空間演出デザイン学科

2014年10月

  • LINEで送る

2014年10月30日  授業風景

【空間デザインⅢA】あいだのレッスン

 

今回紹介する授業は空間デザインコース3回生の空間デザインⅢAです。

後期を通しての授業テーマは「あいだのレッスン」。

空「間」演出デザイン学科の「間(あいだ)」について考えよう。とゆう内容で

一週間にあいだについての小さな課題が1〜2つ出され、毎週合評を行います。

 

今回の課題は「あいだ」についての言葉をリサーチし選び、辞書にするというもの。

例えば、

人と人とのあいだ

建物と建物とのあいだ

何かと何かのあいだ

などなど、それらを繋ぐものは何かを考えて辞書にします。

 

みんな一週間でしっかり製本して作ってきました。

すばらしいです!

来週もあいだのレッスンは続きます〜。

DSC_0019

みんなが作ったあいだの辞書

DSC_0024

作品1

DSC_0021

作品2

DSC_0018

合評の様子

DSC_0015

合評の様子

 

  • LINEで送る

2014年10月23日  授業風景

【ファッションデザイン基礎Ⅲ】スタイル画を描く

 

今回はファッションデザインコースの1回生の授業の紹介です。

ファッションデザイン基礎Ⅲではファッションドローイングを学んでいます。

八頭身のヌードプロポーションに今回は自分がデザインした服、

または自分が持っている服のスタイル画を描いていきます。

 

水彩絵の具、色鉛筆、コピックなど自分達の使いやすい画材を使って描きます。

服の生地の素材などが分かるように描いていくのがとても難しそうです。

DSC_0004 DSC_0008 DSC_0006

 

 

  • LINEで送る

2014年10月20日  授業風景

【空間演出基礎Ⅱ】わがまちおみやげプロジェクト

前期に開講していました空間演出基礎Ⅱの授業で

学生がデザインしたパッケージが商品になりました!

 

 

2回生の空間演出基礎Ⅱは2コース合同で行う授業で

ソーシャルデザインの基礎を学びます。

 

授業のテーマは「わがまちおみやげプロジェクト」。

2回生全員を18チームに分け近隣の地域を一カ所選び

その地の歴史や地政などを調べ産業や地域が抱える問題点にアプローチし

その地でのインタビューや得られる素材から小さなおみやげを制作します。

 

今回、紹介したいのは大阪府唯一の村である千早赤阪村をわがまちに選んだチームです。

 

まず千早赤阪村に実際に訪れ村の市役所へ行き観光課の方にお話を聞きました。

既存のお土産の質がとても良いのにパッケージなどがデザインされていない。というところに着目し

実際に販売されている「棚田米プリン」のパッケージデザインの提案をすることに!

 

スライド2

デザイン案

 

 

いくつかデザイン案を出したなかで一つを選びブラッシュアップし

最終的にこちらのデザインを採用することに!

 

4 2

 

そして実際にこちらのパッケージで販売されることになりました。

お店に置くPOPも制作しました。

スライド1

POP

詳しい情報は千早赤阪村のfacebookページにも記載されています!

ぜひご覧下さい。

https://www.facebook.com/chihayaakasaka

↑千早赤阪村

https://www.facebook.com/chihayaakasaka/posts/966992409995235

↑パッケージについての記事

  • LINEで送る

2014年10月16日  授業風景

【空間表現基礎Ⅰ】写真基礎

 

空間デザインコースの2回生は

空間表現基礎Ⅰの授業で写真の基礎を学びます。

 

1、2回目で一眼レフの操作方法から写真の撮り方を学び

3回目の今日は室内で物撮りを学びました!

 

DSC_0005

4チームに分かれて教室でセットを組み撮影します。

バック紙や三脚などを準備して…撮影開始です!

 

DSC_0025DSC_0030

 

このチームはどうやらおにぎりを撮影しているようです。

「海苔がテカテカするな〜〜。」と悪戦苦闘中です。

 

DSC_0026

このチームは腕時計を撮影しています。

上手に撮れてますか〜?

DSC_0027 DSC_0028

光の角度や影の入り方で写真の雰囲気がとても変わるみたいで

みんな悪戦苦闘していました。

物撮りをマスターすれば自分の作品も撮影できるようになり

制作の幅も広がりそうですね!

  • LINEで送る

2014年10月16日  授業風景

卒業制作展会議はじまりました

 

 

今年度の卒業制作展の会議が始まりました!

四回生の「空間演出研究」という授業は

卒業制作展に向けて、展覧会とは何かを考えながら

自分達の展示空間を作り上げて行く授業です。

 

四回生のみんなは学生リーダーを中心に組織分けされ

DMや空間構成、実際の制作まで行います。

全体のイメージやDMなどに統一感を出すために

今回は卒展のテーマをみんなで考えていきました。

 

先週の授業で1人5案出してくるという宿題が

学生リーダーからみんなに出されていたので

それぞれ持ち寄った案を付箋に書いて貼っていきました。

 

IMG_3924

IMG_3928

 

 

この大量の付箋の中から候補が4つに絞られました!

さて、テーマは何になるのでしょうか。

次回の会議も楽しみです。

1 2

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。