こども芸術学科

2014年8月

  • LINEで送る

2014年8月29日  学生紹介

こ学 学生からのメッセージ

こども芸術宇学科4回生の吉井翔斗くんからのメッセージをご紹介します。

 

こんにちは!!

皆さん夏休みをいかがお過ごしですか?

私は学生最後の夏休みということで後悔のないよう充実した夏休みを過ごしています

今日はそのうちの二つをご報告させていただこうと思います

 

 

unnamed

 

まずは日本保育連盟GTサミットに参加させていただいたことからご報告します

このサミットは日本全国から、保育先進国であるドイツの保育方法論である「見守る保育」の理念に共感し、実践している保育園の園長や理事長が集まって研修や現場視察、情報交換を行うというものです

学生はもちろん私だけで緊張しましたが、多くの日本の保育を担う方々とお話させていただいて素晴らしい学びになりました

よく日本の保育、教育は遅れていると言われます

何故でしょうか? 日本は世界的に見ても恵まれた環境にあり、決して環境が保育や教育に不向きな訳ではありません

見守ることができていないのです

日本の保育はすぐに答え合わせをしてしまいます

芸大生ですので芸術で例えると、子どもが海をオレンジ色で描いたとしましょう
保育士は何と声かけしますか!?

「海は青でしょう!?」という声かけですか?「オレンジ色の海もステキだね!」と声かけしますか!?

どっちが適切でしょうか?

前者ならば、「海は青なのか…」とそこで子どもの自由な思考が止まってしまいます
大人が思う絵が上手いは概念にとらわれた絵に他なりません

しかし後者ならば、「誉められた!!…でもオレンジ色もステキだねってことはホントは何色!?」となるかもしれません

自分で興味を持ち、疑問を発見し、調べる

これが勉強です

誰かにやらされてる感があれば伸びる訳がない。伸びたとしても楽しくない。ずっと小中全国模試一位の県が自殺率もずっと一位なのも偶然ではないでしょう

保育の6年間は義務教育に直結する大事な期間であり、学びに対する地盤をつくることです

ここで勉強に対して苦手意識を植え付けるのか、興味を持たせるのかは保育士の腕の見せどころだと思います

しかし勉強と言っても国語、英語、理科、社会だけという訳ではないですよ

例えるば音楽に興味がでて、練習して楽器が弾けるようになる

これも勉強です!

ようは様々なことを子どもたちに体験させて危険がないように見守り、多くのことに興味をもってもらうことは、一人ひとりの個性を発見することに繋がります

だから私はこの京都造形芸術大学、こども芸術学科に所属しています

個性を発見する引き出しとして芸術のように万能で概念が広いものはありませんから

保育、教育とは「未来の世代を育てること」です

言い換えれば「日本をつくっていく仕事」ということです

この先の日本がどうなっていくのかは大人の責任です

私はゆとり教育をうけた「ゆとり世代」です

ゆとり教育が決定された当時は私は子どもで、もちろん選挙権もなく勉強しないという拒否権もありませんでした

言葉は悪いですが、

当時の大人が勝手に決めて勝手に私たちに強要したゆとり教育

なのに終わってみれば、「ゆとり教育は失敗だ」「これだからゆとり世代は」等と世間では罵られます

何故でしょうか?

私たちは好きでゆとり世代になった訳ではありませんよ?

これは当時の大人の責任です

しかし大人のせいにしてきた私も今年で22歳となりました

立派な選挙権という選ぶ権利を得た大人です

なのでこれからは子どもたちの未来を見据えて、子どもたちのために自分ができることをしっかり考えていかなくてはなりません

そして考えるだけでは意味がない

しっかり行動に移していかなければ!!

