こども芸術学科

2015年3月

  • LINEで送る

2015年3月29日  ニュース

春ですね。めばえの季節です。

暖かな日差しに誘われて、大学まで春を満喫しながら歩きました。

卒業展、卒業式と慌ただしく過ごした時間を取り戻せたような

ゆっくりとした時間を感じながら気持ちのいい一日を過ごしました。

 

賀茂川の水面にも春を感じます。

FullSizeRender 9

道端にも小さな花。

FullSizeRender 11

大学のさくらの木は既にさくらいろに。

FullSizeRender 10

 

さて、こども芸術学科も蕾が膨らみはじめています。

先日の卒業展には卒業生がたくさん帰って来てくれました。

それぞれの場でこども芸術学科で学んだことを活かしながら頑張っているようです。

こども芸術という領域の巾の広さを卒業生たちが

しっかりとカタチにしてくれていることを実感して嬉しくなりました。

 

そして、昨年訪問させていただいた広島の認定こども園「さざなみの森」の

難波元實園長から素敵な贈り物が送られてきました。

封を開けると素敵な絵本が入っていました。

絵本「おばけパーティー」

FullSizeRender 2

表紙には「え さほ」と書いてあります。

「さざなみの森」で保育士として頑張っている2期生の早甫さんです。

「さほさん」と子どもたちから呼ばれている2期生の明神早甫さんと

広島女学院大学を卒業した同僚の保育士さん二人が制作した絵本です。

ハードカバーの立派な絵本は本屋さんに並んでいても不思議じゃない出来映えです。

早甫さんの絵のタッチも軽やかでどこか外国の絵本のような感じです。

全ページお見せできないのが残念です。

 

この絵本は早甫さんが担任をしているそらの部屋の子どもたちと

発表会に向けての劇遊びのテーマや内容を組み立てる過程で生まれた物語だそうです。

FullSizeRender 3

 

「さざなみの日」…どうする?

「さざなみの日」の活動は子どもに託したこのことばの投げ掛けからはじまっています。

子どもたちに投げ掛けてから、これといった進展はなく数日が過ぎたようですが、

「ねぇねぇ、おばけパーティーはどう」と耳打ちしてきた子がいたそです。

きっと、数日一生懸命に考えていたんでしょうね。

そんな子どもの思いをタイミングよく掬い上げるのは大人のお仕事ですね。

早甫さんたちはそれをしっかりキャッチしてクラスの子どもたちに問いかけたようです。

自分たちが興味をそそられるキーワードを聞いたときの子どもたちの目の輝きが想像できますね。

 

FullSizeRender 4

FullSizeRender 5

活動の組み立ての過程で生まれた絵本はもちろん素敵ですが、

ドキュメンテーションを読むとその過程も素晴らしいですね。

過程があってこそ生まれた絵本だと実感しました。

少し拡大して読んでみてください。

 

こども芸術学科から早甫さん(明神早甫)となつきさん(高原なつき)の二人の二期生が

認定こども園「さざなみの森」で頑張っています。

難波先生にお礼の電話をしたところ、

今、二人は働きながら幼稚園の免許を取得するために頑張っているそうです。

 

二人のようなこども芸術学科の卒業生で広島方面で保育士をしたい人がいれば

是非、また紹介してほしいと言ってくださいました。

うれしいですね。

難波先生、ありがとうございます。

 

こども芸術学科は今年の春5期生を送り出しました。

まだまだ若い学科ですが少しずつ社会で芽生えの季節を迎えているように思います。

みんな、がんばって自分らしい花を咲かせてくださいね。

 

(梅田美代子/教員)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • LINEで送る

2015年3月25日  日常風景

こども芸術学科って・・・

みなさん、こんにちは。

今週はとても寒い日が続いています。

ようやく明日から暖かくなるそうです。春が待ち遠しいですね。

 

さて、3月は卒業生を見送って、

4月に新入生の皆さんを迎える準備で学内は大忙しです。

入学式で、新入生の皆さんに会えるのを楽しみにしています!

