こども芸術大学

2015年2月

  • LINEで送る

2015年2月23日  日常風景

生活発表会

2014年度の生活発表会が、無事終わりました。

 

最初は、「おしいれのぼうけん」の絵本に年長が興味をもったことがきっかけでした。

絵本に出てくる機関車D51(デゴイチ)を作ったり

実際に押入れに入って、押入れの向こうの世界に住んでいる

ねずみばあさんを探したり遊びました。

IMG_0478

ちょっと怖そうです。

IMG_0480

そして「おしいれのぼうけん」をベースに、自分たちの冒険ものがたりを

みんなで作ることになりました。

『アナと雪の女王』が流行ったり、縄跳びやヒーローごっこなど、子どもたちが日常で楽しんできた遊びも

たくさん盛り込まれた、劇あそびになりました。

 

 

IMG_1784 IMG_2130

劇中には、忍者やエルサたちも登場します。

劇の練習というより、忍者修行に励む子どもたち。さて、どうなることやら。

IMG_2163

さて、本番。今年はアンケートやパンフレットも、子どもたちの手作りです。

IMG_2348 IMG_2360

舞台裏はにぎやかです。出番待ちの子どもたちは、観客になって楽しみます。

観ると夢中になりすぎて、出番が控えているにも関わらず

急遽出演NGを出す子どももいます。

IMG_2365 IMG_2369

台詞が決まっている訳ではないので、劇進行中も、あーだこーだと、積極的に

意見を述べる子どもたち。

IMG_2373

エルサ、妖精、ヒーロー、忍者たちが、圧倒的な人気を誇る中

「おしいれのぼうけん」のキーパーソンである

ねずみばあさんに立候補したのは、年中の男の子。

彼は、なかなか、おいしい役というものを見抜いています。

そして、始めはみんな敬遠していたねずみばあさん役が

密かに人気を集めていくのでした。

IMG_2386 IMG_2388

ご存知「アナと雪の女王」エルサたち(年少児)登場です。

この子たちは、この1年エルサになり続けました。

IMG_2391

ヒーローたち登場。ポーズ決まってます。

IMG_2397

エルサもヒーローも忍者も、主人公を助けてくれる仲間です。

そして、強くなるための忍者修行(マット運動)が始まりました。

気づいていなかったのですが、自分が前転するまでの待ち時間は

みんな印を結んで待機していたのですね。

IMG_2404 IMG_2409 IMG_2420

お話もクライマックス。

オリジナルでは、デゴイチのライトでねずみばあさんは消えてしまいますが

こども芸術大学バージョンでは、みんなの笑顔にねずみばあさんが巻き込まれていく

という話になりました。

IMG_2459

大団円。子どもたちが、とても楽しそうです。

この劇あそびを通して、子どもたち全員が笑顔になれたかな。

その後ろに、お母さんたちの支えがあったからこその笑顔です。

IMG_2460 IMG_2472

なんと、アンケート引き換えに、ねずみばあさん登場人物カードがもらえたそうです。

年中女の子の素晴らしいアイデアのおかげで、今年はアンケート回収率がとてもよかったです。

IMG_2491 IMG_2507

素敵な生活発表会になりました。

ご来場いただいた皆さまも、ありがとうございました。

 

(田畑聡子)

 

  • LINEで送る

2015年2月5日  ニュース

節分 2015/2/3

今日は節分。いつもより大きな折り紙で豆を入れる三方をつくります。

IMG_1963

「枡」作りにも挑戦。ちょっと難しいのでお母さんにも教えてもらいます。

IMG_1971

みんなで豆まきしよう!と思ったら…。

うわ~~っ。鬼、登場!!あれ?でもなんだか見たことのある顔?? 

IMG_1992

子どもたちの目の前で怒ったり、泣いたり、散らかしたりして暴れる鬼さんたち。

怖いよぉ・・・。

でも「おこりんぼ鬼」「泣き虫鬼」「散らかし鬼」「だらだら鬼」

…人間の心の中にはいろんな鬼がいるようです。

 

「なんでそんなに怒ってるの~?」「なんで鬼さん、ないてるの?」と尋ねる子どもたちに、

鬼さんは暴れたくなる訳、泣きたくなる訳を話してくれました。

「じゃあ、おこってないで、おくちでいうたらいいのに」・・・

「こうしたらいいんじゃないの?」とさまざまな思いを鬼さんに伝える子どもたち。

ただ、鬼を退治して終わるのでなく、心のなかに潜む鬼とも向き合う節分となりました。

IMG_2006

大人も子どもも、みんな一緒に豆まき。

IMG_2019

おやまにも、「おにはそと~!」「ふくはうち~!」

一年間、心も身体も健康で過ごせますように・・・。

IMG_2035

今日のお茶会では、節分の炒り豆といわしをいただきました。

今日の床の間は、節分のお軸で、ひいらぎを飾りました。

IMG_2047

(坂本)

  • LINEで送る

2015年2月5日  日常風景

1月お誕生会 2015/1/23

1月のお誕生会です。

今月のお誕生日の子どもたちと母たちが前に座ります。

一人ひとりを紹介をしながら、メッセージやお祝いの言葉をおくります。

 IMG_1219[1]

母から息子への祝いのメッセージ。

IMG_1233[1]

司会を勤める年長さんの男の子2人が、お友達やお母さんの「好きなところ」「素敵なところ」をインタビューします。

 

IMG_1262[1]

お母さんたちに、子どもたちは普段思っていることを言葉にして伝えます。

お母さんたちも、子どもたちの言葉に笑顔になります。お母さんからお母さんへのメッセージもありました。

 

IMG_1317[1]

メッセージの後は、プレゼント渡しの時間です。一人ひとりに「おめでとう」の言葉とプレゼントを渡します。

 

IMG_1324[1]

誕生月の子の発表です。年中の男の子は、「竹のぼり」に挑戦!

みんなお誕生会に何を発表したいか考えて、事前に準備をしたり特訓をして発表の日を迎えます。

 

IMG_1328[1]

毎日特訓して、少しずつ高く登れるようになりました。

何度も挑戦して、発表の時に天井に頭をぶつける勢いで登りきりました。

 

 

IMG_1335[1]

こども芸術大学のお誕生会では、子どもたちの姿は勿論ですが、お母さんのお誕生会でもあります。

お誕生会を通して、改めて言葉にして伝えることで絆が深まります。

本当にお誕生日おめでとうございました。

 

(田中美生)

 

 

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。