美術工芸学科

2014年12月

  • LINEで送る

2014年12月31日  ニュース

【現代美術・写真】ワークショップ・レポート:台湾・国立高雄大学にて(その1)

11月下旬、現代美術・写真コース4回生の有志4名が、小野規先生の開催する特別講義とワークショップに参加してきました。

場所は、台湾の南の大都市、高雄(カオシュン)にある国立高雄大学です。

熱帯にある高雄は、11月下旬といっても真夏のような日々。

現地のデザイン・写真系の学生と文字通り寝食をともにしながら、濃密な10日間となりました。

 

今回は台湾報告その1、森彩さんのレポートを紹介します!

 

 

★写真コース4回生のもりあやです。

 

11月に写真コースのゼミで台湾の南にある高雄へ行ってきました!

私は夏休みに台北の方へ旅行へ行っていて、その時はガイドブックに載っている美しい観光地をまわってきたのですが、今回は日本と台湾の関係の歴史を感じる旅となりました。

では、この旅で私の感じた事などを簡単に紹介していきます。

 

台湾は日本が植民地としていた事もあるのか、町並みに日本らしさがあります。

なので、ヨーロッパへ行ったときに感じる異国感があまり感じられませんでした。看板に書いてある文字は漢字なのでなんとなく読めるし、売っているものも日本の食品を多々みかけます。

だけど、アジア独特の甘ったるいにおいが街中にあふれていて、うらやましいくらいだだっ広い道路と山の見えない景色を見ていると違う国へ来たな、という感じがしてきます。

道路は広いのですが、歩行者通路は狭くて、そこで露店なんかしているもんだからすごく通りにくいけれど、露店では不思議な果物が売られています。

道路には野良犬も多くて、日本とは違ってのびのびと放し飼いにされています。噛みついてきたりしなくて、すごく大人しくて人なつっこいです。植物は熱帯のものが多くて、日本では植物園の温室でしか見かけないバナナの木なんかにも遭遇します。

 

こちらは、台湾のとあるスーパーです。台湾の果物はとても美味しい!

私は柿が苦手なのですが、克服してしまうほどでした。

 

10386742_668941096552426_735282343491344932_n

 

さて、この台湾訪問では、国立高雄大学の学生と一緒にワークショップをする事が目的です。

ワークショップの内容は、台湾に残る日本統治時代の”ミリタリーヴィレッジ”を大判カメラを使って記録するというものです。

ミリタリーヴィレッジとは、日本が台湾を植民地化していた時に作った日本の軍関係者の居住地です。

 

DSC_0358 2

 

高雄大学の学生達は、初めての大判カメラに悪戦苦闘です。

 

DSC_0332 2

 

「どれどれ、見せて」と小野先生。

 

DSC_0325 2

 

犬も見守ります。

 

taiwan1

 

小、中学校の修学旅行の時に、広島や長崎に行って自国の戦争の被害について学びましたが、ここは日本が支配者となって被害を及ぼした場所です。

日本は台湾を植民地化したことで、教育面やインフラ面などを向上させたという良い面が浮かんでくると思いますが、その裏では殺戮が行われていたという事実もあります。

このミリタリーヴィレッジはもしかしたら無くなってしまう可能性があります。広島に原爆ドームがあるように、私はこの場所を残しておいてほしいです。

戦争の被害にあった方々は、当時の事が鮮明にうかびあがってくるものを見てしまうと、胸がとても苦しくなる思いをされると思います。

ですが、人間はすぐに過去の事を忘れてしまいます。温故知新という言葉があるように、未来を見通すためには過去を顧みるという事がとても重要となってくるのではないでしょうか。

戦争体験者ではない私は、教科書の文字やネットなどで見て知るより、こうやって現地に足を踏み入れて事実を目の当たりにし、言葉にできない感情を感じた事が何よりの学びとなりました。

 

玄関の様子です。

 

DSC_0074 2

DSC_0080 2

 

今は誰も住んでいないので中はぼろぼろで、木材を盗みにくる人もいるそうです。

 

DSC_0085

内装も日本を感じるものが多いです。

 

DSC_0120 2

 

植物がとても多くて気温も暖かいし、ぼーっとしていて気持ちのいい場所です。

 

taiwan2

私たちが行った時期は、丁度台湾で選挙が行われていて、ミリタリーヴィレッジ内でおじいちゃんが孫を自転車の後ろに乗せて宣伝活動を行っていました。

 

taiwan3

 

台湾の選挙はとても派手で、選挙ポスターが街中にアイドルの写真みたくどーん!と貼られています。日本のように大人しく真面目なかんじではなくて、音楽をがんがんに流したりもして、お祭りみたいな賑やかさです!