 

写真

高校生の皆さんは、進路のこと考え始める頃でしょうか。

そんな皆さんに、こども芸術学科のこと、少し紹介します。

 

術大学だから、もちろんこども芸術学科でも、

色々な授業でたくさん制作をします。

 

そして、もうひとつ、保育と福祉のことも学びます。

幼稚園の先生や保育士さんなど、こどもと関わるプロになるために、

とっても大切な学びです。

 

こども芸術学科には、保育や福祉の専門の先生がおられるんです。

魅力的な授業がいっぱいで、そして、先生もとてもあったかい!

 

こうして学んだ知識は、作品制作にもとても生かされています。

こども芸術学科のみんなの作品は、どれもとっても素敵なんですよ。

 

 

さあ、春からは新しいスタート。

新入生の皆さんには、こ学でたくさんのことを学び、身につけ、

充実した4年間を過ごして欲しいです!

そして、高校生の皆さんとは、オープンキャンパスでお会いしましょう!

 

(学科事務:にしだ)

 

 

 

 

 

 

 

 

  • LINEで送る

2015年3月15日  イベント

卒業生の皆さん、さようなら、ごきげんよう!|2014年度卒業式・謝恩会

昨日は卒業式がありました。
こども芸術学科の卒業生は、5期生です。
昨晩みんなと飲んだ余韻がさめやらぬまま、これを書いています。
.
卒業式が終わり、集合写真を撮った後、いつものS41教室で全員に卒業証書と卒業展の各賞や各種表彰状を手渡しました。
IMG_9682
集合写真を撮ろうと全員集合したら、コンダクター真継さん登場w
さすがオーケストラ団員経験者!
11013450_754383204690215_7354035066710705386_n
この教室は、学科授業でもよく使いましたし、4年半前のときには、コミュニケ−ション入学を受けた人と初めて出会ったところ。そして、卒業制作では年5回の”Step”という進捗報告会を、壁面に作品展示をしながらした思い出の場所です。
IMG_9678
IMG_9676
.
それぞれ、全国各地に次の場所を定めて巣立っていきます。
.
そして、夜の部(笑)、謝恩会も企画してくれました。
京都三条木屋町の夜景を見下ろしながら、歓談。
.
谷川さんを筆頭に、手遊びうたのショータイムも。こ学ならでは!!
IMG_9688 IMG_9689
そして、学生さんから手渡しで教員それぞれにお花をいただきました。
有井悦子先生からは、卒業生に向けて、
What a wonderful worldを歌っていただきました。
IMG_9706 IMG_9703 IMG_9702 IMG_9700 IMG_9697
浦田先生からは、「さようなら」は左様なら(そのようなことでしたら..)と言う意味であることをお話いただいた後、水野先生がそれを受け、さようならの後に続く言葉は「ご機嫌よう」である、とリレーメッセージ。
そうして、あっという間に過ぎていく時間..
IMG_9693
場所を移動して、謝恩会の2次会では、
「先生は、先生をやりたかったのか、作家になりたかったのか。」
と質問をくれたしっかり者のAさん。卒業制作でも、家族と自分をテーマに、とてもいい作品をつくりました。
.
その質問には上手に答えられたか解らないけど、答えは、どちらもでした。
