こども芸術学科

2014年7月

  • LINEで送る

2014年7月28日  学生紹介

3年次工藤さん、「京印季報」表紙画を描く!

7月26日(土)、27日(日)のオープンキャンパスに来ていただいた受験生、高校生の皆さん、有り難うございました。

 

IMG_8114

さて、今日はBzemi3年次、工藤日菜さんの紹介です。
「京印季報」という京都府印刷共同組合の季刊誌、平成26年7月盛夏号の表紙画を担当しました。これまでにもこども芸術学科の先輩学生が何人もお世話になっています。
そして、先週出来たばかりの雑誌が届きました。工藤さん、早速手にとって、いい顔してくれました!
IMG_8086
真っ青な夏空に白く大きな入道雲と、一筋のひこうき雲、
遠くの方まで一面のひまわり。細かく描き込まれています。
真夏の熱い日差しが感じられます。
そして..なぜか花畑から突如クジラが!?
 2014_summer_top
掲載された工藤さんのコメントです。
******************************************************************
summer swimmer
 私の幼かった頃の思い出は長い休みがあったせいか殆どが夏の思い出です。夏は季節の中で一番鮮やかで一番賑やかですが一方でとても儚くて切なくて夢か現実か分からない雰囲気を持っています。
 この絵で少しでもそうした夏のノスタルジックな気持ちを味わっていただけたらと思います。
 ******************************************************************
この絵の他にも、数カット、記事の中に挿入されています。
工藤さんの普段の作品は、9月20、21日の大瓜生山祭の一大イベント、『学生作品展」でも出品される予定です!
新作とこの表紙絵に共通するのは遠くの地平線と、それを埋め尽くす花。
まだちょっと先ですが工藤さんの作品を始め、3年次の前期課題作品のホンモノをぜひ見に来て下さい!
(森本玄:教員/絵画)
  • LINEで送る

2014年7月20日  ニュース

Czemiの前期は子どもと関わり、子どもを知る

Czemiの3年次生の前期は「子どもと関わり、子どもを知る」活動を行っています。

前期は木曜日の午後に至誠館4階にあるこども芸術学科の教室を「プレイルーム」として

こども芸術大学の年中さんと年長さんと楽しい時間を過ごしました。

いつもお母さんといっしょのこども芸術大学の子どもたちですがこの時はお母さんと離れて子どもだけで参加します。

こども芸術学科とこども芸術大学の連携活動は3年目、Czemiの前期のメイン活動として定着してきました。

 

 

1回目はちょっと、ドキドキ緊張気味ではじまります。

ドキドキ緊張しているのは子どもたちだけではありません。

学生たちもはじめて、保育者として子どもに向き合うのです。

「楽しんでくれるかな」「ちゃんと対応できるかな」「活動内容に無理はないかな」「時間は大丈夫かな」…不安なことばかり。

授業後や土曜日、日曜日も話し合いや準備、活動の流れやシュミレーションに費やしました。

担当教員の私が指示を出さなくても一生懸命に「子どもたちの楽しい時間をどうやってつくろうかと」みんなで話し合い、取り組んでくれるCzemiの学生たちの姿はほんとうに頼もしいです。

回を重ねることに子どもたちはお姉さん、お兄さんと仲良くなりリラックス。ちょっとずつ子どもらしい行動が出てきます。これが学生たちには学びになるんですね。

上手くいかなかったことは失敗ではなく、次に繋がる気づきや学びにつなげる振り返りをしっかりしています。

活動後、振り返りをしていると子どもたちが窓の外からその様子を見て、お姉さん、お兄さんに「もっと遊んでよ」とニコニコと窓を叩いてアピールしてきたりして。

お迎えに来られたお母さんたちも子どもの顔でその時間が楽しかったんだとわかると言ってくださいます。

今、Czemiの3年次生はこのプレイルームをとおしての気づきと、学びをきっかけに絵本制作しています。

来週の金曜日がその中間発表です。きっと今頃頑張っていることでしょう。楽しみです。

今年の中間発表にはこども芸術学科で保育内容IV(ことば)をご担当いただいている川北典子先生、児童図書館ピッコリーの大橋慈さんにもご参加いただく予定です。

完成した絵本は9月の学科展で発表します。お楽しみに!