しかし私はまだまだ未熟者でできることは微々たるものです

なので自分をもっともっと高めるためにとある企業の内定者研修に行って参りました。

 

 

これがご報告2つ目です(笑)

未熟者の私には厳しくてもしっかり学べる環境が必要です

尊敬できる上司、志の高い仲間がいる最高の環境に巡り会えたと嬉しく思っています

この企業は少子高齢化問題で保育、教育産業は厳しいと言われている現代で確実に教室数を増やしている塾を運営する企業です

私はまずはこの企業で現代の子どもたちの個性を伸ばし、夢を実現させる手伝いをします

その中でしっかり実力をつけて、子どもたちのためできることのレベルをあげていきます!!
まずはできることから行動していかないとダメです!!

少子高齢化問題が進む今だからこそ、日本の保育を見直していく必要があると感じた夏休みでした!

渋い文章ですが、以上とさせていただきます

P.S.

すいません宣伝させてください!

明日8月30日に後輩たちと作ったワークショップを青山学院大学と京都造形芸術大学でリンクして行います!!

ワークショップコレクション10!子どものためのワークショップ!!

 

DSC_0036
お時間のある方は是非お越しください!!

http://wsc.or.jp/workshop/ws10/article/1317.html

吉井翔斗

 

 

吉井さんが熱く語ってくれています。

 

(浦田雅夫:教員/子ども家庭福祉・学校臨床)

  • LINEで送る

2014年8月27日  学生紹介

卒業生がんばっています|一般公開講座【こども芸術大学土曜講座】

こども芸術学科とこども芸術大学は子どもたちを豊かに育むために共に力を合わせて、

いろいろな取り組みを行っています。

先日は瓜生山地蔵盆を開催し、たくさんの地域の親子と楽しい時間を過ごしました。

そして、この9月からこども芸術大学とこども芸術学科が楽しいプログラムを提供します。

 

「もっと親子でアートな時間を過ごしたいなぁ」

「子どもにもっとノビノビ,ワクワクすることさせたいなぁ」

と思われているお父さんやお母さんも多いことでしょう。

そんな親子のために広く一般対象の「こども芸術大学土曜講座」をはじめます。

そうです。「こども芸術大学土曜講座」は

こども芸術大学に通って来られない親子対象の造形講座なんです。

20140826satlecture-1

*ちなみに、↑チラシのイラストはこども芸術学科2年次生の

台湾からの留学生、鄭修妤さんが描いてくれました。

 

講座の第1回目の準備が進んでします。

 

第1回目は《映像と音楽で楽しむ絵本:うみのなかのおさんぽ》

プログラムをリードしてくれるのは、小学校や地域のイベントで活躍中の

こども芸術大学を卒業したお母さんユニット【ふすま劇場】のみなさん。

「ふ」さん、「す」さん、「ま」さんの3人です。

「す」さんのピアノやウクレレ、

「ふ」さんのスペリオパイプや太鼓、

「ま」さんのピアニカなどに合わせて、

映像と音楽と歌で絵本スイミーの物語世界にあそびます。

とても楽しい活動になりそうですよ。

下の写真は打ち合わせ風景です。

こども芸術大学土曜講座担当スタッフの田中美生さん、真剣にメモを取っています。

2014-08-18 10.51.02

2014-08-18 10.28.32

ふすま劇場のみなさんと宮崎あかねさん、田中美生さん、こども芸術学科非常勤の荒島智子先生、

そして、私、梅田は写真を撮っているので写っていませんが楽しく打ち合わせ中です。

2014-08-18 11.03.05

そして、このプログラムの当日の進行は、

こども芸術学科を卒業した宮崎あかねさんと田中美生さんです。

二人は現在こども芸術大学の芸術保育士として頑張っています。

こども芸術大学土曜講座の担当としても企画から関わってもらっています。

彼女たちはとてもフッワークがよくて、仕事が丁寧で早いので大助かりです。

午前中の打ち合わせ事項が午後にはテキストとイラストできれいに纏めてくれているという早業です。

さすが、学生時代に実習簿や責任実習で鍛えたこども芸術学科の卒業生ですね。

文字だけでなく,イラスト入りでとてもわかりやすい進行表です。

あかねちゃん、美生ちゃん、ありがとう。

2014-08-27 19.03.18

今日は2回目の打ち合わせ。スイミーの一場面の前の「す」さん。

2014-08-27 12.07.53

美生ちゃん、スイミー役で頑張っています。太鼓は「ふ」さん。

「ま」さん今日はお休みでした。海へ行ってるのかな?

