キャラクターデザイン学科

2014年11月

  • LINEで送る

2014年11月28日  日常風景

学生ブログより~京造生の夏休み!!なっちゃん編~

皆さんこんにちは!!副手のトミタカです。

 

紅葉が綺麗な季節になりましたね!!

まだちゃんと見れていないので、早く紅葉狩りに行きたいです。

 

さて、今回は学生ブログということで学生広報スタッフの

なっちゃんが夏休みについて振り返って書いてくれました。

 

 

学生ブログはこちらから!!

 

 

———————————————————————————————————–

 

 

yamada.jpg

 

 

 

 

 

こんにちは!なっちゃんです。

 

 

 

最近はめっきり肌寒くなり、大学では後期授業が進んでいます。

 

 

 

 
時期は経過していますが、今回は記事のテーマ通り夏休みを振り返ります。

 

 

 

 

 

今年の夏休みと言えば、学科展の準備やプロジェクト、その他もろもろとにかく奮闘した日々でした!

 

 

 

 

学科展とは大瓜生山祭において各学科ごとに行われる展示会のことで、

 

 

 

 

キャラクターデザイン学科は主に3回生が展示します。(ちばっちの記事でも紹介されていましたね)

 

 

 

 

また今年はゼミ単位で作品を展示することになり、

 

 

 

 

 

私は野村先生のセルアニメーションゼミのゼミリーダーとして学科展の運営に関わっていました。

 

 

 

 

 

この学科展はテーマ、ポスターやパンフレットのデザインの取り決め、教室での作品の配置、物販、などなど・・・・・・

 

 

 

 

 

展示にかかわるそのほとんどは学生主体で行われています。

 

 

 

 

 

そのために夏休みは毎週学科展のミーティングを行い、学科展を成功させるべくみんなで試行錯誤を重ねていました。

 

 

 

 

 

そしてその2014年度キャラクターデザイン学科、「学科展」!

 

 

 

 

 

 

こんな感じでした!

 

学科展1

 

 

 

 

 

学科展2

 

 

 

 

 

学科展その3

 

 

 

 

 

ちなみに私が所属するセルアニメーションゼミの野村ゼミはこのような展示を行いました。
学科展その4

 

 

 

 

 

 

なんとも嬉しいことに昨年の2倍以上の来場者の方にお越しいただき学科展は2日とも大盛況!

 

お越しいただいた方、ありがとうございました~!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、私は昨年に引き続き『白十字プロジェクト』に参加しております。

 

 

白十字

 

 

 

 

白十字とは医療品や介護製品を手がけておられる会社で、

 

 

 

 

現在企業様と数人のメンバーで協力してface bookで4コマを展開しています!

 

 

 

 

 

こちらも夏休みの間新たなメンバーとともに4コマのネタ出しや、作品制作に励んでいました。

 

 

 

 

 

ちなみにそのfacebookページはこちら!!

 

https://ja-jp.facebook.com/hakujuji

 

 

 

 

 

 

 

 

ほかにも母校の小学生金管バンドで使われる直径8メートルのシートに絵描いたり・・・・・・

 

 

 
画像6

 

 

 

 

 

とにかく充実した夏休みでした!

 

 

 

 

とはいえびっくりするくらい忙しかったですが実際はなんとかなるもので、

 

 

 

 

 

自分はここまでやり遂げられるんだな~!自分を知れた良い機会だったと思います。

 

 

 

 

そのためにも人間興味を引かれたらまずはやってみるもんですね~

 

 

 

 

さて時間の流れは早いもので大学の夏休みも残すところあと1回しかなくなってしました。

 

 

 

 

 

今年の夏休みも、思い返して悔いのないとっても楽しい夏休みになったかなと思ってます。

 

 

 

 

 

来年もきっと楽しい夏休みを!

 

 

 

 

 

それではまた、なっちゃんでした。

 

 

 

 

 

 

 

  • LINEで送る

2014年11月17日  授業風景

企業へプレゼンテーション!

 

 

こんにちは!副手のノブモトです。

先日、鳥獣戯画展に行ってきました~。かなりの盛況とは聞いていましたが実際行ってみると長蛇の列に驚き…!

グッズがどれも可愛くて散財してしまいました(⊃д⊂)

 

 

IMG_5844

 

さて、今回は竹村博臣先生の「プレゼンテーション」授業の様子をご紹介します!