 

プレイルームの毎回の様子はまた後日アップします。

 

もうひとつ今年のCzemiの活動をご紹介します。

大阪高槻にある高槻幼稚園から本学プロジェクトセンターに園舎建替えに伴って園舎の中のサインデザインの依頼がありました。

直接子どもと関わることだけでなく、子どもたちが毎日過ごす環境を考えることはとても大切なことです。

またとない機会をいただいたので、喜んでCzemiでお受けすることにしました。

園舎のサインデザインと既存の園舎を解体した時に出る廃材を利用して、今年度卒業する年長さんと記念の作品をつくるという依頼です。

今年度いっぱいプロジェクトとして関わらせていただきます。

その第一弾とし、園を訪問して子どもたちと仲良くなるためのワークショップを行ってきました。

(活動の様子をお伝えしたいのですが子どもたちの素敵な笑顔や真剣に取り組んでくれた写真は掲載できないので、差し障りのない写真を選んでいます。)

活動は本学で行った「プレイルーム」の内容をバージョンアップしました。

学生たちにとっても学外で行う貴重な機会になりました。

記録は情報デザイン学科4年次生の早川大理さんに撮影と編集をお願いしました。

素敵にでき上がってきましたよ。機会があればお見せしたいぐらいによくできています。

昨日DVDの表面に子どもたちが描いた絵を早速、プリントしました。これを園に送りたいと思います。

もう一回これを見て、後期に学生たちに会うのを楽しみに待っていて欲しいなぁ、と思います。

 

写真

活動 の様子です。

高槻ws前半 003

大型バスに乗って、森に行きました。

大型バスに乗ってます♪はい、お隣へ♪はい、お隣へ♪

でクレヨンを1本ずつお隣へ送ります。

高槻ws前半 009

お姉さんの赤いクレヨンの線の後について来て!

高槻ws前半 030

 

おやおや、そうこうしているうちに森についたみたいです。

あれ!象さんがいますよ。ピアノに合わせて象さんになって絵を描いてみよう。

高槻ws 後半 028

 

カンガルーさんもやってきましたよ。

ジャンプ!ジャンプ!

高槻ws 後半 039

 

次はライオンさんです。

ガウォーと声まで出てからだ中で表現しています。

高槻ws前半 062

 

あれ!、どこからか声が聞こえてきました。

ぴょんた:「ぼく、ぴょんた。とてもきれいなみずうみができたね。」

「でも…、お魚さんがいないよ。」

高槻ws前半 067

 

お姉さん:「お魚さんはいるよ。

ぴょんた:「どこどこ?」

お姉さん:「ほら!ここに。」

高槻ws前半 105

 

ぴょんた:「ほんとだ!みんなもお魚さんを探してみて!」 

高槻ws 後半 108

あっ!いたよ。ここにも。

高槻ws前半 052

 

高槻ws前半 148

高槻ws前半 145

 

高槻ws前半 075

 

ぴょんた:「お魚さんがいっぱいだね。」「でも、なんか足りないよね。」

こども: 「お水がな〜い。」

*ほんとうに子どもってすごいですね。ヒントを与えたわけでもないのにちゃんと答えてくれるんですね。

学生たちの予定どおりの答えにびっくりです!!!

