歴史遺産学科

2014年10月

  • LINEで送る

2014年10月31日  授業風景

京博の常設で永徳を見る。

みなさん、こんにちは。

歴史遺産学科の事務担当Jです。

近頃風が強く、体感温度が徐々に低くなってきました。

そろそろ冬が近づいてきている様子ですね。

 

さて、今日は歴史遺産学科の文化遺産コース3回生授業

「歴史遺産学総合演習Ⅱ」で五島先生とゼミ生が学外演習に

行ってきた様子を五島先生がレポートしてくださいましたよー。

 

———————————————————————————————————-

3回生のゼミで、京都国立博物館へ行きました。

 

IMG_0265

京都国立博物館に来ましたよー!イエーイ!!

IMG_0268

五島先生も京博を前にパシャリ。噴水に映えますねぇ。

 

博物館では今「鳥獣人物戯画」の特別展覧会が開かれていて、30分待ちの行列でした。

が、わたしたちはそれを尻目に新しくできた平成知新館の常設展のほうへ、狩野永徳の
聚光院襖絵(国宝)を見に行きました。

永徳の絵は「洛中洛外図屏風」も「唐獅子図屏風」も「檜図」もあるけれど、

私はこれがやっぱり一番だと思う。

洒脱な水墨画で、生気にあふれていて、しかも雄大で。

 

というわけでこの絵を見たい(わたしが)、といって学生を連れてきたのです。
学生は、学生証を見せれば常設展はタダだし、特展と違って人も少ないし、しかもとびきりの作品だし。

 

IMG_0273

見学後の一服。京都で一服するところが多いですね。うーん。至福。

京都に住んで、京都で学ぶっていうことは、こんなふうに1点1点を目当てに、お金もあんまり使わずに、
普段着の博物館・美術館、寺院・神社にいけるということです。

 

こんなのがオシャレっていうことを知ってほしくて、今回は京都国立博物館に行ったのでした。

  • LINEで送る

2014年10月24日  イベント

堀川ものがたり~一条戻橋と古代の祭祀~

こんにちは!歴史遺産学科副手です。

 

今回は、歴史遺産学科の学生も参加する

「堀川ものがたり ~一条戻橋と古代の祭祀~」についてご紹介したいと思います。

このイベントは、本学科に非常勤講師として来ていただいている梶川敏夫先生(公益財団法人京都市埋蔵文化財研究所次長、京都市考古資料館館長)のご紹介により毎年本学科学生が参加させていただいております!

 

「堀川ものがたり ~一条戻橋と古代の祭祀~」

一条戻橋の伝説をテーマにしたオペラ公演や、よさこい、語り部、紙芝居をはじめ、火起こし、勾玉作りなどの古代体験や、墨書人面土器を堀川に流す古代の祭祀体験など、楽しいイベントが盛りだくさん!!

みなさんの参加を心よりお待ちしています♪♪

(公式リーフレットより)

 

日にち:平成26年10月26日(日)

会場:元聚楽小学校体育館(京都市上京区葭屋町通中立売下る北俵町317

一条戻橋から堀川第一橋までの堀川河床(上京区堀川通一条下る主計町・堀川下之町)

時間:午後1時~午後4時(受付12時30分開始)

参加費:無料

 

※くわしくは、公益財団法人京都埋蔵文化財研究所公式ホームページより御覧ください。

 

当日はオペラやよさこい等のパフォーマンス、語り部、紙芝居をはじめ、平安時代の祭祀体験もできるそうです。

本学科からは伎楽面・舞楽面と、装束を着て学生が参加します。

先日、一緒に参加する京都女子大学の学生さんと衣装合わせをしていました!

誰がどの衣装を着るか考えています

誰がどの衣装を着るか考えています

ポーズも決まってます!!

ポーズも決まってます!!

是非、足をお運びください!!

  • LINEで送る

2014年10月23日  授業風景

【文化財保存修復コース】発表ラッシュです!

こんにちは!歴史遺産学科副手です!!