ぼくが進路を決める上で大きな影響を受けた高校の恩師のこと、そしてドイツの芸術家ヨーゼフ・ボイスが目指した〈社会彫刻〉のことを、今更ながら話しました。
.
ボイスの〈社会彫刻〉という概念は、「芸術」というちょっと難しいことばを明快に語ってくれています。つまり、芸術とは絵や彫刻といった物体のことを指すのではなく、あくまでもそれらは手段に過ぎないこと。そして、「芸術」とは、人を変革することなんだと、ボイスは語っているのです。この言葉は、当時学生だった自分の心にまっすぐ下りていきました。
実際、ボイスは彫刻もつくりましたが、アクションと呼ばれるパフォーマンスをしたり、学生達と討論したり、というたくさんの手段を使って芸術活動をし、また教育者でもありました。カリスマ的な、スケールの大きな芸術家ボイスの活動には芸術=教育とも思えるような関係性があったと思います。
.
こども芸術学科客員教授の森口ゆたか先生が実践されていたホスピタル・アートに出会ったときにも、これは〈社会彫刻〉だと思いましたし、その後、HAPii+というプロジェクトを立ち上げるためにお手伝いしたのも〈社会彫刻〉の一つの解りやすいあり方だと思ったのでした。
.
そして、「こども芸術学科」の設立に関わったときにも、社会に役立つ学科になるには、専門家を育てることも大事だけど、芸術のとらえ方から問い直し、芸術する心を保育や教育に生かして活動できる人を育てたいと考えました。
.
卒業生たちの皆さんも、新しいそれぞれの場所へ巣立っていきますが、まずは仕事に慣れ、元気でいて欲しいと思います。学生の時のような制作時間をとることは難しくなると思いますが、生活のリズムをつくり、すべてのことに対して創造的に生きて下さい。
.
保育士になる人、一般企業につく人、いろいろですが、職種に関係なく誰でもみな創造的に生きることが出来ます。目の前のことを楽しんで下さい!
.
そして、自分の時間を大切にしてください。よく「時間がない」と言ってしまうけど、実はみんな1日24時間を平等に与えられています。自分の時間をなくすか作るかはその人次第の心がけで、ある程度はコントロールできます。ぼんやりテレビを観ている時間を自分のやりたいことに使ったり、SNSやLINEをこの時間はやらないと決めるだけでも時間を作る事ができるのではないでしょうか。
.
因みに僕は最近、15分でも、30分でも早起きしてその時間を作るようにしています。睡眠時間も大事なので、出来るだけ早寝早起きです。もっとも本当に忙しいときはありますから、僕も無理しませんが。
.
家に帰ってから、来年度のお手製カレンダーをいただいたことに気付きました。
イラストがかわいいですが、卒業生が描いたものをまとめたのは岡崎さん。
こども芸術学科のシンボルマークにまつ毛が笑
IMG_9711IMG_9709
また研究室に、卒業後にいい話があったときにも、悩みが出てきたときにも、ぜひ帰ってきてください!その時は進捗報告”Step 6,7…”とでも呼びましょうか笑。
IMG_9713
皆さんからいただいたお花は、早速朝の食卓に飾りました。
とてもキレイです..
.
卒業生の皆さん、
こんにちは、お元気ですか?
さようなら、ご機嫌よう!
.
(森本玄:教員/絵画)
  • LINEで送る