ぴょんた:「そうだね。お水がないからお魚さんが苦しそう」

     「ぼく、お水をつくる方法を知っているよ。」

*小さな軍手とパステル1本で水を描きます。

高槻ws前半 104

高槻ws前半 138

 

高槻ws前半 113

 

高槻ws 後半 140

高槻ws 後半 170

高槻ws前半 162

ぴょんた:「すご〜い。とってもきれいなみずうみができたね。お魚さんも大喜びだね。」

     「みんな、ありがとう。また、今度どこかで会おうね。じゃぁ〜ね。バイバイ。」

高槻ws 後半 203

できあがったみずうみをみんなで鑑賞します。

水がこぼれないように静かに運びましよ。

高槻ws前半 207

 

高槻ws 後半 210

 

 

手にも足にも顔にも、今日の活動を頑張ったしるしが残ってました。

お疲れさまでした。

高槻ws 後半 222

 

日常子どもたちと接しておられる幼稚園の先生もクレヨン1本、パステル1本で1時間の活動を飽きることなく、

こんなに集中して活動できた子どもたちの姿に驚かれていました。

 

今回は学生たちも集中できる工夫を考えて、物語を軸に次々に途切れることのない活動づくりになるように、

とても細かい工夫をあちこちにちりばめています。

 

子どもたちの力と学生たちの力がいい関係で現れたワークショップでした。

 

最後に子どもたちから「今度いつ来てくれるの?」と。

「楽しかった」という言葉よりも嬉しかったようです。

この言葉で学生たちはまた頑張れるそうです。

 

また、秋に伺いますよ。

元気に夏休みを過ごして、また大きくなった姿を見せてくださいね。

高槻幼稚園のみなさん、ありがとうございました。

高槻ws前半 227

(教員:梅田美代子)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

☆7月26日(土)・27日(日)はオープンキャンパスです。

こども芸術学科に興味のある方、まだ進路を迷っている方、是非こども芸術学科のブースに立ち寄ってください。

こども芸術学科の学びや資格取得のことなど、教員から丁寧にお話します。

ワークショップも行います。今回は自分の名前で絵本をつくります。「なまえ絵本」です。

事前に印刷されたいろいろな書体、大きさ、形のアルファベットから自分のなまえを構成するアルファベットを選んで、

その文字の形からヒントを得て小さな可愛い絵本をつくります。

こども芸術学科の学生たちが対応してくれますので、絵の苦手な人も大丈夫ですよ。

学生たちと楽しいおしゃべりをしながらこども芸術学科の雰囲気を味わってください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

 

  • LINEで送る

2014年7月20日  ニュース

4年次ピースマン吉井君、αステーションに出演!

林さんのアニメ上映に続き、学生さんの学外での取り組みを紹介します。

こども芸術学科4年次生の吉井翔斗君が、

本日、京都のFM局、αステーションに出演します!

吉井君には、ピースマンとして今年4月のオープンキャンパスにも登場してもらいましたが、実は、ピースマンというのはただのコスプレではないのです。どういうものかというと…

本人がメッセージを書いてくれましたので、以下に。

********************************************************

皆さんは髪が切れない子どもたちがいることをご存知ですか?

私たちにとって当たり前である美容室での散髪も、感覚過敏の子どもたちにとっては知らない人が刃物を突きつけてくるという恐怖になり、私たちにとっては心地よい風のドライヤーも聴覚過敏の子どもたちにはジェット機のエンジン音に聴こえてしまいます。

そのような思いをしたら当然パニックになってしまうのは言うまでもありません。

しかし、ほとんどの美容師はパニックになってしまう原因も分からないので、羽交い締めにして無理やり散髪したり、危険への配慮で入店を断ったりして対応します。

このような対応をされ、怖い経験をしてトラウマになるのは本人はもちろんですが、そんな我が子の姿を見た保護者の方も深く傷付いてしまいます。

そんな悲しいことを防ぐ為、「スマイルカット」という活動を行う美容師が存在します。

赤松隆滋さんです。赤松さんは2010年に発達障害の子のヘアカットに携わったことから、以後スマイルカットの研究・啓発活動に取り組まれてきました。そして、今年の4月にNPO法人そらいろプロジェクト京都を設立されました。