 

そして、高雄での宿泊先は、高雄大学の学生のシェアハウス。およそ一週間宿泊させてもらい、英語が全く出来ない私たちの、たじたじの英語でも何一つ嫌な顔せずに一生懸命コミュニケーションをとろうとしてくれました。

 

image-2

 

みんなで翌日に食べるお昼ご飯を決めています↑

 

高雄大学のみんなはテスト前で忙しいのに、美味しいご飯屋さんに連れて行ってくれたり、大学まで案内してくれたり、、本当にとても良くしてもらいました。

現地の人に案内してもらうご飯屋さんはどこも美味しい!!!!

丁度、誕生日の子がいたので一緒にケーキを買いにいってお祝いもしましたよ〜!

 

image

 

 

そしてそして、台湾では小籠包などの中華はもちろんとても美味しかったのですが、私が一番美味しかったと思ったのが、この朝ご飯です!

 

taiwan4

 

台湾では、外食が基本なので朝昼晩外食です!

高雄大学の友達と朝、待ち合わせをして連れて行ってもらいました。

 

一週間ですごく仲良くなれたけれど、やっぱり英語がもっとできたら深い関係を築けたのではないかな、と思います。言葉は大切ですね。

そして何より、”観光”ではあまり経験できない現地の人とたくさん話をすることができた事が一番良い経験となりました。国が違うだけで、なんとなく緊張した距離があるように感じるのですが、言葉を交わしていくたびに距離が縮まっていく感じがすごく嬉しかったです。

 

taiwan5

 

台湾へは格安航空のpeachで台北にも高雄にも3時間もあれば行けます。

英語はそこまで出来なくても、漢字とジェスチャーで大丈夫です。台湾の方は日本語ができる方も多いですよ。

また、台湾の方々はとても優しいので、迷っても丁寧に教えてくれます。私が夏に台北へ行ったとき、道に迷っていてあたふたしていたらかけよってきてくれて車で目的地まで送って下さいました!!本当に優しい方々ばかりです!!

 

海外へ行って異文化に触れるという事は自分の価値観を刺激する事になります。食事が口に合わなかったり、トイレの使い方が違ったり、衛生面での驚きもあると思います。若い時に海外へ旅に行くという事は自分の精神力を上げるトレーニングになると思います。

大学へ入るとお休みも多くなるので、是非とも海外体験をしてみて下さいね。

 

最後にこのような交流の場を設けて下さった小野先生、国立高雄大学のルル先生、本当にありがとうございました。

 

 

写真コース 4回 もりあや

 

 

  • LINEで送る

2014年12月25日  ニュース

【染テキ】メリークリスマス!!

メリークリスマス!

たくさんのごちそうを食べていらっしゃいますでしょうか?

 

12月20日(土)は野田先生によるBUKATSUがありました!

この日は、クリスマスに向けてのピンバッチ作りをしました!

 

10665391_619706774823301_6636098329746829254_n

 

 

P1000174

突然の雨の中参加してくれた学生さんは、みんな高校1年生!

高校に入ったばかりだけど、次の進路に向けて、いろいろ考えているみたい。

今回は、お母さんに勧められてBUKATSUに参加してくれたようです!!

 

 

P1000179

 

さて、さて、どんな素敵なピンバッチができたかな?