2015年3月7日  ニュース

春!展覧会に出かけませんか?卒業生のこどもイベントも!

今日は春の雨。

こども芸術大学の卒業式がありました。

そうなんです、もうすぐ、桜さく季節。

 

子どもたちのかわいらしい声が、なんだか懐かしかったです。

来週には、こども芸術学科の卒業生も、卒業式を迎えます..

 

さて、今日は卒業生の関係している展覧会と催しの紹介です。

西脇 WCとよなか-1

 

まずは2期生の西脇大祐君が勤めているワークセンターとよなかの展覧会。

題して、

「にぎやかな春の祭典」。

もう春の訪れがそこまで!!

展覧会をみて、元気をもらいに行きましょう!

 

本日3/7(土)〜22(日)

11:00-17:00 木曜日休館

ギャラリーきりん舎

(京都府綾部市)です。

 

DMのリメイクギターを見ていると、西脇君を思い出します笑

西脇 WCとよなか-2

 

お次は、1期卒業生の塩入友恵さんと、心山千里さんによる

「お寺で遊ぼう!! 絵本「スイミー」の世界をつくろう!」

です。こちらは、こども対象のイベントです。

塩入・心山お寺であそぼう-1

4/12(日)午後2−4時 光清寺にて (京都市上京区)

 

ご本人たちからのインフォメーションです。

************************************************************************

絵本「スイミー」の世界をつくろう!3歳〜小学生(未就学児保護者同伴必)

参加費 500円

 

ダンボールや ペットボトル カラーセロハンをつかって海の中を表現しよう!!
プラバンでスイミーのお友達をつくろう!!
スイミーのお友達はキーホルダーとして持ってかえれます
お申し込みは
atelierfutaba@gwne.jp
参加者名 年齢 代表者連絡先をご明記の上 上記メールアドレスへ おねがいします

 

塩入友恵   心山知里

************************************************************************

https://www.facebook.com/events/1801574943400110/

より転載。

 

塩入・心山お寺であそぼう-2

 

 

 

先日、心山さんがこ学研究室までチラシを持って訪ねてくれたそうです。

会えなくて残念、でもこうやって卒業生が連絡をくれたり、帰ってきてくれるのが、

学科スタッフは何より嬉しいのです。

 

僕も早く仕事を片付けて、展覧会に出かけたいです!!

 

(森本玄:教員/絵画)

 

  • LINEで送る

2015年3月4日  イベント

こどもゴコロにこんにちは、卒業生お帰り〜!の卒業展

日差しがだんだんと春らしくなって..
 あっという間に卒業展も終了。
あのピンクの壁が印象的なこども芸術学科の展示、
お越しいただいたたくさんの皆さま、有り難うございました。
.
こども芸術学科の作品は展示室の壁面一杯の色彩豊かな絵や、
IMG_4563
がっつり自分の状況、「内なる子ども」や家族と向き合う絵画、
 IMG_4525
IMG_4628IMG_4529
子どもたちとのふれあいがきっかけとなった絵本、
 kogaku 065
廊下にずらっと並んだ芝歯ブラシ、
 IMG_2852
真鍮や樹脂、ビーズなどを使ったインスタレーション、
 kogaku 059kogaku 058 kogaku 057 kogaku 056
アニメーション、言葉のプラネタリウム、
 kogaku 074
IMG_4660
空や子どもの写真、クレヨンをとおした教材研究、
 kogaku 060kogaku 073kogaku 047
お楽しみ会、パターン折り紙コーナーなど
  kogaku 054 kogaku 053 kogaku 052
kogaku 066
IMG_4340
ほんとうに多様な表現手段だったので、親子連れや子どもたちにも安心して楽しんでいただけたのではないでしょうか。
.
また、大人の方も学生達の作品に触発されて、子どもだった頃の記憶ややさしさ、それぞれの「内なる子ども」を思い出されたなら、4年次生達の目論見は成功したと思います。
  kogaku 072 kogaku 071
kogaku 067
そして、卒業生もたくさん帰って来てくれました。
.
大学院を修了し、福祉のありかたをデザインする先輩。
大学院に進学し、映像や銅版画など、表現を追求している先輩。
カワイ絵画教室の講師をしながら、同級生と一緒にこの4月からお絵かき教室を始める先輩。
.
支援学校で先生をしている先輩。
保育士として3年働き、フィンランドの保育事情を視察に行った先輩。
保育士になって4年、来年度から通信教育部の大学院芸術教育分野に帰ってきて芸術教育士資格を目指す先輩。
.
おもちゃ関連の会社に就職し、現在商品企画を考えている先輩。
カメラマンになって、1年中プールに入って子どもの表情を追っかけている先輩。
お母さんになって育児を頑張っている先輩。
.
こ学の卒業生、とても頼もしくなって帰って来てくれました。
このこども芸術学科に帰って近況を報告してくれる先輩たちに感謝しながら、「おかえり〜」と言っていました。
kogaku 070
それを見ていた4年生の皆さんも、もう少しで卒業です。
っと、また卒業生たちのように、卒業しても帰って来てくれるといいな、と思いました。
いつも帰りたくなる学科であるように、頑張らねば。
(森本玄:教員/絵画)

コース・分野を選択してください

LINK


トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。