美術工芸学科

2015年1月

  • LINEで送る

2015年1月29日  ニュース

【染テキ】3年生の合評

1月28日(水)は授業最終日。

 

この日は三年生の合評会が行われました。

前期にプロダクト演習を行い、商品開発や社会との関わりから作ることを学んだ三年生。

後期は、自分の研究テーマに合わせて制作、前期とは違い全て自分で決め、自分でつきつめるテーマ制作ですので、追求する学生さんはどんどん楽しくなるし、迷ってしまう学生さんは渦の中に入ってしまうし、それぞれがとても学びの多い課題になったようです。

 

さて、この半年でどんな作品生み出したのでしょうか?

 

P1000666

 

伊藤さんの作品

 

人間の肺や子宮、歯などをモチーフにしたプリント作品。

コミカルな感じが良いですね。

 

P1000673

澤田さんの作品

壁紙のデザイン

自分だったらどこの空間にこのテキスタイルを使うかなぁ?

と考えてみたり…。

 

P1000684

大塚さんの着物

とても丁寧ですごく美しい仕事でした。

 

P1000664

杉村さんのタイツ

ぎりぎりに必死に制作していて、結局、インフルエンザになってしまいました。

 

P1000654

 

波多野さんの作品

波多野さんはインスタレーション

また、みんなとは違った切り口で新鮮でした。

 

 

 

P1000649

 

西薗さんの作品

天蚕糸を使って織りものを表現

天蚕糸のキラメキと透き通った感じがおもしろいです。

今後の展開がとても楽しみ。

 

P1000661

 

市川さんの魚パック

おもしろい作品でした。銀や赤ラメのプリントをつかって、

サンマや鯛、太刀魚をよりリアルに表現

 

P1000719

 

P1000691

 

宮本さんの作品

蒸しを失敗したのか、色置きを失敗したのかわからないけれど、

このぼやっとしてしまった感じが何か雰囲気があって、いいなと思いました。

月下美人の1年に一回しか咲かない、しかも晩こっそりと咲く事が多いお花なので、

なんか、そのミステリアスさというか、謎な美しさが出ているような気がして

とてもオモシロいと思いました。

 

さて、この4月いよいよ最後の年、4年生になります。

楽しみです!

 

 

  • LINEで送る

2015年1月27日  ニュース

合評の温度

先週は合評のラッシュ。

 

4年生は卒業が決まる大事な日でしたし、1年生、2年生はこの半年頑張ってきた制作の発表をする日で、それぞれにいろいろな思いがあったようです。

 

とくに4年生は…。

 

前日のこと。

 

最後のひとひねり、どうやったら、コンセプトが伝わるか、作品がよりいっそう引き立つか、

みんな、ぎりぎりまで考えていました。

 

P1000574

 

最後の仕上げをする坂東さん。

錫がたくさんついているのですが、

私は錫の部分のなんとも言えないエキゾチックな感じが好きです。

 

 

 

P1000575

 

 

今日はすっぴんなんでという、桐村さん。

織組もここんとこ、ずっとすっぴんだよね〜と石塚さんがつぶやいてました。

女子は大変よね。

 

みんな!ノーメイクもかわいいよ!

 

そして、いよいよ。

 

P1000603

 

採点の日

採点ですので、基本的には自分の考えを話しません。

先生方が回られて、気になるところにコメントを入れて、

次へ次へと回っていきます。

 

 

P1000629

 

採点会や合評ってなんでしょうね〜、すごく独特な緊張感というか、

なにか、ピリっとした空気が流れます。

 

とても怖いけど、とても良い空気感だと思います。

1年に何度が訪れますが、やっぱり4年最後の採点が一番怖いですね。

 

 

 

 

P1000610

卒業展で是非見て頂きたいのですが、少しだけみんなの作品を紹介します。

 

これは梶原さんの作品。

染織の作品は、プロダクト、アート、伝統ととても幅広く、

色鮮やかな作品がたくさん並びます。

 

P1000621

 

こちらは、井口さんの作品の一部。

アートの作品をご覧になる時は是非、アートブックを片手に回って頂きたいです。

 

各ページに1人1人のコンセプトが載っていて、作品についてより理解できます。

井口さんのコンセプト文、とてもオモシロかったです。

へーそんなこと考えてるのか〜と違う一面を発見したり。

 

英語にも翻訳されています。

 

 

4年生のピリっとした採点の裏では、1年生の楽しそうな合評会。

 

P1000363

自分達で制作した蝋染めの作品を身にまとう1年生。

 

 

 

 

P1000411

 

机をお立ち台にして、撮影会開始。

 

P1000433

 

後期浴衣も完成しました!

気温は寒いけど、嬉しい。

 

P1000474

 

気分は夏

 

P1000550

 

来年の祇園祭りに着ていこうね!!!

 

さて、今週は3年生の合評です。

そして、いよいよ春休み!