その赤松さんと連携し、子どもたちや悩んでいる保護者の方の力になりたいという思い、スマイルカットの存在を全国に伝え、広く市民に障がいや発達障がいを知ってもらうために立ち上がったヒーロー。それが星髪戦士ピースマンです。

私はそのピースマンというヒーローを演じています。

学生として法人設立ということに関わらせていただき、本当に光栄に思っています。

つきましては法人設立にあたって記念イベントを開催致します。

イベントではピースマンのヒーローショーや「スマイルカットとは」というシンポジウムを行います。(詳しくはフライヤーをご覧下さい。)

また、イベント前日にFM京都@ステーションでもイベントの告知とスマイルカットや活動について放送されます。

ご興味を持たれた方はぜひチェックしていただけたら嬉しいです!

********************************************************

FMの放送:

7/20日曜日

α-kyoto contents file  DJ:川原ちかよ

7:00-12:00の番組中、吉井君は10:35〜15分程度出演。

7/21月曜日(こちらがメインです!)

「発達障がいの子どもたちと作ってきたもの〜ピースマンより愛を込めて〜」

ウィングス京都

13:00-16:00

14ピースマンチラシ_ページ_114ピースマンチラシ_ページ_2

直前のご案内となってしまいましたが、よろしくお願いします!

(森本玄:教員/絵画)

  • LINEで送る

2014年7月18日  ニュース

4年次、林さんのショートアニメ上映

今日は4年次生の卒業制作Step2がありました。
Stepは、普段はゼミに分かれて取り組んでいる卒業制作の進捗を、節目節目に全員で共有する進捗報告会です。S41教室で3年生も沢山聴講に来ました。
IMG_8070
そのなかで、Bzemi生の一人、林絵美さんはアニメーションに挑戦しています。
情報デザインの大西先生にも指導をいただきながら、頑張っています。
そんな林さんが前に取り組んだショートアニメーションが、京都シネマでVideoParty Kyotoという催しのなかで上映されるそうです!
http://www.personaleyes.jp/vp/
林さんの作品は明日7/19土の19:00から3本目「Dog」です。実家で共に過ごしたレモンという愛犬がモチーフです。
14林さん映画14林さん映画2
林さん本人にコメントをお願いしましたので転載します。
********************************************************************
私は、高校生の頃から絵本をつくっていて、大学に入ってからも絵本を中心に制作をしていたのですが、ずっと、アニメーションの、いきいきと絵が動く表現に憧れていました。
いつかアニメーションをやりたいと思っていました。
3回生になり、授業がほとんどなくなったことで、制作できる時間ができたので、よし!アニメーションをやろう!と、昨年からアニメーションを制作するようになりました。
絵を、いきいきと自然に動かすのは本当に難しく、自分の観察力と技術力不足を日々痛感しますが、思い通りに絵が動いた瞬間は本当に嬉しいです。
そして、アニメーションを制作するようになったことで、絵本の良さ(動かない絵の良さ)も改めて発見できました。
またまだ技術はつたないですが、自分の思い描くアニメーション作品がつくれるようになるために、日々精進し、社会人になってからも、VIDEO PARTYやコンペ等に作品を出すことをモチベーションに、こつこつと制作をしていきます。
********************************************************************
はい、という訳で、皆さん、7/19,20,21の晩にお時間がありましたら京都シネマ「Video Party Kyoto」へ、お越し下さい!
(森本玄:教員/絵画)
  • LINEで送る

2014年7月14日  イベント

体験授業に参加してくれた皆さんへQ&A

先日の体験授業型オープンキャンパスにお越しいただいた高校生の皆さん、有り難うございました!

