環境デザイン学科

2015年2月

  • LINEで送る

2015年2月20日  イベント

シンポジウム:「日本の伝統木造建築の可能性」を3月11日に開催します

京都造形芸術大学木造伝統工法国際デザインワークショップを3月5日から5日間の日程で開催いたしますが、その最終日である3月11日(水)に公開シンポジウム「日本の伝統木造建築の可能性」を行ないます。伝統工法の良さを現代の木造建築物に生かすにはどうすればよいか。構造、設計、施工の観点から説明するとともに、その大いなる可能性と課題について議論します。

 

シンポジウム:「日本の伝統木造建築の可能性」

日時:3月11日(水) 13:10-16:30  (12:30開場、入場無料)

会場:京都造形芸術大学至誠館S11教室

パネリスト:鈴木祥之(立命館大学教授)、木下龍一(京町家作事組代表理事)、荒木正亘(アラキ工務店会長)、

インゲマール・フォーレンヴァイダー(ドイツ・カイザースラウテルン大学教授)

 

なお、京都造形芸術大学木造伝統工法国際ワークショップは以下の日程で、ドイツのカイザースラウテルン大学の教員・学生らを招き開催いたしますが、随時見学可能ですので、お立ち寄りください。

 

木造伝統工法国際ワークショップ

日時:3月5日(木)、6日(金)、9日(月)、10日(火)、11日(水) 9:30-16:30

会場:京都造形芸術大学至誠館S11教室 (5日午後は学外、9日午後は別場所[教室に当日掲示]となります)

poster_scan

 

  • LINEで送る

2015年2月5日  ニュース

「しきる展 2014」ご来場ありがとうございました

インテリアデザインスタジオ3回生有志の実験家具展「しきる展 2014」が一昨日に会期を終えました。会場の設えや運営、株式会社キノシタの田原圭介氏をお迎えしたギャラリートークを含め、今回は小規模ながらとても充実した展覧会になったと思います。ご来場いただいた皆様、ギャラリー「Take Two」の方々、ご協力いただいた皆様に感謝を申し上げます。大変ありがとうございました。

 

「しきる展 2014」1月29日(木)- 2月3日(火)

赤井愛美/袁帅/小野彩佳/加来愛美/小林美穂/釣史奈/福山潮音

会場 : ギャラリー「Take Two」

www.gallery-taketwo.com

 

150129-002

150131-014150131-029

150131-032150131-042

150131-065150131-095

150131-099150131-136

  • LINEで送る

2015年2月5日  イベント

2月4日 – StamP! 学生リフォームプロジェクトオープンハウス

2月4日に StamP! 学生リフォームプロジェクト8期完成作品のオープンハウスが実施されました。デザイナーは松沢和幸さん(現2回生)。フックや棚、ミラーや照明器具をコーディネートした釣り人のための部屋には海と船の気配が散りばめられています。

 

Stamp! 学生リフォームプロジェクト:student-reform.com

 

150204-23150204-33

150204-01

150204-48

 

コース・分野を選択してください

LINK

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。