2014-08-27 12.07.36−

● 実施日:2014年9月13日(土)10:00 〜13:30

●至誠館4階(S-41)

●こども芸術大学土曜講座の詳細、申し込みは下記へお気軽にお尋ねください。

 京都造形芸術大学 京都藝術学舎

 〒606-8271京都市左京区北白川瓜生山2-116

 TEL: 075-791-9124(直通)/FAX:075-791-9021

 受付:月〜土曜日/10時〜16時

当日の様子はまた、宮崎あかねさん、田中美生さんに報告してもらいましょうかしら。

(教員:梅田美代子)

 

 

 

  • LINEで送る

2014年8月26日  イベント

子どもたちを守ってくれるお地蔵さん

この夏はあちこちで台風や雨による被害がおきています。

広島では大変な災害がおきてしまいました。

広島の被害状況が連日ニュースで流れる度に心が痛みます。

幼い子どもを探すお母さんの悲痛な叫び声が耳に残っています。

これ以上の被害が拡大しないように祈っています。

そして、被災地域のみなさんにお見舞い申し上げます。

 

京都では8月23日、24日を「地蔵盆」と呼ぶのですが、各町内ごとに地蔵尊の前に屋台を組んで

花や供え物をおそなえしてお地蔵さんをお祭りします。

私が子どもの頃には地蔵盆の前日に町内のおじさんやおばさんがお地蔵さんのお顔をきれいにして、

前掛けを新しいものに替えたり、路地の入り口に提灯がぶらさげたり、

路地を通行止めにしてどこから切ってきたのか、大きな青竹を建ててテントを張ったりと

忙しく準備をする姿がみられました。

明日からのお地蔵さんがとても待ちどうしかったことを思い出します。

テントの下のござの上で子どもたちはゲームをしたり、おやつを食べたり、

大人が用意してくれたマジックショーや福引きなどをして、子どもたちを楽しませてくれました。

お地蔵さんを中心に町内の子どもやお年寄り、ご近所さんのコミニュケーションの場がうまれます。

 

京都では今でも昔ながらの路地での地蔵盆をしているところもありますが、

マンションの集会所やガレージなどで行われるところも増えてきました。

形は少しずつ変化していますが子どもを大切に地域で育むための行事として続いて欲しいと思います。

 

8月23日(土)に京都造形芸術大学でも瓜生山地蔵盆を開催しました。

こども芸術学科、こども芸術大学、児童図書館ピッコリーの三部署共催で毎年行っています。

今年は開催をはじめて10年目になります。年々、地域の親子の参加が増えてきました。

今年も200近くの親子が来てくれました。

 

お地蔵さんは子どもたちをお守りしてくれます。

世界中の子どもたちをお守りしてくださるように手を合わせてお願いしました。

きっと、お参りした親子も同じ思いで手を合わせていたことでしょう。

 

2014-08-23 10.39.53

こども芸術大学の床の間にはこども芸術大学のスタッフが描いたお地蔵さんが迎えてくれました。

2014-08-23 10.54.36

奥のホールで今年の瓜生山地蔵盆のお楽しみ会です。今年も岸本先生が進行司会です。

2014-08-23 11.00.23

 

そして、挨拶やお願いごとが終わった後「準備はいいですか〜」「いいですよ〜」で

こども芸術学科の1年次生の 露木かおりさん、長谷川夏子さん、平田真弓さん、湯浅啓介君4人が

大型絵本【ふくろにいれられたおとこのこ】を持って登場です。

オニの袋に捕らえられ、夜のごちそうにされそうになった男の子が、スキをみて逃げ出し、

オニをやっつける痛快なフランスの民話を読み語りします。

2014-08-23 11.03.35

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

露木さん、長谷川さん、平田さん、湯浅君は子どもたちの前で読むのは始めての経験です。

とても緊張していたそうですが、子どもたちのリアクションやノリのよさにに助けられたと

言ってました。

2014-08-23 11.07.08

 

そして、再び岸本先生の登場です。

準備ができるまで,岸本先生の手遊びで子どもたちは大盛り上がりでした。

♪落ち〜た♪落ち〜た、なーにが落ちた♪おかあさん!で子どもたちのテンションMAX!でした。

さすが岸本先生!子どもたちの心をキャッチするのが上手いっ!