十字架やリボン、ハートなど、それぞれが好きな形をアクセントにし、

その周りにたくさんのボタンをちりばめました。

お洋服にも良く合ってると思います。

3時間という、とても短い時間でしたが、みんなとてもかわいいアクセサリーができましたね。

 

BUKATSU後、時間がある学生さんには、

一つ下の階に降りてもらい、今必死で製作をしている、3年生、4年生の現場を見てもらいました。

高校生にも良い刺激になっていたらいいなと思います。

 

次回のBUKATSUは年明け1月17日です。(この日はピンホールカメラで写真を撮ります。)

そのあと、1月24日は、京都で有名な糸屋さんアヴリルさんをお招きしてのBUKATSUを行います。(カラフルな糸を自分で作って指編みのテクニックを教えてもらいます。)

興味のある方は是非、ご参加下さい。

 

申し込みはこちらから。

http://www.kyoto-art.ac.jp/bukatsu_03/

 

 

P1000156

頑張っています。小林さん。

猫のお共も一緒です。

 

 

P1000161

 

必死の寺内さん。今年も残り後…日。

 

P1000130

 

3年生も頑張っています。

年明けの合評に向けて!

 

P1000070

 

高校生に人気だった、田中さんの作品。

これらの作品は鞄になります。

完成が楽しみです。

 

 

いよいよ、明日で今年も最後になりました。

お世話になったみなさま、本当にありがとうございました。

1月は8日9日と卒展図録の写真撮影。

そして、2月21日より卒業制作展がはじまります。

 

今年もみんな、力をいれて作品を作っていますので、是非楽しみに待っていて下さい。

 

それでは、良きクリスマスと素敵なお正月をお迎え下さいませ。

来年も宜しくお願い致します。

 

 

 

 

 

 

  • LINEで送る

2014年12月25日  ニュース

【2014卒展】出品者インタビュー★

メリー・クリスマス!!

街中クリスマス一色ですね。

4年生達は卒制の審査も終わり、少しほっとしているような…?

でも、これからが大変です。

卒業展のために、そうじやペンキ塗りなど、いろいろな準備をしなければ!

 

みんなで頑張ろ~

 

さて。

そんな中、油画コースの3年生が中心となって活動している「卒展ブログ」のスタッフ達が、4年生の制作の様子をインタビューしてくれました!

 

★インタビュー動画

こちらから >> https://www.youtube.com/watch?v=Jrk9M-yMGSU

 

 

詳しくは、こちらをクリック↓

★美術工芸学科HP >> http://bixko.net/

ページの下部にある “Graduate Works Blog” をご覧下さいね!

  • LINEで送る

2014年12月18日  ニュース

【日本画】3年生年末合評!

こんにちは。

日本画研究室です。

 

今日は3年生の合評日!

2014年最後の合評なのでいろんな学年の学生も集まり、

大人数で進行していきました。

 

 

▼各自作品の横でプレゼンテーションしています。

 

 

 

▼絵画だけでなく、民話を元に制作された版画の絵本、写真作品、立体作品などなど様々な種類の作品が並んでいました!

 

 

▼模写クラスは模写したものを自分で掛け軸に仕立てていました。

 

 

3年生の作品は全体的にバリエーションに富んでおり見ごたえがありました!!

作品自体も良いものが並んでいましたが、

プレゼンテーションで自分の作品に対する説明や思いをしっかりと喋れているのが印象的でした。

1、2年生も作品、プレゼンテーション共に勉強になった事と思います。

 

明日は2014年の授業の最終日。

4年生は卒業制作の締め切り!!採点日です!!

明日の様子もブログにしたいと思いますので、お楽しみに☆

 

*****************************

美術工芸学科 日本画コース

twitter : @kznhng

*****************************

  • LINEで送る

2014年12月18日  ニュース

【染テキ】登学日:みんなが考えたタオルの話

12月は登学日。

夏コミュニケーション、秋コミュニケーション入試で合格した学生さんたちが今大学で授業を受けています。

 

今回の担当の先生は野田凉美先生。

まずは紙でそれぞのタオルを表現してもらい、

タオルにまつわるお話を考えてもらいました。

 

みんなどんな、お話を考えたのか是非、楽しんで読んで下さい。

 

 

P1000117

真冬の寒い時期に雪の降る地域に行った時に、

泊まり先の宿でお風呂上がりに頭をふいた後にふりまわして

しわができたまま、外で干したタオル。

 

感触は水が凍ってかちかち。

 

 