 

 

 

 

 

  • LINEで送る

2015年1月17日  ニュース

【現代美術・写真】ワークショップ・レポート:台湾・国立高雄大学にて(その2)

11月下旬、現代美術・写真コース4回生の有志4名が、小野規先生の開催する特別講義とワークショップに参加してきました。

場所は、台湾の南の大都市、高雄(カオシュン)にある国立高雄大学です。

熱帯にある高雄は、11月下旬といっても真夏のような日々。

現地のデザイン・写真系の学生と文字通り寝食をともにしながら、濃密な10日間となりました。

今回は台湾報告その2、畠山元成くんのレポートを紹介します!

 

 

★美術工芸学科の現代美術・写真コース4年の畠山元成です。

 

台湾の高雄市にある国立高雄大学で行われたワークショップについて報告をします。

このワークショップは、日本がかつて植民地として統治していた台湾という国において、現地の学生と写真を通じて交流し、歴史に対する理解を深めることを目的として行われました。僕のコースの教授である小野先生と、国立高雄大学のルル・ホウ先生のお二人が共同で企画されたものです。

 

ワークショップの内容は、大判カメラを用いて、日本政府がかつて高雄市に建設した日本軍のための住宅街を撮影し、記録しようというものです。

その住宅街はミリタリー・ヴィレッジと呼ばれ、今も台湾に複数残っています。

しかし、台湾政府はそれらミリタリー・ヴィレッジを正式な史跡として認めているわけではなく、マンションの建設など再開発を望んでいるようです。

ホウ先生はそうした政府の計画に疑問を持ち、クリエイティブな方向でミリタリー・ヴィレッジを活用しようと考えておられます。

そして、それが今回のワークショップを行う発端となりました。

 

僕らは高雄市内にある二つのミリタリー・ヴィレッジを訪れました。

一つ目に訪れたミリタリー・ヴィレッジは下町感の漂う地域にあり、南国の植物が生い茂る中にそれら日本軍の住宅街(木造家屋)がありました。

殆ど風化し今にも崩れ落ちそうな木造の家々が通りに沿って建ち並び、その周辺を野良犬が徘徊しているといった様子です。

その居住区は碁盤の目に区画されており、都市計画にもとづいて建設されたものなのですが、風景を軽く一望しただけでは、他国によってつくられた史跡だとは思えません。

もし、史跡であることを堂々と示す看板や、しっかりと保存がされた家々がその場所にあるならば、誰もがそこを史跡として感じ、過去に対してアクセスするための道具となり得ます。だけど、それらの要素がその史跡には殆どなかったので、歴史を想像することの困難さや、過去の記憶を忘れまいと抗する意味や必要性など、色々と考えさせられる結果となりました。   そのミリタリー・ヴィレッジでは、まずホウ先生によるレクチャーが行われました。

その後、小野先生を中心に、大判カメラの使い方の説明を京都造形の皆で行い、撮影をスタートしました。

 

1-20141116-DSC_4535

2-20141116-DSC_4555

3-20141116-DSC_4557

 4-20141116-DSC_4547

5-20141116-DSC_4566

ワークショップで使用した大判カメラについて、少し説明をします。

そのカメラは一眼レフと比較して、形状や撮影スタイルが大きく異なります。

三脚を必要とするし、イメージを見るために黒布を被らなければいけません。

しかも、完全にアナログのカメラなので、作業の一つ一つを手作業で行います。

だから、1枚の写真を撮影するのに10分以上の時間を必要とします。

昨今の手軽なスマホカメラに比べれば、それはマイナスポイントに思えるかも知れませんが、対象をよく観察し、フレーミングを入念に考える場合においては、優れたカメラだと思います。

そして、1コマのサイズ(10x12cm)が大きいので、とても解像度の高いイメージを得ることが出来ます。

また、カメラの背面にはフィルムと同じ大きさのすりガラスがセットされており、そこに、レンズを通した光が上下左右に反転された形で投影されます。

その画面を見る感覚は静止画像を見るそれとは違い、映像を見ている感覚に近いので、木々の微かな揺れや光の移ろいなどを感じることが出来ます。

初めてビューカメラを経験した国立高雄大学の学生は、すりガラスに投影されるイメージの美しさに驚いていました。

ワークショップを手伝っていた僕としては、とても嬉しい反応でした。 (ここにアップしている写真は大判カメラで撮影した写真ではありません)

 

二つ目に訪れたミリタリー・ヴィレッジは軍の施設のすぐそばにあり、一つ目に訪れた場所と比較すると、清潔で静かでした。

隣には広い運動公園があり、お年寄りたちがそこで太極拳や世間話に興じ、平和な雰囲気が漂っていました。

しかし、ミリタリー・ヴィレッジの路地を歩くのには少し緊張感を必要としました。

歩行者や車の通行がほとんどないので、私有地っぽい印象を無意識のうちに受け取っていたのだと思います。

 

