文芸表現学科

2015年4月

  • LINEで送る

2015年4月28日  イベント

オープンキャンパス御礼

 

4月26日(日)に、春のオープンキャンパスが開催されました。

晴天にもめぐまれ、多くの方にご来場いただき、

ありがとうございました。

 

春のオープンキャンパスでは、

学科ブースを設置し、教員相談やワークショップを実施しました。

IMG_6279

教員相談コーナーでは、

文芸表現学科では何が学べるのか、どんな授業があるのか、

ほかの大学とは何が違うのか、卒業後はどうなるのか、などを直接先生から聞くことができます。

 

IMG_6214
IMG_6298
IMG_6335

 

また、在学中の先輩たちから、

課題はどれくらい大変か、家賃はどのくらいかかるのか、

アルバイトはしているのか、などなど、

実際の学生生活について聞くこともできます。

 

IMG_6198
IMG_6320

 

ワークショップでは、カタルタというカードを使った、

小説創作ゲームを行ないました。
カードには「せめて」「実は」「というのも」などの接続詞が書いてあります。

前の人が考えた文章に、次の人は引いたカードに書かれた接続詞を使って文章を考えて、

文章をどんどんつなげ、みんなで一つの文章を作ってくというものです。

 

引いた接続詞によって、文章がどんどん変化していき

話がどうなっていくのか誰も予想できません。

 

参加してくれた高校生のみんなも盛り上がってくれました。

 

IMG_6363 IMG_6380 IMG_6388

 

また教員相談コーナーやワークショップ以外にも

文芸表現学科の学生が過去に作成した冊子を無料配布・販売コーナーがあったり

IMG_6174

 

実際、授業で使われている本や、先生方の作品を読んでもらえるコーナーもありました。

 

IMG_6253

 

たくさんの高校生が来てくれて、楽しく賑やかなオープンキャンパスになりました。

 

今後のオープンキャンパスは、以下のとおり開催予定です。

 

 

6月14日(日) 1日体験オープンキャンパス…「ストーリーをつくろう」

7月12日(日) 1日体験オープンキャンパス…「おもしろエッセイ」を書こう

7月25日(土)・26日(日) 真夏のオープンキャンパス

9月19日(土)・20日(日) 秋のオープンキャンパス ※学園祭同時開催

 

 

1日体験オープンキャンパスでは、文芸表現学科の授業を実際に体験してもらうことができます!
また真夏のオープンキャンパスでは、今回と同じようにワークショップも行なう予定です。

 

小説家や編集者を目指している皆さん、

言葉や本がすきな皆さん、ぜひ文芸表現学科へ遊びにきてください!

 

皆さんに会えることを、楽しみにしています。

 

 

IMG_6227

 

 

(スタッフ・鈴木真美)

  • LINEで送る

2015年4月24日  イベント

4/26 春のオープンキャンパス開催!

 
150424_oc
 
日曜日は、春のオープンキャンパスです!
10時00分〜16時00分まで、
学科ブースで教員相談や、ワークショップを行なっています。
 
「小説創作ワークショップ」では、
カタルタというカードを使った、ストーリーづくりを、
ゲーム感覚で体験してもらえます。
今年の新入生に試してもらったところ、
大盛りあがりしました!
 
ワークショップは13時30分〜と、14時30分〜の2回開催予定です。
だいたい30分程度を予定しています。
申込みや準備は不要ですので、ぜひ参加してくださいね。
 
150424_02
 
150424_01
 
大学全体説明会や学科プレゼンバトルなどもありますので、
ぜひお出かけください!
 
→春のオープンキャンパスHPはこちら
→2014年の様子はこちら
 
 
(スタッフ・竹内)

  • LINEで送る

2015年4月18日  授業風景

授業スタート!

sumamicon

 

 

新年度に入り、先週から授業もスタートし始めました!

 

今日は文芸表現学科の授業の中から

「表現基礎Ⅲ」の授業をレポートします!