 

 

突然ですが、皆さんは点字新聞ってご存知ですか?

 

以前タツタ電線のノベルティノートデザインに関する記事を掲載しましたが、

それだけではなく、こちらの授業では点字新聞をリサイクルしたノベルティグッズ の提案も行っていました!

 

IMG_5818

 

 

 

こちらは タツタ電線×京都ライトハウス×京都造形芸術大学のコラボレーションによるグッズ制作です!

 

京都ライトハウスは視覚障害者の支援に積極的に取り組んでいる総合福祉施設。

そこで使われている点字新聞は使用が済んだ後、

普通に処分することが出来ないため、再利用してグッズ展開できないかというお話しからキャラクターデザイン学科とのコラボが実現しました。

 

 

 

前期のプレゼンテーション 授業はグループワーク中心で

 

少しでも人前で話せること

 

どうすれば相手に伝わるのか

 

ということを中心にやってきましたが

 

 

後期は実際に企業の方や第三者の前にたち

自分の思い、考えていることを‘伝える’ということをテーマに取組んでいます。

今回の授業ではタツタ電線から副社長はじめ3名のかたにお越しいただき

一人一人が考えたデザイン企画を発表しました。

 

 

IMG_5870

 

 

IMG_5894

 

 

実際に視覚障害者のかたが制作に関われるものなのか、学生各々実験や研究を重ねていました。

 

点字新聞は真っ白で丈夫な紙で作られており、

そこに施された点字の加工はテクスチャとしてとても美しいものです。

 

それを活かし、ブックカバーや栞、小物入れやバッヂなどなど

多様な企画がプレゼンされました。

 

 

 

こちらは海外で配布されることもあり、「京都から世界へアピール出来るもの・こと」をモチーフにしています。

 

みんなが制作したサンプルがこちらです。

 

 

IMG_6039 IMG_6038 IMG_6026

 

 

 

 

最後に総評をいただいて記念写真を撮影いたしました!

 

 

 

IMG_6058

 

 

 

タツタ電線の皆様、ありがとうございました!

果たして実際にグッズ化なるか!?

続報をお待ちくださいませ!

  • LINEで送る

2014年11月14日  授業風景

『脱出ゲーム』!!

 

みなさん、こんにちは!!

副手のトミタカです。

 

11月に入りだんだんと寒さが増してきましたね…。

時期的にまだ早いかなと思ったのですが…先日炬燵を出しました!!

冷え性の私にとっては日々暖かくて幸せです(´∀`)

 

 

 

 

 

 

さて今回は先日行われた村上先生授業の「発想構想演習」と2・3回生のゼミである「キャラクターアニメーションⅠG/ⅡG」の合同授業で行った『脱出ゲーム』についてご紹介します!!

 

 

 

 

 

『脱出ゲーム』とは…?

ある物語の中で1つの空間に実際に集まった人たちが閉じ込められ、そこで出題される数々の謎を解き制限時間内に無事クリアが出来れば見事脱出!!というゲームです。

現在各地で様々な内容や有名な作品とのコラボなどがあり、とても人気のゲームなのです!!

 

 

 

 

 

それを今回、ゲーム制作をするうえでの構成や技術を学び、研究をしている村上ゼミの学生たちが1回生に対して自分たちで1から企画・構成を考えた『脱出ゲーム』を仕掛けるということで行われました。

 

 

 

 

 

今回行われた『脱出ゲーム』の内容は….

「恐怖!!呪われた大学」

1回生たちは新聞記者として56人の取材班になり、大学に出るという噂の幽霊の真相を確かめるべく記事にしてもらいます。途中、先に調査に出向き行方不明になっていたクルーを助け、呪いにかかってしまったプロデューサーを徐霊しないといけません。

さあ君たちは、次々に出される謎を解き明かし無事にこの呪われた大学から脱出できるか!?

という内容です。

 

 

そして今回、物語の重要人物であり最終的に脱出の鍵となるプロデューサー役としてなんと!!

この授業のゼミ担当である村上先生が参加してくださいました!!

 

 

 

 

IMG_2536

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

プロデューサー役がなかなか様になってらっしゃいます。

 

 

 

 

 

 

 

運営スタッフや村上Pの指示のもと、制限時間90分の脱出ゲームのスタートです!!