10月も後半にさしかかり、外は少しずつ寒くなってきましたね。

 

歴史遺産学科 文化財保存修復コースでは、3回生の進級論文中間発表会、4回生の卒業論文執筆に向けた合同ゼミが行われました。

まずは3回生のようす。

違うゼミに所属している同級生の発表を聞きます(3回生進級論文中間発表)

違うゼミに所属している同級生の発表を聞きます(3回生進級論文中間発表)

P1200352

P1200370

 

 

 

 

 

 

 

P1200375

質問やアドバイスをいただきます

皆さんの発表を聞くのは今回で2回目でしたが、1回目のときよりも堂々と発表していました。

1月には進級論文の提出・発表があります。

いただいたアドバイスをもとに、研究内容をより深めていきましょうね!

 

さて、お次は4回生の後期合同ゼミ。

P1230911

3・4回生で教室はいっぱいに

P1230896 P1230890 P1230879

4回生はさすが、質問に対する受け答えがハキハキ。

3回生も進行のお手伝いをしてくれ、スムーズに進みました。

 

進行の度合いは人それぞれですが、実験室でこつこつ実験を行う学生もいれば現地調査に遠出する学生もいて、12月の提出に向け皆一生懸命がんばっています。

体調にだけは気をつけて、成果を出し切ってほしいと思います!!

 

  • LINEで送る

2014年10月15日  授業風景

【文化遺産3回生】お茶室維持管理と茶道体験

みなさん、こんにちは。

歴史遺産学科の事務担当Jです。

木々も少し色づいたりしつつ、秋が徐々に深まりつつあるように感じます。

 

さて、本学には颯々庵というお茶室があります。

歴史遺産学科では、お茶室を毎月1回念入りに掃除し、維持管理に取り組んでいます。

また掃除した後、お茶室でみんなで茶道を体験するという活動を行っています。

 

今回は文化遺産3回生がお茶室の維持管理と茶道体験をしました!

まずはお茶室と外回りの掃除から始めます。

お茶室ははたきがけ→箒がけ→水拭き→乾拭き→窓拭きの順に掃除します。

P1200242

畳を水拭き。畳の目に沿って、丁寧に拭いていきます。

 

 

外回りは松葉拾いや石の配置修正、白砂利拾い、窓拭き、ごみ拾いなどをしていきます。

P1200202

水がきちんと流れるように、石の配置を整えます。

P1200206

白砂利の中にある落ち葉を取り、清掃する方法を指導中。

みんな1回生から経験していることなので、先生方の指導の下、キビキビさっさと動きます。

上級生になってくると、みんなしっかりしてきて安心して任せられます。

 

一通り掃除が終わると、次は茶道の体験です。

学生達は半々に分かれてもてなす側と客人側になり、お茶をたしなみます。

P1200300

もてなす側も客人側も、ともにかしこまっています。

 

なんと!今回のお茶菓子は虎屋さんの大棹羊羹2本です。

「虎屋さんの羊羹を食べた事がない学生がいる」という話を中村先生が聞いて、わざわざご用意くださいました。

P1200256

虎屋さんの羊羹をお茶菓子に。上品で美味しかったです。

今回は五島先生からお茶菓子について、中村先生から正しい正座とは…というご講義をいただくなど、

非常に学びの多い貴重な時間となりました。いやはや、うらやましい限りです。

P1200266

五島先生から「夜の梅」についてご解説をいただきました。

P1200289

中村先生からは正座についてご講義。いろんな正座があったんですね。

 

文化遺産3回生のみなさん、お茶室の維持管理と茶道体験、お疲れ様でした。

  • LINEで送る

2014年10月7日  イベント

【大瓜生山祭】学生作品展の振り返り②

こんにちは、歴史遺産学科副手です!

間が空いてしまいましたが、学生作品展の振り返りをお伝えしたいと思います。

 

今回は、文化財の修復をコンセプトにした大林先生のクラスです。

————————–

○大林先生クラス

 

こんにちは!歴史遺産学科文化財保存修復コース3回生の石田奈々子です。

私の所属ゼミは大林ゼミなので、大林ゼミの学科展の展示の内容と様子をご紹介しようと思います!