IMG_6615

 

表現基礎IIIは2年生の授業です。

1年次に表現基礎Ⅰ・Ⅱの授業で日本語の文章の書き方などを学んだ上で、

表現基礎Ⅲではオーラルコミュニケーション(会話による意志伝達)を学びます。

 

例え、良い文章を書いても伝え方(話し方)が下手だと

相手に伝えたいことが伝わりませんよね?

そして人に話すためには、まず人の話を上手に聞かなければなりません。

 

互いの話し方や聴き方を考えあったり、原稿をもとにスピーチをしたりなど

「発言」と「傾聴」のふたつの態度を様々なシーンで経験していく授業です。

 

IMG_6631

 

 

今回は最初にみんなで円になって座り、

「隣の人の今日のファッションを褒める」ということをしました。

 

IMG_6613

 

隣の人の今日のファッションのポイントを瞬時に判断し

みんなが納得するように褒めポイントを説明します。

しかし、褒められる側は何だか恥ずかしそうにしていました(笑)。

 

 

そして次に「傾聴」についての授業です。

IMG_6627

 

コミュニケーションを構成するものは、話し方やメッセージ内容より

なんと半分以上が態度と表情だそうです!

 

「傾聴」ということは何か、傾聴の姿勢のポイントを先生が話して下さいました。

 

IMG_6635

IMG_6640

 

 

 

表現基礎Ⅲの授業を終える頃に、

みんなのコミュニケーション能力がどう変わっているのか…!

楽しみですね!

 

 

(スタッフ・鈴木真美)

 

 

  • LINEで送る

2015年4月11日  日常風景

新入生歓迎会

 

昨日は文芸表現学科の新入生歓迎会を

学生食堂で行いました!

 

幹事は2回生の岸本くんと藤谷さんです。

 

_DSC0095

 

 

1〜4回生が参加し、ご飯を食べつつ交流しました。

回生関係なく、大学生活のことや、授業のことなど

いろんな話題で盛りあがっています。

 

_DSC0067

8

 

 

 

また先輩たちが活動している広報誌の話を聞いたり、

 

_DSC0039

 

先生たちとも文学のことを話したり、

歓迎会を通して新入生は、たくさん刺激をもらった様でした。

 

 

1 2

3 4 5 7

 

最後は文芸表現学科、恒例の一本締めで終わりました!

 

_DSC0096

 

 

同学年だけではなく、先輩・後輩とのつながりを大切にして

これからも刺激を与え合ってください。

 

 

(スタッフ・鈴木真美)

  • LINEで送る

2015年4月8日  日常風景

ようこそ、文芸表現学科へ!

 

 

今年は文芸表現学科に36名の新入生が入学してくれました!
新入生のみなさん、入学おめでとうございます。
早速ですが、学内の利用施設や文芸表現学科のことを知ってもらうために
先日、新入生の学科ガイダンスとキャンパスツアーを行いました。

 

_DSC0052

 

まずは学科ガイダンス。
全員で自己紹介をしたり、文芸表現学科の授業カリキュラムの説明をしました。

_DSC0024

 

_DSC0029 _DSC0047

 

次は新元先生のキャンパスツアー!
最初は文芸表現学科の研究室から。

 

研究室には事務カウンターや教員ブース、
学生が自由に過ごせるスペースがあり、毎日とてもにぎやかです。

 

_DSC0059

 

また併設されたパソコンルームや、
ミーティングのためのプロジェクトルームなどもあります。

 

パソコンルームにある本棚には「百讀(ひゃくどく)」という授業で使う本や、
先生、卒業生の作品などがずらりと並んでいます。

 

_DSC0067

 

次は学内にある施設をぐるっと回り、屋上を目指します。

 

屋上を目指す途中。
ジョギングが趣味の新元先生が
「よし! 屋上まで走るぞーっ!」といきなり走り出しました!
そのため全員で階段ダッシュをするはめに(笑)

 

_DSC0078

 

みんな汗だくになって階段をのぼり、
大学内で一番綺麗な景色がみれる松麟館の屋上へ到着しました。

この日は桜も満開で天気も良く、とても気持ちが良かったです。

 

_DSC0101
最後に全員で記念撮影!

これからの4年間、楽しくしっかり学んでくださいね。

 

_DSC0111

 

(スタッフ・鈴木真美)

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。