こども芸術大学

2014年10月

  • LINEで送る

2014年10月20日  ニュース

2014年度運動会

よく晴れた秋空のもと、先日運動会を開催しました。

IMG_3259

負けることが悔しくてリレーの途中で泣きだす子、

1人だけなかなか板のぼりができず、それでも歯を食いしばって挑戦し続ける子、

公園への道すがら、年少さんと手をつないでお兄ちゃんの顔の年長さん、

 

いろいろなことが運動会までの遊びの中で繰り広げられます。

 

こども芸術大学はいつも親子で通ってきているので運動会当日のかっこいい姿だけでなく、

その日を迎えるまでの子どものドキドキや悔しい気持ち、いろいろな気持ちを一緒になってお母さんも体験します。

IMG_3911

当日までの運動会遊びの過程の中にたくさんの物語があり、応援してくれるみんながいるからこそ、

運動会の日に一人ひとりが自分自身の壁をひとつ越えていきます。

 

今日は運動会当日のみんなの生き生きとした様子をご報告します。

 

「みんなでかけっこ」

よーい、ドン! お母さんのところまでレッツゴー!

IMG_3309

「玉いれ」

大人の部では、OBの小学生も大活躍です。

IMG_3438IMG_3463

「2人3脚」

息を合わてイチ、ニ、イチ、ニ、

IMG_3555 IMG_3613

「つなひき」

みんながんばれ~! 小学生の応援にも力が入ります。

IMG_3645IMG_3669IMG_3674

「親子種目:しょうがいぶつ競争」

まずはヘビくぐり!

IMG_4111

お次は縄跳び電車です。

IMG_3762

電車を降りたらキャタピラー。

IMG_3982 IMG_3925

次はボール運びです。

お父さんやおじいちゃんも参加して楽しみました。

IMG_3986

最後は親子でゴール!

IMG_3787

「年長種目」

ここは年長さんの見せ場です。跳び箱と板のぼりに挑戦しました。

IMG_4270 IMG_4274 IMG_4275 IMG_4280

板のぼり、何回も挑戦した女の子。あきらめそうになったけど、みんなが応援してくれているからできたと言っていたそうです。

IMG_4501 IMG_4622 IMG_4627 IMG_4631

「リレー」

前日までは白の圧勝でしたが、ドラマのような展開でとてもいい勝負になりました。

一人ひとりがバトンに気持ちを込めて一生懸命ゴールまでつないでいきます。

IMG_4686

 

IMG_4831 IMG_4840 IMG_4876 IMG_4926 IMG_4930 IMG_4939 IMG_4944 IMG_5015

「メダル交換」

楽しかったね。がんばったね。

その気持ちを込めてメダルを親子で交換します。

IMG_5109

 

みんなの素敵な姿が本当にたくさんみれた運動会でした。

閉会式の間も、なんだかとっても晴れやかな表情です。

IMG_5148

(村井)

  • LINEで送る

2014年10月6日  ニュース

挑戦2(板のぼりより、母の気づき)

9月のお誕生会で友だちのS君が板のぼりを披露した。
最初は出来なかったが懸命に挑戦し、皆の声援もあり無事成功。
その姿を見守っていた、息子Tは「お昼からぼくも板のぼりする!」とやる気になっていた。
そして迎えた午後。

年長さんが次々と板上りに成功していく中、Tはなかなか上手くいかない。
でも、彼の中に「出来ない」というイメージはなかったらしく

不屈の精神で何度も何度も挑戦した。
板にぶち当たって痛い思いをしてもTは諦めなかった。
そのおかげで一度は成功!

でもその後は何度挑戦しても出来なかった。

 

皆が違う遊びに移っていく中でTはずっとやり続けた。

でも、ついに悔しくて泣き始める。
真っ赤になりながら号泣する姿を見て私も涙がこみ上げてきて
彼を抱きしめながら、ついには涙をこらえられず一緒に泣いた。

 

滲み出る汗が努力の証拠。
不器用かもしれないけど、こんなに一生懸命に物事に向き合える彼を誇りに思った。

そういえば、今まで、子どもの成長を感じ涙ぐむ事やうれし泣きをした事はあったけど、

こんな涙を流した事はなかったかもしれない。

それがどんな感情かと言われたら説明がつかないけれど

「寄り添う」ってこういう事なんだな・・・と改めて感じた。

 

泣き止んだ彼は再び挑戦し、沢山の人達に見守られて

最後の最後に板上り成功!

この瞬間に立ち会えた事の幸せを感じると共に
私以外の人達が彼の事を信じ、

一緒に付き合ってくれるというこの環境の有り難さを感じずにはいられなかった。

 

粘り強く付き合ってくれる人達がいたからこそ「出来ないまま」にはならなかった。
子どもはこうやって伸びていく。

彼のやり遂げる過程を見守れた事で、

私は「うちの子だけ出来ない」という事に焦点を合わせる事は一度もなかったし

そうやって信じる事が出来たからこそ、出来た時の笑顔を心の底から一緒に喜べた。
そして彼は「諦めない事」「自分の中にわき上がる感情との向き合い方」を体で感じたと思う。

出来る事が問題なのではないと、心底感じたエピソードです。

 

(年長母:H・O 「10月こども芸大だより」より)

IMG_1773 IMG_1794

  • LINEで送る

2014年10月2日  ニュース

挑戦

今、子どもたちの中で、板のぼりが流行っている。
忍者のごとく板を駆け上がり、自分の2~3倍ほどもある板を越えようと
失敗しても、何度も何度も挑戦する子どもたち。

IMG_1744

IMG_1842

 

IMG_1784

IMG_1822

 

どんなに痛い想いをしても、あきらめないで
時にくやしくて号泣しながら、挑み続ける姿はすごいと思う。

 

今年の年長は、全員できるようになった。
それどころか、3歳や4歳の子どもまで、
年長のように駆け上るのが無理ならばと、
ロッククライミングやヤモリのようにヨジヨジと登ろうとする。

IMG_1848

IMG_1847

IMG_1997

誰も大人の助けを求めない。
自分のチカラでできて、初めて喜びは本物になるようだ。

 

(田畑聡子)

  • LINEで送る

2014年10月1日  ニュース

こども芸術大学 学祭ものがたり3

「本屋」(4歳児)

 

私は物語を書くのが好き。

3歳の頃から、ううん、もしかしたら生まれたときから、

私は色んな世界を想像してきたのかもしれない。

だから、本屋をつくることを決めた。
最初は、一人でやろうと思ったの。

だって、私はまだ字を書くのに自信がないし、

私が苦手ってことは、皆もまだ字が書けないし、それってお客様に失礼でしょ?

 

一人だけ、一緒にお店をやってもいいなと思える友達がいたの。

だから、途中からは2人でするお店になった。
年少さんも「入れて」って、やってきたけど、絶対ダメ。

だって、私の本屋さんは、本物の本屋さんだから。

 

毎日、毎日、本を書いたよ。

先生は勝手に「えほんやさん」って言ってたけど、違うの。

本屋なの。だって、ものがたりなのよ。
本がたくさんできて、お母さんが、一生懸命それを字にしてくれた。
この本屋は、私の自慢の本屋なの。

沢山あるけど、一番のおすすめは
「パイナップルおうこく」
一緒にお店をした友達の本では
「太ってしまったパパ」が売れ筋だったわ。

(田畑聡子)

IMG_1120

絵本1

絵本2

 

 

 

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。