今回の私たち大林ゼミの展示のコンセプトは“文化財の修復”でした。

主に私たち3回生が授業の中で実際に行った被災資料、掛軸の修復の展示、そして修復の際に使用する道具を展示しました!

まずは、被災資料の展示についてご紹介いたします。

写真は私の相棒うさがご紹介いたします!(※ウサギの木の置物です。)下張り文書のパネル  実物

うさ

うさ

被災資料は、東日本大震災で被災した襖と京都・松ヶ崎で水害にあった文書を展示しました。襖に関しては、修復する前段階である下張文書の回収を行いました。

下張文書?と首を傾げる方も多いかと思われます。現在の襖にはそのようなものはありませんが、紙が貴重だった昔の襖には当時要らなくなった文書などが多く使われました。

昔の人にとっては必要なくなった紙(文書)だったのですが、現代の私たちにとっては歴史的に重要な”資料”が潜んでいる可能性が高いので、回収する必要があります。展示を見に来て下さった方も普段見ることの出来ない実物の下張文書がある襖を、興味津々に見て下さいました。

 

松ヶ崎の文書(もんじょ)に関しては、文書の修復作業についてのパネルを展示し、完成した実物も展示しました。パネルでの痛んでいる文書の様子と修復し終えた綺麗な文書の様子の違いに皆さんとても驚かれていました。

修復を終えた文書(実物)文書の修復の様子のパネル

うさ

次に掛軸の修復についての展示についてご紹介いたします。

掛軸の修復については、A班は布袋図の修復、B班は浮世絵作品のみのや小万の修復をしました。詳しく説明をし出すと、きっとうーんと頭を痛くされる方が続出すると思いますので(笑)、簡単に説明させていただきますね。

 

A班の方では左半分の方にシミが大きく目立ったので、それをどう低減させるかを実験的に行った修復となりました。

B班の方では、作品の顔料が水に滲むことが判明したので、安定的に保存ができて裏面も見せることが可能なブックマットに保存することにした、ものをどう残していくかを観点においた修復となりました。

大林ゼミ5大林ゼミ6

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

usa3

大林ゼミ7

 

学科の先生方も、私たち大林ゼミ生が取り組んだ修復をとても興味深く見て下さいました。

 

そして、最後の展示である修復作業に使用する道具の展示についてご紹介いたします。

これはタイトル通り、修復するときに実際に使用している道具を展示し、触っていただこうという展示でした。

大林ゼミ8

usa4

 

右下の方に写っている霧吹きには、水を実際に入れていたので、押した方は驚かれたり楽しまれたり・・・とされていました!(子供には大好評で、ひとりの大人の方はこの霧吹きを通販で買おうか真剣に悩んでらっしゃいました(笑))

 

これは私が考えた展示案だったのですが、意外にも好評をいただきました。

(ちょっぴり自慢してしまいました・・・(笑))

この道具の展示をしてみて、私たちが当たり前に使っているものは、実は皆さんが当たり前に知っているのではないのだということを改めて感じさせられ、展示してよかったなと感じました。

 

私は展示のリーダーとして最初は形に果たしてなるのだろうか・・・という不安もありましたが、展示が形になって本当に良かったと思いました。

京造の他のコースの方にも歴産を知れて楽しかったというお声や、展示が素敵だったので来年も見に来るというお声をいただくことが出来ました。

皆さんに歴産を分かっていただくいい機会になったと思っています。

文章長かったですね・・・ここまでお付き合いして下さり本当にありがとうございました。

 

最後に、私たちのゼミの先生である大林先生、副リーダーの後藤さん、大林ゼミの皆さん、他ゼミの皆さん、歴産事務・副手のお二人、そして展示を見に来て下さった方々

本当にありがとうございました!

 

来年もぜひ学科展に足を運んでくださると嬉しいです。

ではまたお会いできるのを楽しみにしております!

 

石田奈々子

usa5

 

————————–

リーダーとして、企画からパネル作りなどさまざまな仕事を引っ張ってくれた石田さん。

本当にお疲れ様でした◎

 

さて、この振り返りもあと1クラスです。

ご期待ください!

1 2

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。