P1000118

 

ほんわかタオル

 

このタオルは手をふくためのタオルです。

でも、ただ普通に例えばお手洗いに行った後に

手をふくタオルではありません。

 

これは、絵具を使った後に手を洗った時使うタオルです。

 

筆ほどべったり絵具はついていなくても

やはりそういう時は手に宇野具がついていると思います。

 

冷たい水で一生懸命手を洗った後

ふわふわのタオルに手が包まれると

別にタオルが暖かいわけでもないのに、

なんだか、ほんわかと優しい感じがして落ちつきます。

 

いつも使われていて、絵具がついてしまっていても、

まだまだふわふわなままで、このタオルは待っていてくれます。

これからもどうぞよろしくね。

 

P1000115

 

嫌われヒーロー

 

最初はどこにでもある一般のタオルだった。

でも、使われて行くうちにボロボロになって、学校に持って行かれ

気がついたらぞうきんになっていたんだ。

そこでの扱い方はひどく、わたしはひとが汚した所をきれいにしたりと

 

役に立っているというのに、みんな私を見て汚いだの嫌だの言ってくるのさ。

ひどい話だと思わないかい?つごうのいい時だけ使っていらなくなったら

そのまま放置。洗ってくれるひともいるけれど、

もういっかと言って、そのままの人もいる。

訳に立っているのに、この扱いはなんだろう?

 

いつまでこれが続くことやら。

 

 

P1000114

古いむかしながらの定食屋さんのタオル

 

何度も再利用していてだいぶんねんきが入っている。

使い古しているせいでタオルはガサガサ、ゴソゴソ。

ぬるま湯でぬらしてあり、なまあたたかい。

色は、もともとはまっ白だったはずだから今は

白いが少しくすんでいる。

タオルのボリュームは少ししぼんでいる。

タグはしっかりついている。

さわりごこちはあまり良くないけれど、使うと

なんだかほっこりする。

 

P1000112

 

タオル

おしぼりヒーローくん

 

おしぼりは飲食店などでよく使用されています。

おしぼりには除菌されていて食べる前に手を洗う

変わりになってくれます。ほかにも、口が汚れてしまった

時や飲み物をこぼしてしまった時にきれいにふく事が

できます。真っ白だっとあおしぼりがボロボロに汚れて

いたらヒーロー印。こうして、いろいろな事に役立った

おしぼりは一人前のヒーローになって幸手いくのでした。

 

P1000111

 

最後の日

 

このタオルは中学生のこと、お店でひとめぼれしたタオルだ。

それから高校卒業まで、ずっと使っていた。

マフラーがない時はマフラーの代わりにしたり、体育祭の時に

汗をふいたり、お風呂あがりに使ったり、はたまた部屋に

干して湿度を上げたり…など、いろいろな時を一緒にすごしたタオル。

 

でもあるとき、お母さんに言われた。

「あんた、そのタオルボロボロじゃない!もうぞうきんにすれば?」

私はおどろいた。他人にはそう見えていたのか。

まじまじとタオルを見つめていると、確かにボロボロだ。

色も落ち、糸はほつれ、よごれ、穴まであいている。

 

こんなに使い古していたなんて…

私は決めた。

このタオルはタオルとしての役目を全うした。

明日からは新しい生まれかわりぞうきんとして、使ってやろう。

今日はタオルとしての最後の日だ。

 

 

P1000110

 

「そのままポイっ」

そうじで何回も使って汚れなくゴワゴワになったので、

最後に水であらってしぼって放置されて

かわしてしまったタオル

 

旅館に人数分おいてたタオル(白色)

ある程度つかう

ぞうきんにした(灰色)

 

 

P1000109

タオル

最終兵器

 

冷たくひえきった体は部屋に入ると血液が巡りだした。

そして、じわじわとぬくもるにつれて体がかゆくなってくる。

いくらかきむしっても治らない、気の狂いそうなかゆみの

中で丸い爪は本当に訳に立たなかった。これはもう、祖父が

買ってきた引くぐらい固くざりざりしていて痛そうなあの

タオルを使って全力で体をこするしかない。

 

 

