文芸表現学科

2014年11月

  • LINEで送る

2014年11月25日  イベント

朗読劇「待つ」満員御礼

 
紅葉まっさかりの週末、
辻仁成クラス朗読劇「待つ」は、
昼・夜ともに満員のお客さまにお越しいただき、
無事、公演を終えることができました。
ご来場いただいた皆さま、ありがとうございました。
 
簡単ではありますが、当日の模様を、
写真を中心にレポート致します。
 
前日は、朝から今年最後の集中講義。
午後から会場となる元・立誠小学校へ移動して、
リハーサルの立ち会いや、準備を手伝いました。
 
141123_023
会場となる、講堂。
 
141123_022
パンフレットの折り作業。
 
141123_012
高瀬川に出て、落ち葉拾い。
 
141123_024
リハのあと、演出を担当する大学院生の小林ののこさんへ、辻先生からアドバイス。
 
141123_026
明日の簡単な打ち合わせをして、解散。
 
141123_011
開演前の最終打ち合わせ。卒業生の会退由希恵さんがスタッフとして手伝ってくれました。
 
141123_010
奈良芸術短期大学の学生さんも、お手伝いに駆けつけてくれました。
 
朗読劇「待つ」は、学生たちの書いた13の短篇小説を繋いで、
小林さんがひとつの脚本にした物語です。
物語と書きましたが、連続するストーリーはなく、
でも軸となる小説を介して、言葉やイメージが連想的に繋がっていくようでした。
 
141123_004
前説は、辻仁成先生から。
 
141123_021
141123_016
141123_017
141123_015
141123_018
 
141123_008
フライヤーデザインや、
 
141123_006
学生たちの書いた小説も展示しました。
 
141123_002
脚本・演出の小林のの子さん、おつかれさまでした!
 
およそ55分の朗読劇でしたが、学生たちは、
自分の書いた言葉や人物が、他人の声をとおして語られることに
新鮮な驚きと喜びを感じたようです。
ふだんはこうしたイベントはやらないので、
学生たちが生き生きとしていたことも印象的でした。
 
そして、フライヤーやポスターは情報デザイン学科の学生が、
役者は舞台芸術学科の学生が(ほかに一般の方も)、
衣装はファッションコースの卒業生が、
と多くの人が関わって、この公演が実現しました。
来年度もまたこうして、朗読劇を上演できると良いなと思います。
 
IMG_6948
最後は、打ち上げで乾杯!
 
 
(スタッフ・竹内)

  • LINEで送る

2014年11月11日  イベント

11/22・23「絶景in別府」

 
卒業生の宿久理花子さんと、
卒業生の山脇益美さんが、
大分県別府市で絶景in別府という詩のイベントを開催します。
 
これは、ベップ・アート・マンス2014のプログラムの1つとして、
彼女たちが企画したイベントです。
 
ベップ・アート・マンス2014とは、
「別府現代芸術フェスティバル「混浴温泉世界」実行委員会が主催となり毎年秋に別府市内で開催している、
文化・芸術に関わるたくさんのイベントを集めた市民文化祭です。」
(出典:http://www.beppuartmonth.com/?page_id=246)
今年は81ものプログラムがあるようですよ。
 
beepu_03
 
二人は「月齢会」という詩を書くひとたちの集まりに参加しています。
京都からは、宿久さんのほか、
山猫さん(実は文芸表現学科の先生だったりします)や、
3回生の船戸さんも参加するようです。
 
くじ引きで詩をつくる参加型のイベントや、
朗読会、詩の展示もあります。
詳細はこちら→http://www.beppuartmonth.com/?programs=%E7%B5%B6%E6%99%AFin%E5%88%A5%E5%BA%9C
 
温泉につかって、別府の秋と、彼女たちの詩を楽しんでください!
 
beppu_01
 
beppu_02
 
 
(スタッフ・竹内)

  • LINEで送る

2014年11月6日  ニュース

桧山進次郎『待つ心、瞬間の力』

 
『待つ心、瞬間の力』
ー阪神の「代打の神様」だけが知る勝負の境目

廣済堂出版より発行されました。
 
卒業生でライターとして活躍中の三本真くんが、
この本の「構成・撮影」として携わっているのだと言って、
先日会ったときに本を1冊くれました。
実際に桧山さんに会って、
インタビューなども行なったそうです。
毎日忙しそうですが、元気に仕事をしている様子で嬉しい限りです。
 
阪神ファンの人も、そうでない人も、
ぜひ書店で手にとってご覧ください〜。
 
hiyama
 
 
(スタッフ・竹内)

  • LINEで送る

2014年11月4日  イベント

11/23(日)朗読劇「待つ」開催ー 辻仁成 監修、小林のの子 脚本・演出 

辻仁成クラス13名の学生たちが、
「待つ」というテーマで短編小説を執筆しました。

 

その13篇の小説をもとにした、
朗読劇「待つ」を上演致します。

 

脚本を執筆し、演出を担当するのは

京都造形芸術大学 大学院 修士1年の小林のの子さんです。

 

小林さんは昨年、クリエイティブ・ライティングコースを卒業し、
辻仁成先生のもとで、ひきつづき大学院で学んでいます。

 

今回、役者をつとめる中には同大学舞台芸術学科の学生たちもいます。

皆さまのご来場を、お待ちしております。

 


朗読劇「待つ」

 

監修:辻仁成(京都造形芸術大学 教授)
演出・脚本:小林のの子(京都造形芸術大学 大学院 修士1年)
cast:久場雄太、辻井悟志(同大学舞台芸術学科 2年)、

桑村大和(同大学舞台芸術学科 2年)、D-sk  他
staff:本田はす(衣装)、角田凉(宣伝美術)、會退由希恵、
小辻建哉、小野まやか

 

<日時>
11月23日(日)
マチネ(昼の部)13:30開場 / 14:00開演
ソワレ(夜の部)17:30開場 / 18:00開演

 

<会場>
元・立誠小学校 講堂
京都府京都市中京区蛸薬師通河原町東入備前島町310-2
※敷地内には駐輪・駐車スペースはございません。交通機関をご利用下さい。
※会場内、暖房が十分ではありません。暖かくしてお越し下さい。

 

<料金>
大人 500円(中学生以下 無料)

 

Print

Print

 

(スタッフ・鈴木真美)

 

 

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。