空間演出デザイン学科

2015年3月

  • LINEで送る

2015年3月6日  ニュース

本学科教員が参加しています!【3.11以後の建築】

img05921

 

現在、石川県金沢市の金沢21世紀美術館で3.11以後の建築が開催中です。
2011年3月11日の東日本大震災以後、建築家にどのような役割が果たせるか。自分なりの考え方や手法で向き合う25組の建築家の取り組みを、「みんなの家」「災害後に活動する」「エネルギーを考える」「使い手とつくる」「地域資源を見直す」「住まいをひらく」「建築家の役割を広げる」という7つのセクションを設けて紹介している展覧会です。

本学科からはゲスト・キュレーターとして学科長である山崎亮先生、展覧会には本学科教員の家成俊勝先生(ドットアーキテクツ)、垣内光司先生が参加されています。お時間ありましたらぜひ足をお運び下さい。

 

【3.11以後の建築】

会期:2014年11月1日(土)〜2015年5月10日(日)

場所:金沢21世紀美術館

開館時間:10:00~18:00(金、土曜日は20:00まで)

休場日:毎週月曜日

 

詳しくは金沢21世紀美術館のホームページをご覧下さい。

 

 

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。