P1000105

タオル

そのまま固まってしまったタオル

掃除が終わってタオルを水洗いした後、手すりのような所に

広げて干さずに四つ折りのまま干されたそのまま乾いて

しまったタオル

ホームセンターのようなところで売っている。

濃い目の黄色だったが、使い古されて

薄い色になった黄色

 

P1000104

 

トイレのタオルさん

 

彼女はトイレに掛けられているお手拭き。いつも家族に使われている。

でもこの家族少し使い方が雑みたい。後ろにたれている方は

洗たくしたてのようなのに前にたれている方はボロボロ。すっかり固く

なってしまっています。端の方なんてもうカッチカチ。たまには後ろも使って

ほしいと思うタオルさん、ところがこの家族後ろを使ったと思っても

端の方ばかり!でもタオルさんは自分を毎日使ってくれる家族のことが大好き。

そんなわけでタオルさんは今日も今日として体を固くして待っているのです。

 

P1000103

 

使いこまれた(バスタオル)

質は元々それほどよくなく昔から粗品なもらった安いバスタオル。

家族で使っており、元は白色で両端に水色の花柄がついているが今はうすよごれ

洗濯物をたたんでいる時に雑巾にするかと悩んでしまっている。

「バスタオル」か「雑巾」になってしまうかの境界をさまよっている絶対絶命の窮地に

立たされたバスタオル。

 

P1000102

たたまれたタオル

 

このタオルは学校で汗をふいた

家できれいに洗われてかわかされて

翌日きちんとたたまれたタオルです。

 

 

P1000101

このタオルは家で長年使ってきたバスタオルです。

乾かすとちょっと硬くてよく水を吸うようになりました。

すこし肌ざわりが悪くなってきたので、柔軟剤を入れて

洗濯して日向に干しています。

風にゆれる様子がいつもより柔らかそう。

 

 

P1000100

 

いそがしいおしぼり

 

僕はいざかやで働いているおしぼりだ。

夕方からお客さんのために働いている。

手や口、テーブルをふき、もうくたくたである。

次の日をむかえ、僕の体はだんだんかわきはじめる。

そし、主人もねむり、僕はかわいたままテーブルに放置されている。

僕のまわりにもたくさんの仲間がころがっている。

僕らは日がしずみお見せがはじまるのをじっとまっている。

主人がかわききった体をぬらし、洗ってくれるからだ。

そして、また僕らの一日がはじまる。

 

 

P1000099

 

テニス部のタオル

 

私の持ち主はテニス部に入っています。

初心者だからまだまだ下手。

ベンチに置かれていつも練習しているところを見ているんだけど、ラケットの

振りがイマイチなのよね。手の方が弱いかしら。

そしたら、先生が言ってた。「タオルをくくって重りにして、振る練習をしてみる」

そしたら私のこときつく結んじゃった。何をするのよほんとにっ!!

持ち主は私を何度も上からしたへ、上から下へ振り下ろしてサーブ練習をしていたの。

ラケットよりも軽し、だんだんフォームがきれいになったような気がする。

次の試合は勝てるといいね。

 

 

P1000098

 

「新しいぞうきん」

 

春、新しい学年になると、

「1年1枚提出」と担任の先生に言われる。

誰に使われるかわからない。もしかすると誰もつかわないかもしれない。

でも、数時間後には凄くよごれてしまっているだろう。

 

 

P1000097

 

お気に入りのハンカチタオル

 

このタオルと出会ったのは小学校を終えたとき。

クラブの仲間にプレゼントされたこのタオルは

ポケットハンカチにしては大きくて、

大人の持つハンカチとしては厚い

そんなタオル

 

初めはポケットに入れるとポケットがパンパンになって

見た目にも変だったので

「なんだこのタオル…」と思ってた。

 

けれど中学生になって制服が多くなって、

上のブレザーのポケットに入れるようになってからは、

前ほどパンパンには見えなくなってかからは気持ちが変わった。

 

だって、こんなタオル持ってる人が自分だけって気づいたから。

ふつうのハンカチじゃない特別なハンカチタオル。

 

ほかにもこんなことがあった。

 

夏の暑い日の部活。

タオルがないときに活やくしてくれたハンカチタオル

 

