舞台芸術学科

2015年3月

  • LINEで送る

2015年3月27日  ニュース

授業発表/卒業制作公演ダイジェスト追加!

2014年度後期に行われた授業発表/卒業制作、

合わせて12公演分のダイジェストを[GALLERY]にUPしました!

.

ラインナップはこちら↓

・2014年度 3回生 学生作品展 上演

「シーンリレー ~Be alive on your stage!!」ダイジェスト版

2014年9月20~21日 @studio21

mqdefault-28

・2014年度 3回生 三浦基クラス 演劇公演

「イェルマ」ダイジェスト版

2014年12月4~6日 @studio21

mqdefault-29

・2014年度 1回生 デザインクラス 公開授業

「チェーホフのイスとテーブル」ダイジェスト版

2014年12月21日 @studio21

mqdefault-30

・2014年度 2回生 鵜山仁クラス 演劇公演

「紙屋町さくらホテル」ダイジェスト版

2015年1月10~11日 @studio21

mqdefault-31

・2014年度 3回生 川村毅クラス 演劇公演

「マクベス」ダイジェスト版

2015年 1月17~18日 @春秋座

mqdefault-32

・2014年度 2回生 寺田みさこクラス ダンス公演

「mimicy」ダイジェスト版

2015年1月24~25日 @studio21

mqdefault-33

・2014年度 1回生 河村博重 能楽クラス

「伝統芸能演習発表会」ダイジェスト版

2015年1月28日 @春秋座

mqdefault-34

・2014年度卒業制作公演 MAWARU 演劇公演

「裸足で散歩」ダイジェスト版

2014年11月1~3日 @studio21

mqdefault-35

・2014年度卒業制作公演 流刑芝居 演劇公演

「エフェメラ・わが愛」ダイジェスト版

2014年11月22~23日 @春秋座

mqdefault-36

・2014年度卒業制作公演 器-utsuwa- ダンス公演

「Cardinal Line」ダイジェスト版

2014年12月11~13日 @studio21

mqdefault-37

・2014年度卒業制作公演 Dance Project Revo ダンス公演

「[ f ]BRIDGE」ダイジェスト版

2015年1月16~17日 @studio21

mqdefault-38

・2014年度卒業展 MAWARU 演劇公演 再演

「グッバイ、裸足、シューゲイザー」ダイジェスト版

2015年2月28日~3月1日 @春秋座

mqdefault-39

ぜひ、チェックしてみてください!!

.

[GALLERY]はこちら

  • LINEで送る

2015年3月19日  学生紹介

それはさておき『ゲンザイチ』本日千秋楽です!!

それはさておき企画
『ゲンザイチ』
昨日、初日あけました!おめでとうございます!
早くも2公演が終了し、今日ラストステージです!

朝日が昇るまでの7分間

朝日が昇るまでの7分間

私は「朝日が昇るまでの7分間」作・出演の ダンスコース3回 岡村果林です。

2回.草場っち、3回.実里

2回.草場っち、3回.実里

この二人の力を借りながら何とか作品作りを進めてきました。(2回.草場っち、3回.実里)
私がソロで踊るのは今回初めてです。
踊っていて、この作品は私だけのものではないと思いました。親元を巣立った気持ちです。この二人を始め、他のチームやスタッフに支えられながら舞台に立ってます。
ひとりでは立てない人形のようで、作品のコンセプトとどこかつながりを感じています。
頭で考えたり思うことが山のようにあり、より一層身体が分からなくなりそうで、なんとも言えません。。本番って恐ろしい。
どうにか、からだを今日は使いたい。!

image2昨日終了後の全体ミーティングの写真を最後に。。
外へ出ると、もう春がやって来た〜という感じがしていい感じです!
春休み最後まで思いっきり走りましょう〜。
それでは ごきげんよう〜!!

 

ゲンザイチL

 

公演情報はこちら


  • LINEで送る

2015年3月18日  学生紹介

「ゲンザイチ」より、伊藤と石井がブログ書きます。

『コシヒクイ』
.

