合ってもらいたい――
そんな思いから今回ご提案するのは、川村悦子氏による「聯」に描かれた「蓮」です。
「聯(れん)」とは、書き初めなどに使われる半切という紙を、さらに縦半分にした大きさを言います。巾が狭いため扱いやすく収納もコンパクトで、身近にお楽しみいただけます。
今回、ぜひ「聯」に作品を描いていただきたいとお願いしたのは、情緒あふれる写実画を油彩で描く川村悦子氏でした。大きなキャンバスに油彩画を描くことが多い川村氏に、極端に細長い、しかも和紙に絵を描くという、今までにないお願いをいたしましたが、作品の出来上がりは想像を遥かに超えた素晴らしいものとなりました。蓮池や草の茂みなどの大きな空間がごく細長い聯の形に切り取られることで、描かれていない部分への想像が広がり、植物の息遣いが画面を超えて空間を満たします。
一幅でも独立する聯は、二幅、三幅と連ねればまた違った空間を展開し、その魅力は無限です。

現代建築では和室が減り、洋間には額装作品を飾ることが常識的になってしまっていますが、欧米ではリビングや玄関で掛け軸を楽しまれるなど、掛け軸の新しい魅力が見直されています。
掛け軸は扱いが難しい、床の間でないと合わないという気持ちからぜひこの機会に自由になっていただき、新しい美術品の形をご覧いただければと存じます。

  • LINEで送る

2014年6月27日  ニュース

【日本画】京都アートフェアの展示をしてきました!

こんにちは、日本画コースです。

 

昨日はお昼から京都アートフェアの作品展示をしてきました!!

 

 

▲みんなで手分けして展示中…!

 

以前のブログ記事でもお伝え致しましたが、

京都アートフェアは今日から「みやこめっせ」にて3日間開催されます!

28日の土曜日には吉川弘先生、奥村美佳先生、山田真澄先生による講演会もあります。

お近くにおたちよりの際はぜひお越し下さいませ。

 

 

  • LINEで送る

2014年6月27日  ニュース

【美術工芸学科】どーんとリニューアル★

美術工芸学科のメインである校舎「NC棟」エントランスには旗がはためいています。

 

 

ちなみに、これは2011年の卒業展でNC棟がおしゃれをした時の写真。

染織テキスタイルコースのフラッグで彩りました。

 

IMG_5292

 

そして、

このたび衣替えのように美術工芸学科の旗をリニューアル!!めでたーい!

旗

これは染織テキスタイルの学生さんの課題

「大漁旗を染める」で制作された祝旗から椿学科長がチョイス。

(そのときの記事はコチラ)★http://www.kyoto-art.ac.jp/production/?m=201405&author=2

 

(カメラで両方の旗が綺麗に見える瞬間を捉えるのは至難の技でした、、!)

 

この写真ではデザインがよく分からないので、、

広げるとこんなかんじです。

 

縁起のよいモチーフにあふれています。

 

 

 

荒磯文様▽

_MG_9130

私の旗は子供(自分)の日を祝う物です。

年中行事をしない家庭で育ち、ひな人形や鯉のぼりといった物に強くあこがれを抱いていたため、自分の鯉のぼりを作ろうと思い制作しました。制作にあたって、自分にとっての鯉のイメージと鯉のぼりを合わせるためにデザインと色にこだわりました。

池の底をはうようにゆったりと泳ぐように下部に大きく鯉を配置し、デザインに動きをつけるため髭と同じ吉祥のアイコンである旭日を加えました。配色も鯉のイメージから曇天、吉祥から光を連想し灰色と黄色を全体に入れています。

 

今回初めての筒描きに挑戦し、自分が考えたものを自由に描けるこの技法は難しくもありましたが大変おもしろかったです。

今後の自分の制作に生かしたいと思います。

大淵 のコピー

3年大淵柚子

 

 

 

桐に向かう鳳凰!▽

_MG_9126

 

私の旗は両親の銀婚式を祝う物です。

鳳凰は夫婦円満を表す吉祥文様で、銀婚式を迎えたその先、金婚式も夫婦そろって元気で迎えてほしいとの思いを込めました。

 

今回はじめて筒描きの技法を使ったので、苦労した点も多かったです。絞り袋に入れすぎてしまい溢れ出たり、均一に糊を置いていくのが大変でした。ですが、絵画的な染めが楽しかったので今後もやりたいと思います。

塩谷 のコピー

3年塩谷綾菜

 

 

鶴と太陽、▽この旗は次の衣替えの際に。

 

 

_MG_9145

 

私は、縁起物の象徴として、幣串をコンセプトにデザインを考えました。

幣串とは、上棟式に家の守りとして、御札と一緒に屋根裏の柱に括り付けるもので、家内安全・無災害を願うものです。

現代の幣串のデザインとして三羽の鶴と日の丸が多いようなので、それらのアイコンをもとに自分なりのデザインに再構築しました。

陰陽の考えを取り入れたく、生の象徴である鶴と死の象徴である骸骨が一体になるよう表現し、鶴の羽が鳥の巣に見えるようにも、三つ巴のメタファーに感じるようにも表現しました。様々な神事の教えを取り入れながら、家紋のようなまとまりを目指し、厄除けとなるよう願いを込めて制作しました。

 

初めての体験だっただけに、制作において、改善点が多々ありますが、貴重な体験になりました。日本の縁起物・祝いの表現も見直す事が出来、大漁旗の奥深さを知ることができました。この作品制作で学んだことを、次に繋げていきたいです。

大里

3年大里千夏

 

 

 

みなさんに福がたくさんやってきますように♪

 

1 2 3 6

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。