突然の飴でびしょびしょになったとき

それをぬぐってくれたハンカチタオル

 

そんなタオルが今はお気に入り。

最近の半券は、デザインがいいのがあったり

かわいい(そんなに恥ずかしくない)キャラクターのものがあるってこと。

 

これはますます好きになっていくだろう。

 

P1000095

 

ネコのタオル

我が家のネコが遊びまくってボロボロにしたタオル。

元は学校の体育大会のときにもらったムダに人質の良い。

すべすべふわふわのタオルでした。

かまれたり、ひっかかれたり、上で寝られたりしてボロボロ。おとクサイ。

同じタオルを7枚もっていますが、全部ぞうきんにしています。

 

 

P1000094

 

ほっておかれたタオル

 

もうすぐ冬休み、その前に学校では毎年おこなれている大そうじがあります。

◯班は机はこび△班はほうきと班ごとにふりわけられていきます。

そしてみんながいやがる床ふき。とても寒い冬、冷たい水に触れるだけで嫌なのに

その水を含んだぞうきんをずっと持って床をふくなど地獄のようです。

最初はやけになって男子は競争したりと楽しんでいますが、しまいにあきてしまいます。

「まぁいいや」とそのへんにぽいっとされたのがこのタオルです。水そうじをするたびに

床、教だん、窓のふちなど3つはみることになるでしょう。

さぁこのぐちゃぐちゃで汚いタオルはいったい誰が洗うことになるでしょうか。

だれよりもさみしくて冷たい想いをしているのはこのほっておかれたタオルかも

しれません。

 

P1000093

 

お疲れさまタオル

 

私が生まれた時のおいわいでもらったタオル。

初めはお手ふきだった

そのあとおふろのタオルになった。

その次は廊下ぶきの布になった。

机もいすも窓もキレイにした。

 

今年は大そうじに使うよ。

きれいな赤色だったけどかわいいピンク色になったね。

今までありがとう。

私のキティーちゃんタオル。

 

 

P1000092

一日の始まりを共にするタオル

 

私は起きたらすぐに顔を洗う。

夏の暑い日はもちろん

真冬のとっても寒い日でも冷たい水で顔を洗う。

冷たい水にぬれた後にふわふわのタオルを使う。

このふわふわのタオルを使う瞬間が私はとても大好きだ。

このふわふわのタオルには母の愛情がつまっている。

いい香りのじゅんざいを入れて洗濯し、丁寧に干してくれる。

そうすることによって、ふわふわの一日の始まりを良くしてくれるタオルができる。

冷たい水でキリっと目をさまし、ふわふわのタオルで今日頑張ることを考えながら

水分をふきとる。私の一日の始まりはふわふわのタオルと共に始まる。

 

P1000090

 

タイトル どろんこタオル

①触感 ペタンコでヘニャヘニャ 今日はどろのせいでベタベタヌメヌメ

②話  小さい頃から遊ぶ時に持っていくタオル。

邪魔にならない大きさで持っていかないとお母さんに怒られる。

ずっと使っているから汚いし、二年生になっても毎日タオルを持っていくなんて変だって

皆に言われるから早く捨ててしまいたいんだ。

挟はどろ遊びをしたからそのまま手をふこう。

これだけ汚くなればお母さんも捨てる気になるかも。

 

 

P1000089

 

①タオルの触感

買ったばかりのふわふわ感ゼロ、所々絵具のかたまりがあり、少しかためかため

ガチガチに固まる。

元の形に戻すのがとてもむずかしい

 

②1週間前に新しいきれいなぞうきんとして

美術の授業でのにんむをまかされれた僕はその美術室で

一番きれいなぞうきんとしてたくさんの生徒に使われた。

最初はうれしかった。人の目につくほど白い僕という布

ほんとうにうれしかった。

しかし1日1日と使われるにつれ絵具の赤と青が目立つようになり

工芸のねん土の土がついてくるようになった。

そして今、僕は水で適当に洗われしぼったままの形で固まった。

きれいでもない、ただの使いにくいぞうきんとして洗い場にほっておかれるようになった。

そして僕は捨てられた。

 

 

 

1 2 3

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。