こんばんは。
約二年ぶりに学科ブログを勤めます、演技演出3回のいとうほのかです。
 .
学科ブログは邦生クラスの「転校生」以来で、
今日学科ブログを頼まれた時に、メンバーの南風盛もえと話し合った結果、南風盛は去年の三浦クラス「イェルマ」でブログを書いた、どちらが書くかなんて愚問だぞ、さあお前書け、とのことだったので(大嘘)
今回は伊藤が勤めさせていただきます。
 .
なんで学科ブログになるとこんなに殺伐とするんでしょうかね。←←←
 .
まーそれはさておき、
宣伝しろって話ですね。
 .
 .
私たち伊藤チームは、私伊藤と同回の南風盛もえの2人で、
「言葉と身体」をテーマに作品を作ってきました。
 .
他作品とは、とってもとってもとってもテイストの違う作品に仕上がっています。
 .
 .
日常の中にあるダンス。
とっても身近な中のダンス。
 .
身体とは何なのか。
ダンスにおける言葉とは何なのか。
 .
 .
お客さんにも考えていただきたなんて偉そうなこと難しいこと言えないしお馬鹿ちゃんな私の脳でもよくわかっていないので←
 .
「言葉と身体」
 .
これだけ覚えて観ていただければと思います。
 .
 .
 .
今日ゲネを終えて、いよいよ明日本番です。
 .
 .
「ゲンザイチ」

申し訳程度のダンスフェスティバル

image00

非常に腰の低い公演です。

.

申し訳程度にやっております。

.

 .

.

でも、7つそれぞれで見どころのある作品が揃っております。

.

 .

.

お時間があれば、是非遊びに来てください。お立会いください。

.

 .

.

 .

.

 .

.

まーそれはさておき、

.

 .

.

お腹が空きました。←

.

 .

 

 ..

.

小屋入り中って本当に食生活荒れます。わたくし。

.

みんなの小屋入り期間中の小屋入り食とか知りたいですね~~~

.

 .

.

あーお腹空いた。

.

 .

.

 .

.

ではでは

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

こんばんは。ダンス企画

再〜またたび〜主催の石井 歩と申します。今回はゲンザイチ〜申し訳程度のダンスフェスティバルの

ブログを見ていただき誠にありがとうございます!!

いよいよ今日から開演いたします!
 .
私の作品は7作品中4番目に上演します。
ゲンザイチでお見せする「嘘のドキュメンタリー」は、先々週に東京で上演したUDCというダンス公演で、一度踊った作品です。
UDCで踊った時よりもリニューアル、パワーアップしております。
また新たな挑戦も注目してください。
 .
他の6作品もとても魅力的です!
東京で見ていただいた方も、そうでない方も、
是非明日の14時、18時に京都造形芸術大学内studio21にお越しください!
沢山のご来場お待ちしております。

ゲンザイチL

公演情報はこちら

  • LINEで送る

2015年3月17日  学生紹介

申し訳程度のダンスフェスティバル「ゲンザイチ」小屋入りしてます!

こんにちは!

それはさておき「ゲンザイチ」昨日よりとうとう小屋入りに突入しました!

私は寺寺有のメンバーの舞台芸術学科2回生おかゆこと、岡本唯です!

(左:さえちゃん、中:私、右:杏樹ちゃん)

(左:さえちゃん、中:私、右:杏樹ちゃん)

なんと唯一の2回生グループ!
そして2回生の中でもなかなか濃いメンツの3人です。
私たちのグループには演出がおりません!むしろ3人が演出家になりダンス作品を作り上げています!

.

…そのためもちろん意見があわなかったり食い違ったり…
お互いぶつかりケンカする日もありましたが(←理由は杏樹ちゃんの遅刻)

それでも3人それぞれの役目をちゃんと果たせていて、

ギリギリ、でも確実に成り立っていることができてます!笑

.

今回の作品は一応リメイク版。
一応。

↑前回はこんなの

↑前回はこんなの

セクシー路線でいってました笑
そのため露出度全開でしたー!いやー!懐かしいー!

.

でも前回よりもずっと面白い作品になっています♪
インパクトなら負けない気がするぞ…いやもう楽しみにしててほしいです!はい!

↑稽古風景

↑稽古風景

いつもこんな感じです。
ペチャクチャ喋るかお稽古するか、どっちかです笑
でもせっぱつまったときの頑張りはまるで

夏休み最終日に宿題を死ぬ気で終わらせる中学生のように生き生きしています。

.

乞うご期待!ゲンザイチL

 

公演情報はこちら
 

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。