映画学科

2014年12月

  • LINEで送る

2014年12月31日  ニュース

和田昂士君のシナリオ作品『ワカコ酒』追加情報

先日紹介した製作コース2回生の和田昂士君のシナリオ作品『ワカコ酒』の追加情報です。

 

1211-8-700x554

 

以下のBSジャパンの番組宣伝『ワカコ酒 ワカコおすすめ年末年始(新春)ぶしゅーな番組に乾杯』で紹介されます。

 

12月31日(水)16時54分

1月3日(土)18時

1月4日(日)15時

 

本編は第1話1月8日(木)23時30分スタートです。

BSジャパンで毎週木曜日放送です。

→BSジャパン

 

ぜひご覧下さい。

  • LINEで送る

2014年12月24日  ニュース

3回生ゼミ合評

2回生ゼミに続き昨日12月23日Aスタジオで3回生合評が行われました。

 

1224-3

 

上映された作品は以下の8本です。

 

芝裕起監督『晩夏の花』  (高橋・小川ゼミ)

尾崎健監督『かげろう』  (伊藤・倉田ゼミ)

永井友弥監督『タコのパッチと火星人』  (伊藤・倉田ゼミ)

西井千裕監督『Three Cigarettes』  (伊藤・倉田ゼミ)

早野慧監督『黒い匣』  (伊藤・倉田ゼミ)

キロプル・エブドクシア監督『あきこ』 (伊藤・倉田ゼミ)

柘植勇人・馬渕修・仙臺和也監督『革命の歌』  (福岡・卓爾ゼミ)

佐久間光監督『清夏』  (山本・藤田ゼミ)

 

他に執筆系で論文が発表されました。

 

田口右京『「劇場版ポケットモンスター」に見る、「自己と他人の関係性」、「自己存在」、「共存」について』  (北小路ゼミ)

 

1224-4

 

先日の2回生ゼミ合評同様学生間の意見、先生から批評など実り豊かな合評になりました。

これより3回生は来期の卒制に向けて動き始めます。

 

尚3回生以外の学生は横のBスタジオで同時上映されている映像を観ていますが、今年はBスタジオの他回生からの意見も聞くと言う試みがなされました。

 

1224-5

 

これで年内の合評は終わり、来月の卒制合評を残すのみとなりました。

どんな作品に巡り会えるか今から楽しみです。

  • LINEで送る

2014年12月22日  ニュース

2回生ゼミ合評

昨日12月21日にAスタジオで2回生ゼミ合評が行われました。

 

1222-2

 

上映された作品は以下の9本でした。

 

  和田昴士監督『泣きたい女』 (高橋・藤田ゼミ)
  松尾渉平監督『落花生』   (福岡・青山ゼミ)
  稲川悟史監督『僕は太陽と壁に焼かれる』  (福岡・青山ゼミ)
  雨森みすず監督『風の神祓い』 (井上・倉田ゼミ)
  米倉伸監督『或いは点線になって』 (伊藤・鈴木ゼミ)
  吉川鮎太監督『in G』 (伊藤・鈴木ゼミ)
  宝来麻耶監督『あの時、百足を殺したのは私だよ』(伊藤・鈴木ゼミ)
  金山豊大監督『狂気の沙汰 Day Night』 (伊藤・鈴木ゼミ)
  谷垣里都希監督『待合所』 (伊藤・鈴木ゼミ)

 

1222-4

 

各作品上映後に学生間の質疑応答、先生たちからの批評が行われました。
また担当教員への批評もあり熱気に包まれた合評となりました。

 

1222-3

 

先生たちからの総評では、今年の2回生ゼミは去年と比べて作品のレベルが高いと言うことでした。
この言葉を励みに来期3回生ゼミではよりおもしろい作品を作ってくれることと思います。
最後に、司会、裏方などを行った学生委員、実行委員のみなさん、ご苦労様でした。

 

1222-5

  • LINEで送る

2014年12月21日  イベント

現代アクション授業「映画演技VII」合評公演

俳優コース3回生対象の授業「映画演技VII」(現代アクション)の合評公演を行ないます。

中村健人先生の指導のもと、約半年間学んできた成果を学生たちが出しきります!

 

お時間ございましたら、是非お越し下さい。

ーーーーーーーーーーーー

京都造形芸術大学映画学科
2014年度3回生 映画演技Ⅶ 合評公演

現代アクション中村健人クラス
『escape route』

作・演出    北村勇気
アクション演出 中村健人

【出演】
足立みなみ、有田衣李、岡田優佳、金子友萌、叶絵里奈、川崎剛史、川南絆、北村勇気、久保田賢子、熊田修、佐久間光、仙臺和也、仲井笑美子、萩原祥也、平田千華、山田奈保

【スタッフ】
企画・制作     叶絵里奈
舞台監督・演出助手 仙臺和也
美術        土川咲子
照明        大﨑和 、松本奈々
照明補佐      四元祐奈
音響        阪本晃乃
宣伝美術      加藤采住、西井千裕
制作        土井花奈子、藤田春季
撮影        仲村逸平、山内俊介

【日時】
2015年1月18日(日)13:00〜/17:00〜

※受付・開場は開演の30分前です。

【会場】
京都造形芸術大学高原校舎Aスタジオ
〒606-8242 京都市左京区田中高原町25

【料金】
無料

【入場】
予約優先制、全席自由席
ご予約のお客様の人数によりましては、ご予約なしのお客様はご観劇できない場合がございます。
あらかじめご了承ください。
ご予約の際は公演前日までに、「①名前(フリガナ)、②予約公演日時、③人数」をご明記の上、下記のアドレスまでご連絡ください。
こちらからの返信をもって、ご予約完了とさせていただきます。

【予約メールアドレス】
escape.route0118@gmail.com

 

【映画】合評公演 アクション現在アクション 合評公演

  • LINEで送る

2014年12月13日  ニュース

4K特別講習会

昨日Aスタジオでパナソニックが主催する4Kカメラ及びメディアの講習会が催され多くの学生、教職員が参加しました。

 

1213-2

 

本年度2度目のパナソニックによる4Kについての講習会で、実際に4Kカメラを使っての撮影技術や、これからのメディアの方向について講義を行ってもらいました。

 

1213-4

 

これは本学科の撮影領域を担当する倉田先生、栢野先生の授業内で行われ、履修者の他にも上回生や教職員、ラボスタッフも参加し、4Kカメラを手にして実際に撮影をし、熱気を帯びた講習会となりました。

 

1213-5

 

1213-3

1 2

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。