 

 

 

 

IMG_2542

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スタート直後、ゼミ生たちが考えた謎を懸命に解いていく学生たち。

簡単な問題もあれば難しい問題もいくつかあったみたいで結構悪戦苦闘している学生が多かったですね。

 

 

 

 

IMG_2553

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

壁や机に謎を解くヒントが貼ってあり、それと照らし合わせながら謎解きを頑張っていました。

 

 

 

 

IMG_2563

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第一ステージの謎を解き次へのステージへ行くためには村上Pの確認が必要です。

ここで間違っていると先へは進めません。

 

 

 

 

 

 

 

IMG_2577 IMG_2582

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

厳しいチェックにクリアした取材班は各所に出題される謎を次々と解き明かし最後まで進んでいきます。

 

 

 

 

 

 

IMG_25888 IMG_25900

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

呪いによってうなだれる村上P…大丈夫ですか!?

 

 

 

 

 

 

 

IMG_2592

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

すべての謎を解き明かした取材班と巫女により呪われた村上Pを無事に徐霊できました!!

 

(写真にはないのですが徐霊の際、巫女にハリセンでおもいっきり頭を叩かれてすごい音がしたので一瞬本当にびっくりしました。)

 

 

 

 

 

IMG_2596

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

脱出できた取材班のみんなおめでとう!!

 

 

 

 

 

 

今回が『脱出ゲーム』を行うことが初めてだという学生が多数で楽しみのあまり前日が眠れなかったという学生もいました。

「発想構想演習」の授業は技術だけじゃなく発想を鍛えていく授業なので、今回のことはとても良い経験になったとおもいます!!

 

 

 

 

 

『脱出ゲーム』を終えて1回生の感想

*問題の難易度や時間と問題量のバランスがちょうど良い具合にシビアでハラハラドキドキして面白かった。自分も上回生になったらこのようなゼミで「楽しませる側」の人間になりたいとおもった。

 

 

 

*ストーリーが凝っており小ネタの入れどころや質・量など今後の自分たちに役に立ちそうなことばかりでした。雰囲気がよくストーリーにのめり込めました。

 

 

 

 

 

 

 

IMG_26111

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最後はみんなで記念撮影!!

いろいろとハプニングなどもあったみたいですが企画・運営をした2・3回生のゼミの皆さん本当にお疲れ様でした。

1回生の皆さんも楽しめたみたいで良かったです!!

 

 

  • LINEで送る

2014年11月5日  授業風景

グラフィックデザイン~ノベルティグッズ制作~

 

こんにちは!キャラクターデザイン学科副手のノブモトです。

お久しぶりになってしまいましたすみません!

 

この時期になるととにかく静電気がひどいので、

良い除去グッズを探しています…。(☉ω☉;)

 

 

 

 

IMG_2438

 

さて、今回はグラフィックデザイン授業の様子をお届けいたします。

 

現在、グラフィックのクラスでは、

電線・ケーブル事業で培った技術をもとに様々な事業を展開している「タツタ電線株式会社」とのコラボで、

海外展示会で使われるノベルティグッズとしてのノートのデザインを提案しています。

昨年はタツタキャラクターを考え、ノベルティとしてメモ帳を制作しましたが

今回は、より日本らしさ、京都のテイストを出したいということで

メインモチーフが百鬼夜行になりました。

 

「現代の京に息づく百鬼夜行の鬼たち」というテーマのもと

海外にファンタスティックな「京の鬼」を発信してみたい!

 

つまり国内へ向けてで、はなく海外から見てどうかということが

制作提案のポイントとなっています。

 

 

 

今回の授業ではノベルティグッズ化へ向けて

企業の皆様へ向けた企画書と

ノートのサンプルを提出しての合評を行いました!

 

 

 

IMG_2502

 

 

 

IMG_2479

IMG_2507

 

 

京都がテーマのひとつであるため、象徴的な碁盤の目や大文字焼きなどの要素を

みんなうまくデザインに盛り込んでいました。

 

撮影したサンプルもいくつかご紹介します。

 

 

 

KUADブログ用_伊東さん KUADブログ用_福島くん KUADブログ用_鈴木さん

 

 

 

これから企業の方へ実際に見ていただきます!展開がどうなるのか楽しみです~~。

 

続報をお待ちくださいませ!

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。