今日は、体験授業の最後にお配りしたアンケートで、『こども芸術学科について、ご意見や質問、不安に思っていることなどがあれば、自由に書いて下さい。』に沢山の質問を書いていただきましたので、皆さんの不安に応えるべく、ここでQ&Aコーナーをやりたいと思います。
Q:「絵を誰かにほめられたりする程絵を上手に描けません。でも絵は大好きです。入試ではそんなに深く考えないでとおっしゃっていただきましたが、入学してからの授業でついていけなくなったり、難しくなってしまうことがありますか?あったとしてサポートしてもらえますか?」

A: 上手・下手は絵を比較し、「評価」する視点から出てくる言葉です。でも、表現することは本来楽しいことですし、10人居れば10通りのものの見方、感じ方があっていいわけです。こども芸術学科では「共感」の視点を大切にしながら絵を見たいと思います。そして、皆さんは表現者であると同時に、子どもの支援者でもあります。子どもの絵は見るものではなく聴くものと、発達心理学が専門の岸本先生が奨めてくれた、とある保育の本に書いてありました。
 入学してから課題が難しくなることは、もちろんあります。難しい課題を自分なりに取り組まなければ、成長もありません。それをサポートするのが先生達の仕事です。入学したら、皆さんも受け身の姿勢ではなく、先生を困らせるくらい、沢山質問に来て下さい!
Q:「私は保育士になりたいわけではないので就職が心配です。例えば具体的な絵本や絵の技法は学べたりしますか?」
A: 保育士の資格を取得すれば、保育所だけでなく、児童館や社会福祉施設で働くことも可能になります。一般企業に就職する先輩もいますし、美術館の学芸員になった先輩もいます。
 そして、絵本の作画、製本の授業もありますし、紙をつくったり、フレスコ画やテンペラの技法、クレヨンを手づくりするなども学ぶ機会がありますのでお楽しみに!(※現行カリキュラムに於いて)。3年次から4年次では、自分のテーマに基づいて卒業制作をつくりますから、大学院の版画専攻に進学するなど、かなり専門的に掘り下げる先輩もいますよ。
IMG_8028IMG_8030
Q:「こども芸術学科のことが気になっているけど学費がきびしい!」
A: うーん、確かに簡単ではありませんね..
 でも、この学科は4年制の芸術大学で絵を描いたりデザインしたり、地域の子ども達と関わりながら保育・幼児教育と子どものことを学ぶ学科です。3年次以降は自分のアトリエで制作する環境も整っていますので、将来の自分の可能性に投資するつもりでぜひ来て下さい!
 また、本学入学課が作成した「home」という冊子をご両親とぜひ読んでみて下さい。京造にきている先輩達の親御さんがなぜ高い授業料を払っているのかが分かります。
Q:「前回も参加しましたが、今回も参加してよかったと思えました。コミュ入までもう少しでドキドキしています。もっと色々なことを学びたいです。」
A: 体験授業型オープンキャンパス、2回とも参加してくれてどうもありがとう!
 Lee先生の紙芝居共同制作と読み語りの魅力、すごかったですね!英語であることを忘れ、僕も見ていて思わず引き込まれ、笑っていました。大学に入ったら、もっと沢山の出会いを用意していますよ。コミュ入では、普段の力を平常心で精一杯発揮できるようにリラックスして臨んで下さい!
IMG_8041
Q:「絵に全然自信がありません。」
A: 自分の絵に自信はなくても、きっと絵を見たり、描くことは好きなのではないでしょうか?
そうである限り、大丈夫です。絵も含めて色々と表現することの楽しさを、この学科にきてしっかり体験し、味わって下さい。そうすれば、きっと自信は後から付いてくると思いますよ。
IMG_8023IMG_8035
Q:「子どもが好きで、幼稚園、保育園でのワークショップ等を将来やってみたいけれど、どうしたらできるかがわからない。」
A:そんなキミは、必ずこども芸術学科に入学しましょう笑!ワークショップをする機会が授業でもありますし、他にもボランティアなど沢山チャンスがありますよ。
さあ、あなたの質問に、ちゃんと応えられていたでしょうか?
ぜひ、皆さんの若いパワーを、未来の子どもたちのために役立てられるように、こども芸術学科に入学して、一緒に頑張りましょう!!
(森本玄:教員/絵画)
1 2

コース・分野を選択してください

LINK


トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。