美術工芸学科

2014年11月

  • LINEで送る

2014年11月28日  ニュース

【日本画】画心展作品審査!

こんにちは。

日本画研究室です。

 

先週11/21金曜日は4年生卒業制作中間合評と

『画心展』京都造形芸術大学 日本画研究室選抜 新人作家展の作品審査日でした!

日本画コース教授陣はもちろん、佐藤美術館学芸部長の立島惠先生をお招きし、

画心展審査と中間合評どちらも参加していただきました。

 

まずは中間合評から。

 

 

 

 

あとひと月と少しのタイミングで立島先生から講評いただけたので、

12月末の採点日が楽しみです…!!( ̄▽ ̄;)

 

そして放課後は画心展の作品審査!

 

 

 

一通り作品を見てまわった後に議論されて、順に多数決をとり画心展出品者が決まっていきました!

通学部の選考が終わったら通信教育部の作品審査へ。

 

 

 

通信教育部は搬入出が困難な為、写真にて選考されました。

パワフルな作品が多数寄せられていました…!

 

画心展入選者の発表は本日午後です。

出品した学生は今頃ドキドキしている事でしょう…。

 

尚、画心展は佐藤美術館にて来年の4月に開催予定です!

詳しい日程が決定し次第、ブログ等にて告知させていただきます。

 

 

_____________________________________________________

◆秋のBUKATSUもよろしくお願いします!

11/29のBUKATSUでは模写クラス担当の中神先生が顧問です!!

鳥獣戯画、描いてみよう!(ง •̀ω•́)ง✧

参加者大募集中ですので、どうぞご参加ください!!

 

詳しくはこちら

 

*****************************

美術工芸学科 日本画コース

twitter : @kznhng

*****************************

 

  • LINEで送る

2014年11月28日  ニュース

部活、始まっています。

美術工芸学科のBUKATSUが後期もスタートしています。

今回はクレイボタン作りの様子をご紹介します。

DSC_2862DSC_2863

型取りを応用した方法で作っています。

既製品をねん土にギュッと押し込むだけで、おもしろい表情が生まれます。

DSC_2861DSC_2859

これらは今回の顧問である神内先生のお子さんのおもちゃだそうです。

家の引出しに眠っていそうなものでも、こうして見ると味わい深いですね。

DSC_2860

これも普段目にしているもの。

なんでしょう???

DSC_2865

釉薬の色も選べます。

完成が楽しみですね。

 

 

BUKATSUは前日の5時まで申し込みが可能です。

今からでも奮ってご参加ください!

 

お申し込みはこちらから↓

http://www.kyoto-art.ac.jp/bukatsu_03/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • LINEで送る

2014年11月27日  ニュース

【日本画】池田泉州銀行カレンダー最優秀賞受賞!

日本画コースにうれしいニュースが届きました。

 

池田泉州銀行さんでは毎年、関西で芸術を志す若い力を応援する試みとして
『2015 年池田泉州銀行カレンダー原画』を募集されています。

今年度は41校1,247点の応募があり、最優秀作1点と佳作5点が選ばれました。

 

その最優秀賞に、日本画コース3年生原舞弥さんの作品が選ばれました!

 

fresh-3

 

 

きっと誰もが遊んだことのあるタイヤ跳びという遊び。

1つを飛び越えることで次のも飛べる、その時の嬉しさ、楽しさ、そんな気持ちを思い出しながら描きました。

テーマとしては成功した時の喜びを表現できたらと思いました。

 

3年 原 舞弥

 

 

 

発想も画面も爽やかでカレンダーにもぴったりの作品です。受賞おめでとう!
(画像はカレンダーのイメージです ※公式HPより)

 

結果はこちら、公式HPでも発表されています!

池田泉州銀行(pdf形式)

 

在学生のみなさんも、来年度ぜひ挑戦してください。

 

 

  • LINEで送る

2014年11月27日  ニュース

【染テキ】板締最終章 素晴らしい!

今日は板締め絞りの合評の日

14名の学生が13m染め上げました。

ぴしっと時間通りに作業を終わらせ、ぴしって合評を始めた後期組。

なんとも素晴らしい。

 

混色の研究にも熱心で、どの色が抜けにくく、どの色が抜けやすいかなど、

職人の領域にまで入り込んで、勤勉に勉強しました。

出来上がった布はどれも本当に美しい。

これから、広島へ仕立てに出荷します。

冬だけど、別にいいさ!!!浴衣を来て、写真撮影をしましょう!!!

 

 

IMG_3556

 

 

みんなの作品を並べてみました。

 

IMG_3557

 

合評が終わって、ひと安心している様子。

 

IMG_3551

 

今井萌莉

 

IMG_3549

大西佑利亜

 

IMG_3547

久留野雅夏

 

IMG_3545

久留野雅夏

IMG_3543

佐竹萌

 

IMG_3541

武田梨乃

IMG_3539

谷口直子

 

IMG_3538

陳品潔

IMG_3535

中村早希

IMG_3533

野村素直

IMG_3531

松浦綾

 

IMG_3528

三浦麻里奈

IMG_3526

 

柳町あゆみ

IMG_3524

吉岡萌黄

IMG_3522

渡邊紗彩

 

 

 

そして、そして、

下のてぬぐい生地を卒展SHOPにて販売することが決定致しました!!!

すべて、いってんモノの作品です。

みなさま、卒展の時をお楽しみに!!!

 

IMG_3647 IMG_3645 IMG_3642 IMG_3640 IMG_3639 IMG_3638 IMG_3635 IMG_3630 IMG_3629 IMG_3625 IMG_3619 IMG_3617 IMG_3615IMG_3628

 

  • LINEで送る

2014年11月25日  ニュース

【総合造形】ついにあの海洋堂が!

総合造形コース特別講義 第3弾!

なんとついにあの海洋堂の方をお招きしてのレクチャーが実現。

 

今回来て下さったのは海洋堂専属造形師の古田悟郎先生です。

DSC_2823

古田先生は爬虫類・両生類をつくらせたら右に出るものはいないといわれるほどのスペシャリスト!

先生の作品もたくさん持ってきて頂きました。

恐るべきクオリティー!!

DSC_2807DSC_2840DSC_2841

まずは海洋堂の歴史に始まり、造形師という仕事についてのお話から。

DSC_2765

そして今回はマチカネワニ彩色大会と題し、

各学年からの代表者が原型の彩色に挑戦するという企画。

DSC_2771

さあ、古田先生に挑戦してみよう!!!

 

ということで、始まりました。

 

DSC_2779DSC_2775DSC_2832DSC_2813

さらなるスペシャルは、カプセルQの特別販売。

みんなお目当てのフィギュアを求めて大興奮です。

DSC_2827DSC_2782

 

DSC_2829

マル秘の仕事道具を見せて頂いたり、

学生からの質問にもたくさん答えてもらいました。

DSC_2824

大阪大学総合学術博物館の伊藤謙先生にもお越し頂き、いろいろな裏話も、、、

DSC_2835

さあ、マチカネワニはどうなったでしょうか。

みんなで講評会です。

DSC_2853

みごとにそれぞれ全く異なるマチカネワニができあがりましたね。

 

 

今では当たり前のように目にするフィギュアですが、

そこにはとてつもない工夫と技術が注ぎ込まれていることがよくわかりました。

 

古田先生、ありがとうございました!

 

 

 

1 2 3 4

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。