そのミリタリー・ヴィレッジでの撮影は、街の中心のロータリーで行いました。

円状の道路に囲まれた小さな緑地に、見事な榕樹(ガジュマル)が生えていて、その巨木の撮影や、真っ直ぐに延びる通りや、その通り沿いに点在する家々を撮影したりしました。

その撮影の後は皆で弁当を食べ、大学に戻り、午後からは小野先生による講義が行われました(講義は滞在中に2回ありました。” Reflection on Cultural Landscape“という題の、文化や歴史的背景を孕んだ風景写真についての講義、それから、現代美術・写真コースの紹介を中心とした講義です)。

6-20141118-DSC_4597 7-20141118-DSC_4605 8-20141118-DSC_4610 9-20141118-DSC_4665

10-20141118-DSC_4669

 

僕は高雄市に滞在中、高雄大学で教員をされている方が住む部屋に相部屋をさせて頂きました。

ただ、その方は英語がかなり不得意だったので、コミュニケーションは漢字による筆談が中心でした。

紙に日本語を書いて、ひらがなを消し、残った漢字を相手に見せ、意思疎通を図ってみる。

すると、結構通じるのです。これは驚きでした。

 

他の僕の同期の三人は、高雄大学の学生らがシェアしているアパートで寝泊まりをしていました。

なので、学生同士の交流は起床してから寝るまで続くという、とても濃いものでした。

もちろんお互いに使う言葉は違いますが、他国に住む親しい友人を作れたことは大きな喜びでした。

 

高雄大学でのワークショップが終わった後は、各自が高雄市内を観光して過ごしました。

11月21日には高雄市を離れ、京都造形の皆で台湾の首都である台北に向かいました。

翌日には台北ビエンナーレ2014に行き、その後に解散となりました。

帰国日は各自バラバラです。

同じ飛行機に全員揃わないあたりが、現代美術・写真コース生らしいなと笑ってしまいます。

僕は台北からそのまま香港へ移動し、自身のプロジェクトを進めました。

卒業制作を平行しながらの旅行でしたが、複数の東アジアの国に滞在ができ、かなり刺激的な毎日でした。

 

畠山元成

 

20141120-DSC_4789

 

 

 

 

 

 

  • LINEで送る

2015年1月16日  ニュース

【総合造形】1年生の作品がスゴい!!

今日は総合造形コース1年生・後期後半課題の合評が行われました。

 

より良く作品を見てもらえるよう、

1年生が自主的に工夫をして作品を配置しました。

 

作品内容も

ひねり(陶造形)・木彫・ミクストメディア・ドローイング(テーマ“身体の限界”)と、

かなり見ごたえのある内容です。

 

1月27日(火)まで、NA棟地下2階・NA022にて展示していますので、

皆さま是非足をお運びください!!

IMG_3024IMG_3025IMG_3026

  • LINEで送る

2015年1月14日  ニュース

【日本画】受賞・展覧会情報!

あけましておめでとうございます。

日本画コースです。

本年もどうぞよろしくお願いします!

 

2015年の授業が先週から始まり、

新年早々良いニュースが舞い込んできました!

大学院日本画1年生の野村京香さんが『京都花鳥館奨学金2014』の公募にて

日本画部門 最優秀者に選ばれました!!

 

▼受賞作品

 

野村さんから作品のコメントをいただきました。

 

***************************************************

花は誰もが美しいとし眺め、人の心を虜にする。

しかしこの美しさは、花が散った後は何処に行ってしまうのだろう。

私は、その消えたものたちを自分の色眼鏡を通して絵画にする事により、

それらと私との本当のコミュニケーションが図れ、そして彼らの私たちに対する役割が果たせるのだと考える。

私はそのようなモチーフに対する私自身の「情感」を表現しモチーフと私、そして世界との疎通を図りたい。

花は誰もが美しいとし眺め、人の心を虜にする。

しかしこの美しさは、花が散った後は何処に行ってしまうのだろう。

私は、その消えたものたちを自分の色眼鏡を通して絵画にする事により、

それらと私との本当のコミュニケーションが図れ、そして彼らの私たちに対する役割が果たせるのだと考える。

私はそのようなモチーフに対する私自身の「情感」を表現しモチーフと私、そして世界との疎通を図りたい。

***************************************************

 

野村さん、おめでとうございます!

尚、展示詳細はまた後日ブログにてお知らせ致します。

 

 

さらに、卒業制作展を前に卒業生によるグループ展が河原町三条にあるARTZONEにて開催されます。

このメンバーは昨年度の卒業制作展で「edit」としてグループ展示を行い、

瓜生山賞を受賞しています。

その様子がコチラ

今回の展示は「edit:ver2.0」と題して展示されます。

 

edit:ver2.0

 

場所:ARTZONE

〒604-8031 京都府京都市中京区河原町三条下る一筋目東入る大黒町44 VOXビル2階

期間:2015年1月10日(土)〜21日(日)

時間:平日13:00〜20:00 土日祝12:30〜20:00

 

是非ご高覧くださいませ。

1 2

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。