文芸表現学科

2014年8月

  • LINEで送る

2014年8月28日  授業風景

書いて伝える大切さ

sumamicon
こんにちは!副手のスマミです!
今回は舞台芸術学科と合同で行った集中授業、
「クリエイティブ・ライティング特講Ⅲ」を紹介します。

 

 

講師は女優・演出家・劇作家・エッセイストなど、

幅広くご活躍されている、わかぎゑふ先生です。

 

IMG_0953a

 

この授業では「何かを書いて人に伝えることの大切さ」をテーマとし、

実践的に文章を書いたり、書くためのリサーチ方法を学びます。

 

まず初日は自己紹介を書き、発表し合いました。
そして、ペアを組んでインタビュー形式で相手を取材し、取材相手の魅力を伝える文章を書きます。

 

最初はお互い恥ずかしそうにしていましたが、だんだん打ち解けて
相手のことを知る為に、一生懸命に取材をしていました。

 

IMG_0984a

IMG_0986a

 

 

続いては、わかぎ先生の実体験の話をを元に、小説を書きます。
先生のお話の中に出てくる6人の中で「誰が一番悪いのか」を考え、
その一番悪いと思う人の視点になって小説を書くというものです。
書いた小説をみんなの前で発表し合います。

 

IMG_1044a

IMG_1049a

 

そして、みんなの小説を聞いた上で
「出版社に売り込むなら、どの作品が良いか?」という架空の編集者会議が始まりました!
自分の作品の良い所や、直した方が良い所など他人の目になって考えます。

 

IMG_1076a

 

 

こうした授業内容を通して「何かを書いて人に伝えることの大切さ」を知っていく学生たち。

 

 

 

人を書くためには、まず「人」を知る。
そして自分を知る。
目の前に落ちている話の種になる「資源」を大切にする…。

 

 

授業の最後に、先生が仰っていた言葉がとても印象的でした!

 

 

授業を受けていた学生も
「改めて言葉の大切さを教えてもらいました。やっぱり言葉って面白い!」
と言っていました。

 

授業を受けた学生たちの今後の作品が、楽しみです!

 

 

 

(スタッフ・鈴木真美)

  • LINEで送る

2014年8月28日  授業風景

よりよく書くために

sumamicon

 

こんにちは! 副手のスマミです!

みなさん、夏休みを楽しんでおられますか?

夏休み中、文芸表現学科ではいくつかの集中授業が行われています。

今日は、その中から「百讀Ⅴ」の授業を紹介したいと思います〜!

 

 

 

 

「百讀Ⅴ」の講師は書評家・近畿大学非常勤講師である江南亜美子先生です。

江南先生には先日あった「下読み委員に訊く!新人賞のねらいかた」で特別講義もして頂きました。

 

IMG_1097

 

 

「書く」ことが専門の文芸表現学科ですが、

よりよく「書く」ためには、よりよく「読む」ということが重要です。

 

この授業では、いくつかの小説作品を取り上げて読み、討論、批評コメントの随筆などを通して、

書くことと、読むことの技術を高めていきます。

 

 

 

 

昨日は「食べ物の描写」をテーマに授業が行われました。

 

IMG_1082a

 

 

 

江南先生が用意されてきた「メニュー」の中から食べ物を選び、その食べ物の味が伝わるような文章を書きます。

 

IMG_1034a

 

 

 

 

食べ物に関して考え、そして美味しい食べ物の描写が伝わる文章を読んだせいで、

みんな授業後に「お腹が空いた〜!」とばかり言っていました(笑)。

 

IMG_1023a

 

 

今日を含め、江南先生の授業はあと2日間!

今日もどんな授業が行われるのか楽しみです!

 

 

 

(スタッフ・鈴木真美)

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。