2014-08-23 11.10.53

 

そして,再びこども芸術学科の4人による長新太の人気絵本「キャベツくん」のペープサートです。

キャベツくんとブタヤマさんの掛け合いが面白くて、会場は子どもたちの笑い声であふれました。

子どもたちは一場面ごとに、とてもいいリアクションをしてくれます。

舞台の後ろの露木さん、長谷川さん、平田さん、湯浅君も嬉しかったでしょうね。

2014-08-23 11.15.28

 

次の幕間の手遊びはピコネットのおねんさん。

2014-08-23 11.21.47

舞台芸術学科の学生、室田啓介君によるパフォーマンスと続きました。

パントマイムにマジック、風船でいろいろな動物をつくる、などなど盛りだくさんです。

学内にはいろいろな才能の学生がまだまだいるんでしょうね。

12月のクリスマス会に我こそは、という学生のみなさん名乗りをあげてください。

2014-08-23 11.39.37

 

2014-08-23 11.34.50

 

次は活動ルームに準備されたブースに分かれてのワークショップ の時間です。

各ブースの紹介です。お目当てのブースで楽しみます。

 

こども芸術大学のお母さんのブースは空飛ぶ円盤です。

2014-08-23 11.48.24

こども芸術学科のブースは2つのプログラムを考えました。

大小の空き箱を高く積むワークショップです。

高さを競うためのイメージイラストのタワーの絵は圧巻でした。

もうひとはつとんとん相撲です。

2014-08-23 11.50.07

ピコネットのみなさんはマラカスづくり。

2014-08-23 11.51.41

 

さて、どこに行こうか?どこも楽しそうで迷いますね。

2014-08-23 12.01.26

 

これはこども芸術大学のお母さんのブースです。動物が大きな口を開けています。その口の中に

棒切れとゴムを使って円盤を飛ばして、口の中を狙います。

縁日にありそうな出来映えです。

2014-08-23 12.00.09

こども芸術学科のブースです。スカイツリーを目指して高く高く積み上げます。

誰が一番高く積み上げられるかな?

湯浅君も丁寧に言葉を掛けながら高く積み上げる子どもに寄り添っていますね。

子どもはいろいろな方法で積み上げる工夫をします。

ただ積み上げるだけでなく、何度も繰り返すうちに下から順番に大きさを変えて積み重ねると

安定することを発見したり、牛乳パックはパックを次々に差し込んで繫げるとか、

湯浅君も思いもよらない,子どもたちの工夫に驚いたと、振り返りで話してくれました。

 

2014-08-23 12.02.26

 

とんとん相撲です。あっ!倒れた!平田さん、子ども相手に楽しそうですね。

でも、もう少し大きな土俵をつくった方がよかったかなぁ…と次に繋げる気づきがあったようです。

2014-08-23 12.20.21

 

この後は毎年お世話になっている吹奏楽団「パルウイング」による演奏です。

子どもたちの知っている曲が流れると、子どもたちは大合唱を始めました。

つられて、お母さん、お父さんも口ずさんでました。

いい時間だな〜。みんなの顔がとても幸せそうでした。

 

カメラの充電切れで写真が撮れず、アップできないのが残念です。

 

お地蔵さま、これからも子どもたちをお守りください。

 

(教員:梅田美代子)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • LINEで送る

2014年8月22日  ニュース

二人展:Bzemiプチ同窓会と尾池和夫学長

暑い日が続いていますが、皆さま夏バテしていないでしょうか?

さて先日は、銀座のギャルリー志門で開催している僕の二人展に合わせ、この3月にこども芸術学科を卒業して関東で働きはじめた3人が、仕事を調整しながら集まってくれました。現在4年次の学生さんとでBzemiプチ同窓会になりました。
IMG_8268
卒業生はそれぞれ、擁護学校の教師、会社員、プールで泳ぐ子どもたちを撮影するカメラマンとして活躍を始めています。
晩には僕が学生時代によく行った気さくなイタリアンレストランへ。
IMG_8279
IMG_8272
そして昨日は、なんと本学学長の尾池和夫先生にもお越しいただきました!
IMG_8280
丁度、京都芸術短期大学の洋画コース卒業生、伊藤君も立ち寄ってくれ、彼がおもちゃと絵本の会社で働いていることを知った尾池先生、すかさずお孫さんのためのつみきカタログを伊藤君からもらっていらっしゃいました(笑)。
二人展を一緒に開催することになった平澤さんは、女子美術大学で日本画を学ぶ大学院生です。こども芸術学科にも女子美高校出身の優秀な卒業生が一人いると伝えたら、なんと、平澤さんとは高校の時の同級生で、平澤さんと同じ部活でのお友達だと解りびっくり。世間は狭い!
IMG_8284
暑い中、そしてお忙しい中、銀座での二人展にお越しいただいた皆様、有難うございました!
今週土曜日までやっています。どうぞご高覧下さい。
DM1
DM2
(森本玄:教員/絵画)
  • LINEで送る

2014年8月17日  学生紹介

「Fairy tales 絵本展」にて4年次 林さんが絵本読み聞かせ!

今年の夏は雨がよく降りますね..

 

さて、今日はこども芸術学科4年字の林絵美さんの紹介です。

林さんは、こども芸術学科に来る前から絵本制作をしたことがあり、入学してからも絵と物語の展開にずっとこだわってきました。3年次には絵本とアニメの表現に惹かれ、春休みにはチェコへの研修旅行にも参加して、卒業制作ではアニメーションでの表現を極めようと、夏休みもBzemi制作室で頑張っています。この夏は東京で「Fairy tales 絵本展」に参加するとのこと、休みに入る前にチラシを持ってきてくれました。

 

林さんほんほんわくわくもりもり

林さん2

そして、いよいよ明日は林さんが、その絵本展会場で、自作の絵本の読み聞かせを自ら行います。

林さんが画像とメッセージを寄せてくれましたので紹介します。

 

*************************************************************

私は、大学2年次から所属している「絵本学会」で、絵本の作品発表をおこないました。その時に、同じく絵本学会で作品発表をされていた、Fairly tales 絵本展の主催の方との出会いがきっかけで、今回、「Fairy tales 絵本展ーほんほん わくわく もりもり 展2ー」に参加させていただくことになりました。

 

「Fairy tales 絵本展」は2005年から始まり、本の販売、よみきかせ、ワークショップやイベントなどの活動をされていて、絵本・詩集・アートブックなど、さまざまな本があつまる絵本展です。

 

 

お客さんの反応はとても正直で、勉強になります。

明日は絵本の読み聞かせします!
人前での読み聞かせは初めてで、どきどきですが、頑張ります!DSC_0162

*************************************************************

 

「Fairy tales 絵本展 2014」

ほんほんわくわくもりもり展2

会期(後期):8月17日(日)〜8月31日(日)、水曜休

時間:10:00-18:30(最終日のみ17:30まで)

会場: プラザ・ギャラリーA、B(グラスギャラリー)、sagio(京王線 仙川駅)

 

※絵本「まあるい幸福」読み聞かせ(無料)

8/18(月)14:00-15:00

時間:1回につき5分から10分

定員:1回につき、20名まで

対象:子どもから大人まで

読み聞かせ:林絵美

 

京都からはちょっと遠いですが、関東にお住まいの方、どうぞご高覧下さい!

 

(森本玄:教員/絵画)

 

1 2

コース・分野を選択してください

LINK


トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。